上西議員メイクが大不評! 佳子さまもやってる、流行の“イガリメイク”なのに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
igarimake_01_150413.jpg
左「うえにし小百合オフィシャルウェブサイト」より/右・歌会始の儀に初出席された佳子内親王(YouTube「FNNnewsCH」より)


 国会サボリ疑惑によって維新の党を除籍されてしまった上西小百合・衆議院議員。当初伝えられた“国会サボって彼氏と温泉旅行”という下世話さや、“浪速のエリカ様”なる口にするのも恥ずかしいニックネーム、竹内力も真っ青な秘書の巻き舌などニュース的にはキャッチーな要素が満載で、ワイドショーがこぞって上西議員の話題を大々的に取り上げる事態に。

 だが、肝心の国会サボリ疑惑の追及以上になぜかクローズアップされたのは、上西議員の顔。「メイクが濃すぎる」という問題だった。

 たとえば、住田裕子弁護士は『モーニングバード!』(テレビ朝日系)で、「女性からいくとね、なんか嘘ついている、あのお化粧、あのアイメイクが、ものすごく癇に障るんですよね!!」と熱くコメントし、『サンデージャポン』(TBS系)では西川史子が「そもそも化粧がちょっと……下まつ毛が」と指摘。関西の情報番組『あさパラ!』(読売テレビ)では、分厚すぎるメイクで有名なハイヒール・リンゴが「私が言うのも何ですが、化粧が濃い」とツッコみ、さらには濃厚メイクの代名詞であるデヴィ夫人までもが取材で「あの方はおかしいわ。まず、あなた、議員なのにまつげ上下にあれだけマスカラつけるなんて」とダメ出ししている。

 このようなワイドショーでの流れを受けてか、ネット上でも上西議員のメイクに批判が殺到。「よく言った!」「モヤモヤが晴れた」などと賞賛する声が圧倒的だ。そして、国会サボリ問題はすっかり影を潜めて“上西議員のメイクは女子ウケが最悪!”という謎のアンサーで幕が下がろうとしている。

 いやいや、コメントしたメンツを見るとあのメイク、むしろ「おばさんウケが悪い」だけでは?……という素朴な疑問はさておき、問題は、上西議員のメイクはなぜ、これほどまでに叩かれなくてはいけないのか、というほうだ。上西メイク術とは、そのじつ、流行りを取り入れたもののようにも見えるからだ。

 たとえば、いまもっとも人気を集めているメイク術といえば、多くのファッション誌でメイクを担当するイガリシノブの“イガリメイク”。3月末に発売された『イガリメイク、しちゃう?』(宝島社)は全国で品切れ店続出、現在、入手困難のメイク本となっているが、この“イガリメイク”の特徴のなかには、これまで以上に高い位置に入れるチークや、リップグロスを用いたぽってり唇がある。上西議員の場合、イガリメイクほどではないものの、チーク位置も高く、唇もポッテポテである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

上西議員メイクが大不評! 佳子さまもやってる、流行の“イガリメイク”なのに… のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サンデージャポン上西小百合佳子内親王政治家田岡 尼皇室の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
4 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
11 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
12 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
14 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
15 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
16 安倍首相がまた「死者数は正確」「必ずPCR検査」とデタラメ強弁
17 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
18 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
19 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
20 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
5安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
8検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
9検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
10安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
11黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
16安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
17 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
18検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
19岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄