愛川欽也が小説にしていた「出生の秘密」 父親のいない家庭、そして母親との別れ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 50歳近かった善三は、すでに家庭を持っていた。それでもミイとの将来を口にしていた。ミイは19歳で最初の結婚をしたが、たった二年で夫は結核で死んでしまう。ミイの父親は3歳の時に亡くなり、母親もミイの花嫁姿を観たすぐあとに死んだ。家族の縁が薄かったミイは歳の離れた善三にすがれるのが嬉しかった。

 しかしミイが高田と家庭をつくる夢は叶わなかった。銀座へデートに出かけレストランで食事をした後、ミイは吐き気を催す。トイレに駆け込むと、

〈洗面所の鏡で自分の顔を見た。鏡に映る顔が、歓喜の顔にみるみる変わっていった。〉
〈「喜んでちょうだい。子供ができたらしいのよ。もう大丈夫、気持ちなんか悪くないわよ。幸せよ私。私のお腹の中に善さんの子供がいるのよ」
「そうか」
 複雑な顔をした善三を、ミイは喜びのあまり読み取ることはできなかった。(中略)その晩、善三はミイを抱かずに、夜中に五反田に帰っていった。〉

 その後、敏雄が生まれてからは善三がミイの元を訪れる機会は次第に減っていく。物語は敏雄と母・ミイが疎開で離ればなれになるなかで、互いに思いを募らせる逸話が中心となり、父親に関する記述はほとんどなくなる。

 学童疎開先の上田に母が面会にやってきたとき、母は空襲が激化する東京を離れるときは敏雄とともに田舎へ行くために迎えに来る、と話すと〈敏雄は早く迎えに来てくれるように、アメリカの爆撃がもっとひどくなればいい〉とさえ考えるようになり、母は敏雄に甘いものを食べさせるために着物と砂糖を交換していた。母と息子は互いの孤独を互いへの依存で埋めるようにして生きていく。

 やがて終戦を迎えても、空襲で巣鴨の家を壊された母と息子は茨城、秋田と疎開生活を続けた。秋田では「疎開者」と敏雄をいじめる者がいた。母が買ってくれたばかりの帽子をひったくられてどぶ川に捨てられた。敏雄は泣きながら家に帰るとナタを手に「あいつを殺してやる」と叫んだ。母とともにいじめっ子の家へ行き、凛とした声で母は抗議した。

〈「敏雄、帰ろう」外に出ると母は敏雄の手から鉈を取り上げてその手をしっかりと握って歩き出した。敏雄も母の手を握り返した。二人は手を離さずに歩いた。一本道の先に夕日が落ち始めていた。親子二人の影法師が、二人の歩く後に長く伸びて見えた。〉

 その後、敏雄は高校に入学し、映画に傾倒。途中で、俳優養成所に入学し役者を目指す。その間、アルバイトとしてキャバレーやストリップ劇場でバンドのドラマーとして働き、浅草で二人のストリッパーと奇妙な共同生活を送るものの、役者としては一向に目が出ない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

愛川欽也が小説にしていた「出生の秘密」 父親のいない家庭、そして母親との別れ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。家族愛川欽也文学相模弘希の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
2 菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
3 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
4 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
5 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
6 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
7 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
8 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
9 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
10 佳子内親王の「姉の一個人の希望を」に批判殺到はおかしい
11 橋下徹が西村大臣のPCR検査擁護で検査封じの責任に頰被り
12 眞子内親王の婚約者バッシングの裏
13 稲垣、草なぎ、香取がJタブーをポロリ
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 吉村洋文知事は5月に30本のテレビに出演していた
16 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
17 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
18 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
19 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
20 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
4名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
5吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
6菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
7NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
8萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
9汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
13マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
14小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄