解散発表当日、安倍首相が『報道ステーション』にだけ出演しなかった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hurutachi_140715.jpg
テレビ朝日『報道ステーション』HPより


 安倍首相が解散会見を行った11月18日、夜のニュース番組にちょっとした異変が起きた。

 通常、解散のような大きな政治的決断をした後は、各局のニュース番組に首相自ら出演するのが慣例になっている。実際、この日の夜も安倍首相は『ニュースウオッチ9』(NHK)を皮切りに、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)、『NEWS23』(TBS系)に立て続けに出演した。

『NEWS23』では景気に対する街の声を番組側が紹介したところ「厳しい」という意見のほうが多かったため、安倍首相が逆ギレする一幕もあったが、とにかくこれらの番組では、安倍首相自身が顔を出して、解散理由を述べていた。

 ところが、その中で、安倍首相が出演しなかった番組がある。それは、古舘伊知郎がキャスターをつとめる『報道ステーション』(テレビ朝日系)。この日の『報ステ』のトップは解散ではなく高倉健の訃報で、冒頭から延々と高倉健の回顧特集が流された。かなりの時間が経ってから、ようやく解散のニュースになったが、共同会見の映像が放映されただけで、安倍首相の単独取材映像は1秒もなかった。

 そんなところから、メディア関係者の間では「朝日嫌いの安倍首相が、嫌がらせでテレビ朝日だけ拒否した」「以前、『報ステ』に出演したときにいろいろ突っ込まれたため、古舘のインタビューは受けないと逃げたらしい」といった見方が広がっている。

 たしかに、メディアに対する異常な検閲姿勢と批判されることを極度に嫌がる安倍首相ならありうる話。しかし、テレビ朝日の関係者によると、事情はまったく逆だという。

「テレビ朝日の政治部は安倍首相サイドに根回しして、他の番組同様、『報ステ』への出演の内諾を取り付けていた。ところが、古舘さんが『やらない』と拒否したらしいんです。政治部はせっかくお膳立てしたのに、とカンカンですよ」

 なんと、袖にしたのは古舘側だったというのだ。たしかにいわれてみれば、テレビ朝日政治部は朝日新聞ほど安倍首相と関係は悪くない。早河洋会長、吉田慎一社長はむしろ、本サイトで既報のように、何度も官邸を訪ねるなど、安倍首相とべったりの関係を築いている。

 では、古舘はなぜ拒否したのか。原因はまさにその安倍首相に恭順の意を示すテレ朝上層部との関係にあったようだ。

「安倍政権はメディアへの圧力を強めているため、テレ朝側としてはとにかく政権を刺激したくない。ところが、古舘さんはじめ、『報ステ』スタッフは安倍首相に批判的なため、あまり厳しい質問をしないように上層部が釘を刺した。それで、古舘さんが『だったらやる必要はない』という話になったらしい」(前出・テレビ朝日関係者)

 これが事実なら、古舘の意気やよし!という感じだが、しかし、同時に俄然、信憑性を帯びてくるのが、『報ステ』打ち切り、古舘降板説だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アベノミクスの終焉 (岩波新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

解散発表当日、安倍首相が『報道ステーション』にだけ出演しなかった理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テレビ朝日安倍晋三田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 “安倍チル魔の3回生”田畑毅議員を被害女性が刑事告訴!
2 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
3 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言
4 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
5 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
6 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
7 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
8 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
9 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
10 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
11 安倍首相にマッチョ批判
12 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
13 どの口で?田母神らが「左翼は金で動員」
14 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
15 嵐・大野智に決意させた同棲謝罪会見強要
16 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
17 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
18 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
19 片山さつきが坂上忍に批判された
20 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
6勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
8小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
10青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
16フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
17小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
18安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄