高倉健一周忌で健さんの遺骨と遺産を囲い込む養女に批判噴出! やしきたかじん状態の声も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takakura_151113_top.jpg
高倉健『旅の途中で』(新潮社)

 11月10日、高倉健の逝去から1年が経った。高倉に縁のある日本各地でイベントが行われ、またいくつものマスコミが追悼企画を組んでいるが、そんななか、改めてクローズアップされているのが高倉の“養女”だ。

 養女Tさんは今年51歳になる元女優だが、晩年の高倉の身の回りの世話をし、悪性リンパ腫発症後はひとり介護を続けた“特別な存在”であり、「長年世話になった人に財産を残したい」(「週刊文春」文藝春秋/15年1月1・8日特大号より)として、13年5月に養子縁組が成立した女性だ。

 高倉が亡くなってから初めて明らかにされた存在で、近親者さえその存在を知る者は少なかったことからも各方面に衝撃を与えたが、高倉の没後1年を迎え、その動向が再び注目されている。それも、決して芳しい内容ではない。まるで、やしきたかじんの死後に起きた騒動を彷彿とさせるような声が上がり始めているのだ。

 実際、高倉の逝去直後からTさんの動向を疑問視する声は存在した。亡くなるたった1年ほど前の養子縁組で莫大な遺産を独占することに加え、生前も“高倉の意思”と主張し近しい関係者にさえ高倉を見舞うことを拒否したこと、さらに高倉の実妹にもその死を知らせなかったことなどだ。

 さらに没後1年の現在、「週刊新潮」(新潮社)11月19日号が、その後のTさんの振る舞いに対し、一歩踏み込んだ記事を掲載している。「没後1年で語られ始めた『高倉健』密葬の光景」と題したそれには、Tさんに関する“疑惑”が指摘されているのだ。

 そのひとつが昨年11月12日に執り行われた高倉の“密葬”だ。この時点で高倉の死は世間に発表されていないが、高倉の肉親にも同様に知らせていなかったという。

〈よく知られるように健さんは4人きょうだいの2番目で、兄と上の妹はすでに物故したが、下の妹である敏子さん(80)は九州在住。そして彼女を含む健さん以外のきょうだいには、それぞれ2人ずつ子供がいる。すなわち、健さんから見れば甥や姪にあたる人たちだ。とはいえ、彼らに対してその時点では、健さんの死すら伝えられていない。〉

 そしてこの密葬に“高倉の遺志”としてTさんに特別に出席を許されたのが島谷能成・東宝社長、岡田裕介・東映会長、田中節夫・元警察庁長官、老川祥一・読売新聞最高顧問、降旗康男監督の5人だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

週刊新潮 2015年 11/19 号 [雑誌]

  • amazonの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

高倉健一周忌で健さんの遺骨と遺産を囲い込む養女に批判噴出! やしきたかじん状態の声も…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
2 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
3 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
4 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
5 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
6 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
7 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
8 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
9 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14 田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”を主張も自滅
15 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
16 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
17 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
18 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
3窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
4松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
11内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
12河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄