ジャニーズから乙女ゲーまで! どこか痛めてる“痛メン”が大人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kubiitame_01_140729.jpg
綾野剛も痛そう……(画像はマガジンハウス「an・an」2013年2月20日号より)

 最近、雑誌ではジャニーズや若手イケメン俳優たちが首の辺りに手を添えている写真を見かけることが多くないだろうか。あの写真、もう一度よーく見てみてほしい。なんだか、首を痛めているようにも見えないか? 以前、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)でも「最近のイケメンが決まってあるポーズをとる件」と題してこの「首痛めてるポーズ」が紹介されていたが、実はこのポーズ、乙女ゲームなどの2次元でも大流行中。
 
 彼らのように、どこか痛めていたり、痛めているように見える男子は“痛メン”と呼ばれている。これまでもイケメン、オトメン、エロメン……と、さまざまな○○メンたちが話題になってきたが、今もっとも熱いのが“痛メン”なのだ。

 さらに、そんな“痛メン”ばかりが登場するコミック『MANSHIN荘シークレットサービス アンソロジー』(原作・創作工房/KADOKAWA エンターブレイン)まで発売された。この作品は、もともとドラマCDとして発売され人気を集めていたもの。満身荘と呼ばれるマンションで暮らす住人たちが、MS3(満身荘シークレットサービス)として依頼された多種多様な任務に立ち向かうというストーリーで、登場人物が頭痛、腰痛、肩こり、むち打ち、骨折、虫歯、ものもらい&花粉症、貧血持ちといったように、ガチで身体を痛めている“痛メン”のオンパレードなのだ。

 たとえば、むち打ちで右が向けず、まさしく「首痛めてる系イケメン」なのが、ツンデレ大学生の首藤暁斗。御曹司ということもあって大学では王子様扱いされており、右の首筋に手を当てるポーズもさまになる。ただ、後ろから肩を叩き、振り向いた相手の頬に指をぷにゅっとするいたずらにひっかかってしまうおっちょこちょいな面や、動揺するとヘドバンするという謎の癖もあり、ケガのせいだけでなく放っておけない感はハンパない。

五頭・PAIN・護(自称)は、IT関係の会社に勤める24歳。彼は心配性で神経質なため、ストレスで頭痛が止まらないらしい。額の辺りを指で押さえるポーズだけ見ると、「ミステリアスなイケメン!」と思うかもしれないが、自分のことを「ペインと呼べ」と言ったり、「リア充爆発しろ」が口癖で、伯爵風マントを買いたがるなど残念な一面も。どうやら、彼の場合は違う意味でもだいぶ頭を痛めているようだ。

 また、花粉症とものもらいという、地味だがある意味もっとも辛そうな症状の痛メンが、高校1年生の夏目ユキだ。無口でうさぎのぬいぐるみを抱いているなど、幼い印象の強い彼が目を擦る姿には、小動物を思わせるかわいらしさがある。常に目をうるうるさせているところも、庇護欲を掻き立てられるだろう。

満身荘の管理人を務める小説家の加田屋宰は、職業柄もあって肩こりに悩まされている。メガネをかけた優しげな青年という雰囲気だが、25歳の男性が、指先だけ出る“萌え袖カーディガン”で肩を押さえている姿は、どこかかわいく見える。

甘いものが大好きで、常に虫歯に悩まされている四通信虎は、満身荘の食事係も担当するおねぇキャラ。普段は、痛みをこらえるために右の頬に手を添えていることが多いのだが、そのまま右の肘に左手を添えるとあら不思議。おねぇっぽいポーズになるではないか。
 
 ほかにも、女の子大好きなイケメンモデルながら腰痛持ちの玉腰陽司や、骨が弱くて常にどこかしらを骨折し包帯を巻いている高校生の折笠健、貧血の病院院長で、受けた依頼をMS3のメンバーに伝える長万部満などが登場する。

 彼らはみな常に患部に触れているため、どこを痛めているのかすぐにわかる。現実世界でそんな人がいたら、「ケガアピールうざい」などと言われそうなものだが、女子たちにはそれが“かわいく”見えるのだという。包帯美少女や眼帯美少女に萌える男子というのは古くからいたが、それの男子版ということなのか。はたまた、女子たちの母性的な何かが刺激されるということなのか。とまれ、これからは痛カッコいい“痛メン”の時代が来るかもしれない。

 といっても、壁ドンと同じく“ただしイケメンに限る”というやつなので、一般男性のみなさんは、ムダにどこか痛めたりせず健康に生活したほうが無難だろう。
(田口いなす)

最終更新:2018.10.18 04:30

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

MANSHIN荘シークレットサービス アンソロジー (B's-LOG COMICS)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ジャニーズから乙女ゲーまで! どこか痛めてる“痛メン”が大人気のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。◯◯メンむち打ち痛メンの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍が日米安保改定60年で祖父自慢連発!でも岸信介の正体は…
2 久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 麻生太郎“単一民族”発言もアイヌを描いた『熱源』が直木賞受賞
5 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
6 安倍の安保法制と岸信介の対米密約
7 IR汚職“起訴”の企業会長夫人と同姓同名の人物が進次郎、鈴木道知事に献金も
8 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
9 King Gnu・井口理が米イラン緊張で日本の戦争加担に危機感
10 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
11 エイベックス松浦会長が「安倍さんでなくて菅さん」
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 橋下徹が都構想で使った詐術を検証!
14 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
15 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
16 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
18 車庫飛ばしで公安に誤認逮捕された男性が語った取り調べの酷い中身
19 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
20 「桜を見る会」問題で今度は推薦者名簿を“改ざん”
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄