NHKで「原発いらない」発言! 過激でまっとうな加賀まりこのルーツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kagamariko_141006.jpg
『純情ババァになりました。』(講談社)

 今、女優の加賀まりこが熱い。女優としての活躍はもちろんだが、老いてますます、その発言の過激さに拍車がかかっているのだ。少し前にもNHKのトーク番組『スタジオパークからこんにちは』にゲスト出演した際の発言が大きな話題を呼んだ。

「生きて行く上で、たまたま私たちはこの地球に、つかの間お邪魔しているだけじゃない? 着飾ったり、気負わなくてもいいと思う。だから戦争もいらないし、原発もいらない」

 籾井勝人が会長となって、安倍政権の広報機関になりさがってしまったNHKで、政権の政策に真っ向から対立するような発言を堂々と行ったのである。しかも、この発言は戦争や原発について訊かれたものではなかった。加賀の普段から飾らぬ自然体について司会の戸田恵子に訊かれ、現在のパートナーと付き合ってから着飾る事をやめたことを明かした後の発言だった。そのためネット上では「さらりと持論を言えて素敵!」「彼女の発言だからこそ説得性がある」「凛々しくて憧れる」「あっぱれ」と反響を呼び、ネット検索ランキングも急上昇したのだ。

 だが加賀の歯に衣きせぬ発言は、何も今に始まったものではない。自身も「小さい時から思った事は何でも口にする毒舌家」と公言し、そのために若い頃から「生意気」とのレッテルさえ貼られてきた。 

 特に加賀が『夜のヒットスタジオSUPER』(1989〜90年/フジテレビ系)の司会を務めた時の発言の数々は、その後の加賀の「小悪魔」「生意気」というイメージを決定づけた。

 番組初回で「歌手に媚びない司会」と宣言した加賀は、その言葉の通り出演アーティストたちをこき下ろした。人気絶頂のB`zが出演した際には、ボーカルの稲葉浩志に向かって、「稲葉クンはいい男だと思いこんでたけど、リハーサルですっぴんの顔見たら『なんだ』って思っちゃった」と笑い、一方の松本孝弘に対しては「こっちは不細工ね」と言い放つ。

 南野陽子には「案外と色黒ね、時代劇では 綺麗な人だと思ったけど」、CHAGE and ASKAには「(CHAGE)Cを取ったらハゲじゃない」などなど。またステージで歌う直前の吉幾三の頬にキスをして、吉がキスマークをつけたまま歌ったこともあるなど、まさに言いたい放題。
 
 しかも、こうした毒舌は年下の芸能人にだけ向けられる訳ではない。こんな大物作家との痛快トラブルもある。当時、仲良しだった作家の長部日出雄と銀座で飲んでいた加賀。同じ店に偶然居合わせたあるベストセラー作家が長部に「いいねぇ、女優さんと仲良くして」「僕なんて映画の原作持ってても、口なんかきいてもらったことないよぉ」とネチネチと話しかけてきた。次の瞬間、加賀は立ち上がり、こう啖呵を切ったという。

「アンタなんか最低よ! 本が売れたからってナンボのもんよ、書いているものと人格はエラい違いじゃないの!」

 この時、加賀はその作家の顔を知らなかったが、実は彼女はこの作家の原作映画に3本も出演していたという。「権威にたてつくチンピラでいたい!」という、いかにも加賀らしいエピソードではないか。

 こうした加賀の気質はどこからきたものなのか。加賀の著書『純情ババァになりました。』(講談社文庫/2008年)には、そのルーツが描かれている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

純情ババァになりました。 (講談社文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

NHKで「原発いらない」発言! 過激でまっとうな加賀まりこのルーツとは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ルーツ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
2 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
3 国連も「組み体操」の危険性を指摘! 重大事故多発もなぜ放置? 安倍政権の復古的教育政策との親和性
4 つんく♂が秋元のメンバー差別に
5 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
6 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
7 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
8 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
9 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
10 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
11 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
12 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
13 DA PUMPがEXILEに挑戦状
14 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
15 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
16 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
17 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
18 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
19 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
20 東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
3クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
4元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
5ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
6所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
7ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
8安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
9早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
10竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
11産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
12安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
13 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
14日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
15 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
16 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
17安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
18平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 
19外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
20落合陽一は反省表明したが…古市憲寿と落合の無自覚

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄