洗脳騒動の能年玲奈に「ヤンキー口調で怒鳴るテ―プ」流出? 事務所の能年潰し工作か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかも、こうした能年攻撃はまだまだ続くようで、それが、冒頭で紹介したテープの流出だ。

「『週刊文春』の記事が出た後、事務所は『話し合いをしたい』と能年を呼び出したのです。その席で、双方かなり激しい口論になったのですが、その様子をレプロが録音していて、マスコミに流出させるかたちで記事にしようとしている」(前出・芸能関係者)

 この記事はすでに事務所側に立って反論を掲載した「週刊新潮」が第2弾でやるという情報もある一方で、新たに「女性自身」(光文社)か「女性セブン」(小学館)にリークしたとの説もある。いずれにしても、レプロは最初から話し合いの様子を盗録するつもりで能年を呼び出したと言われる。そして、そのテープを公にすることにより、能年のイメージダウンを図ろうということらしい。

 だが、正式に独立したわけでもない自社タレントに対して、ここまでのイメージダウンを仕掛けるというのは、芸能界においても滅多にあることではない。例えば、中山美穂のケースのように自社タレントの恋愛を阻止するために、破局情報や熱愛相手のネガティブ情報を流すことはあるが、それは商品であるタレントの価値を守るためで、ひいては事務所利益のためだ。しかし今回のレプロによる能年潰しは、双方何の利益ももたらさない。

 まさにレプロvs.能年の全面戦争というべき事態だが、こんな泥沼に陥ってしまったのはレプロの芸能事務所としてのマネジメント能力が低すぎたからだとの指摘もある。

「レプロは長谷川京子や新垣結衣、吉川ひなのなどモデル出身者を女優として、タレントとして育てた手腕が評価されている事務所です。しかし、多くのタレントたちは、一度はブレイクするもその後が続かない。そのためレプロのマネジメント能力に疑問をもつ関係者は多い」(芸能プロダクション幹部)

 確かに吉川ひなのにしてもモデルから女優に転身し、タレントとしてバラエティでも活躍したものの、現在では露出も大幅に減っている。現在は再婚し一児の母となっているが、芸能界で増殖中のママタレとしての展開もない。

 長谷川京子にしても女優として出演作品は多いが、かつてのカリスマ的存在感はない。また、レプロ社長の秘蔵っ子で、能年よりも重用したとされる川島海荷にしても、事務所の大プッシュで女優として売り出したが、なぜか売れないアイドルグループ「9nine」に投入されるなど迷走状態だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

能年玲奈1stフォトブック「ぐりぐりぐるみ」

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

洗脳騒動の能年玲奈に「ヤンキー口調で怒鳴るテ―プ」流出? 事務所の能年潰し工作かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。時田章広能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が日本学術会議の会員任命で安保法制を批判した学者を拒否する暴挙
2 菅首相が総理番記者60人と朝食付きで「完全オフレコ懇談会」
3 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
4 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
5 産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者
6 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
7 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
8 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
9 小籔だけじゃない、おかずクラブや尼神インターも政府PR
10 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
11 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
12 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
13 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
16 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
17 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
18 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
19 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
20 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
3中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
4菅首相が総理番記者60人と朝食付きで「完全オフレコ懇談会」
5菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
8ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅首相が日本学術会議の会員任命で安保法制を批判した学者を拒否する暴挙
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
19産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄