ジャニーズから乙女ゲーまで! どこか痛めてる“痛メン”が大人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kubiitame_01_140729.jpg
綾野剛も痛そう……(画像はマガジンハウス「an・an」2013年2月20日号より)

 最近、雑誌ではジャニーズや若手イケメン俳優たちが首の辺りに手を添えている写真を見かけることが多くないだろうか。あの写真、もう一度よーく見てみてほしい。なんだか、首を痛めているようにも見えないか? 以前、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)でも「最近のイケメンが決まってあるポーズをとる件」と題してこの「首痛めてるポーズ」が紹介されていたが、実はこのポーズ、乙女ゲームなどの2次元でも大流行中。
 
 彼らのように、どこか痛めていたり、痛めているように見える男子は“痛メン”と呼ばれている。これまでもイケメン、オトメン、エロメン……と、さまざまな○○メンたちが話題になってきたが、今もっとも熱いのが“痛メン”なのだ。

 さらに、そんな“痛メン”ばかりが登場するコミック『MANSHIN荘シークレットサービス アンソロジー』(原作・創作工房/KADOKAWA エンターブレイン)まで発売された。この作品は、もともとドラマCDとして発売され人気を集めていたもの。満身荘と呼ばれるマンションで暮らす住人たちが、MS3(満身荘シークレットサービス)として依頼された多種多様な任務に立ち向かうというストーリーで、登場人物が頭痛、腰痛、肩こり、むち打ち、骨折、虫歯、ものもらい&花粉症、貧血持ちといったように、ガチで身体を痛めている“痛メン”のオンパレードなのだ。

 たとえば、むち打ちで右が向けず、まさしく「首痛めてる系イケメン」なのが、ツンデレ大学生の首藤暁斗。御曹司ということもあって大学では王子様扱いされており、右の首筋に手を当てるポーズもさまになる。ただ、後ろから肩を叩き、振り向いた相手の頬に指をぷにゅっとするいたずらにひっかかってしまうおっちょこちょいな面や、動揺するとヘドバンするという謎の癖もあり、ケガのせいだけでなく放っておけない感はハンパない。

五頭・PAIN・護(自称)は、IT関係の会社に勤める24歳。彼は心配性で神経質なため、ストレスで頭痛が止まらないらしい。額の辺りを指で押さえるポーズだけ見ると、「ミステリアスなイケメン!」と思うかもしれないが、自分のことを「ペインと呼べ」と言ったり、「リア充爆発しろ」が口癖で、伯爵風マントを買いたがるなど残念な一面も。どうやら、彼の場合は違う意味でもだいぶ頭を痛めているようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

MANSHIN荘シークレットサービス アンソロジー (B's-LOG COMICS)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ジャニーズから乙女ゲーまで! どこか痛めてる“痛メン”が大人気のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。◯◯メンむち打ち痛メンの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
2 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
3 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
4 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
5 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
8 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
9 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
10 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
13 IR汚職“起訴”の企業会長夫人と同姓同名の人物が進次郎、鈴木道知事に献金も
14 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
15 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
16 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
17 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
18 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
19 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
20 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
11岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
13すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄