つんく♂にも読んでほしい…喉頭がんで声を失った教師が食道発声法で教壇に復帰するまでの全記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tsunku_01_150415.jpg
つんく♂オフィシャルウェブサイトより


 つんく♂の突然の告白は、あまりにも衝撃的だった。昨年10月、「喉頭がん」が悪化し声帯を全摘出したと、自らがプロデュースを務めた母校近畿大学の入学式で明かした。幾多ものミリオンヒットを生んだ、日本を代表するシンガーにとって残酷すぎる現実だった。

 壇上に立つつんく♂の目は、心なしか潤んでいた。それはファンも同じだっただろう。

 しかしこれからは、曲作りをはじめ、リハビリにも積極的に取り組むとニュースは伝えている。なかでもこの数日盛んに取り上げられたのが「食道発声法」なる「声」を取り戻すトレーニング方法。切除した声帯の代わりに飲み込んだ空気を「ゲップ」をする要領で吐き出すことで食道を振動させて発声する、というもの。早い人では数カ月や半年で言葉を発することができるといい、実際つんく♂の関係スタッフのなかにも、普通に電話で会話ができるまでに上達した人もいるという。

 そんなつんく♂の「いま」と「これから」を示唆する本がある。

〈家族がみんな出勤したので、次郎(飼い犬)に餌をやった。(中略)「お手」「お手」と手を出しても首を傾げ、じっと見ていた。(中略)諦めて「よし」といったが食べなかった。(中略)「お手」も「よし」も犬には聞こえないのであった。〉

 これは2001年に出版された『新しいことばの命を得て 私の喉頭がん日記』(池上登/静岡新聞社)の一節。静岡県在住の池上氏は昭和62年ごろから喉に変調をきたし、検査入院の結果喉頭がんと宣告される。慶應大学・近藤誠医師らによる放射線治療で一時はがんが消滅するものの、再発。平成元年に喉頭全摘出手術を受けて「声」を失う。54歳のときだ。当時、県内で障害児教育の第一人者として活躍していた池上氏は、突然自分自身が障害を背負うという運命に翻弄される。この作品ではがんとの闘いや、医療スタッフや家族の献身的なサポート、食道発声法によって声を取り戻すまでの日々が綴られている。

 池上氏の病状は、当初は注射と放射線で8~9割の確率で完治するはずだった。つんく♂も完全寛解したはずだったことを考えると、この病気の難しさを思い知らされる。池上氏は、再発の可能性を告げられたときの心境を、こう綴っている。

〈愕然、恐怖、失望、悲しみ、落胆など、どんなことばも当てはまらない辛い気持ちだった。何くわぬ顔で陽気に飲み、食い、歌って帰ったときの空しさは今でも忘れることができない。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新しいことばの命を得て 私の喉頭がん日記

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

つんく♂にも読んでほしい…喉頭がんで声を失った教師が食道発声法で教壇に復帰するまでの全記録のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。がんつんく♂相模弘希闘病の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
2 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
5 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
6 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
7 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
8 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
9 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
10 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
12 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
13 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
14 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
15 安倍が「沖縄に寄り添う」と茶番答弁!
16 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
17 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
18 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
19 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
20 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
8辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
9維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
12安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄