愛川欽也が小説にしていた「出生の秘密」 父親のいない家庭、そして母親との別れ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
oyogitakunaikawa_01_150418.jpg
現在絶版となっている愛川欽也の小説『泳ぎたくない川』(文藝春秋)

「おまっとさんでした」

 もうこの口上を聞くことはできない。16日、ワイドショーはこのニュース一色に染まった。「愛川欽也死去」。現役最高齢の情報番組司会者としてギネスブックにも載った、親しみやすい語り口でありながらときに硬派な人気者は80歳でこの世を去った。肺がんだった。

 20年間、一回も休むことなく続けた「出没!アド街ック天国」(テレ東系)の千回記念放送を機に番組を降板した3月、メディアでは「重病説」が囁かれた。所属事務所や妻・うつみ宮土理はこれを否定し続けた。

 だが4月上旬、自宅に介護ベッドが運び込まれたり、在宅診療専門の医療スタッフが点滴用のパックを運び込む様子が目撃されるようになる。同じ時期に自身が運営するインターネット放送局は閉鎖され、5月から撮影開始の予定だった連続テレビドラマも中止になっていた。事態は関係者たちの杞憂に終わることはなかった。15日、東京・渋谷区の自宅で息を引き取ったのである。

 本職の俳優に加え、劇団主宰、ラジオパーソナリティ、歌手、と多才ぶりを発揮した愛川だったが、多くの著作も残している。その中に、今では絶版になっている自伝的小説がある。2004年に出版された『泳ぎたくない川』(文藝春秋)。昭和9年生まれの愛川が少年時代、青年時代を過ごした戦中戦後の体験を、当時の空気そのままに再現している。空襲、疎開、貧困に差別、混乱の時代に翻弄された人々と、自らの家族が直面した困難を描いた一作だが、そこにはユーモラスで賑やかだった愛川からは想像もできない、意外な知られざる一面が明かされている。

 作中で愛川は「敏雄」として書かれている。それ以外のプロフィールは「小説」とはいえ出生地、疎開先、経歴も後に本人が語った事実に基づいている。「知られざる一面」を匂わせる一節は物語が始まってすぐに記されている。

〈敏雄は母に甘えて育った。母も歳をとってから生んだ敏雄が可愛くてしかたがなかった。敏雄のそばには、いつも母の顔があった。敏雄は父とのふれ合いが少なく、父に抱き付いたりした記憶がない。敏雄がそれをさびしいと思わなかったのは、母に充分甘えることが出来たからだ。敏雄は井口ミイと高田善三の間に生まれた子だった。〉

 昭和7年、28歳のミイはウエイトレスとして働いていた神田のミルクホールで善三と出会う。惹かれあう二人は交際を始め、ミイが一人暮らしをする巣鴨の家に善三が足繁く通うようになる。そんなある夜のこと、

〈ミイは決心して訊いた。「善さん、いつ籍を入れてくれるの?」隣に寝ていた善三が、「そうだな……ミイさんに子供ができた時かな」ミイは目を閉じて、もう一度、善三の体にしがみついていった。その夜も、夜明けの前に善三はタクシーを拾って、五反田の家に帰っていった。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

愛川欽也が小説にしていた「出生の秘密」 父親のいない家庭、そして母親との別れ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。家族愛川欽也文学相模弘希の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
2 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
3 国連も「組み体操」の危険性を指摘! 重大事故多発もなぜ放置? 安倍政権の復古的教育政策との親和性
4 つんく♂が秋元のメンバー差別に
5 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
6 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
7 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
8 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
9 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
10 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
11 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
12 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
13 DA PUMPがEXILEに挑戦状
14 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
15 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
16 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
17 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
18 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
19 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
20 東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
3クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
4元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
5ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
6所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
7ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
8安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
9早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
10竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
11産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
12安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
13 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
14日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
15 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
16 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
17安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
18平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 
19外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
20落合陽一は反省表明したが…古市憲寿と落合の無自覚

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄