中山美穂に捨てられた辻仁成が息子のためにつくる愛情料理がスゴい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「だって、パパが泣いたら、みんな悲しくなっちゃうだろ? パパはどんなときも、微笑んでいなきゃ」

 辻いわく、息子は「私にとっては新しいパートナーであり、希望」。息子もまた「これからはパパと2人で生きていくのだ、ということも心得ております」という。それでも寂しいときだってある。だから、辻は愛情たっぷりの料理をこしらえる。その夜のメニューは、「温かいじゃがいものグラタン」。

「2人でオーブンにグラタン皿を入れ、出来上がるのを待ちます。待っている間がとっても楽しいのです。パルメジャーノチーズの香ばしい匂いがキッチンを優しく包み込みます」

 シングルである親には、さまざまな苦労がともなう。家事と仕事を両立させるだけでなく、好奇の目にさらされることもあるし、何より子どもの気持ちに敏感でなくてはならない。それをたったひとりで背負うのだ。だが、辻はとにかく懸命だ。たとえば、息子が友だちを自宅に招いても、「父親がおやつの載ったお盆を抱えて出て行けば、子供たちはどう対応していいのか分からず緊張するわけです」。そんなときは子どもたちが喜ぶようにと、辻は手巻き寿司を披露。……さすがは元モテ男、気が利くではないか。

 こうした辻のがんばりは、息子にも届いているのだろう。というのも、2人でドイツ旅行に出かけた際、息子は「ヨーロッパのために働きたい。建築家にもなりたい。ホテルの受付でも働いてみたい。市電の運転手さんにもなりたい」とたくさんの夢を語るのだが、最後に「でも、いちばんなりたいのは世界一優しいお父さんになることかな」と話すのだ。

 ときには、辻と一緒に登校したいがために学校の「通行テスト」(フランスにはこんなものがあるらしい)をわざと落第してくる息子。そんな息子へのいとおしい気持ちは、文章にもよく表れている。

「私は息子が大きくなるのが嬉しくてしょうがありません。彼が成長していく手助けをしているわけです。手塩にかけて育てているという実感があります。これは幸せなことです」

「息子の笑顔が明日の父親の糧になる」──。だからこそ辻は、「おふくろの味」ならぬ「おやじの味」を日々つくる。シングルファザーの名作映画『クレイマー、クレイマー』でも、父と息子をつないだのはフレンチトーストだったが、辻もまた、料理を通して息子に愛情を伝えようとしているのだろう。

 このエッセイ連載、はっきり言って辻がこれまで書いてきたどの小説よりも、ぐっとくる。そう。息子こそが、作家・辻仁成の隠れた魅力を引き出したのだ。
(水井多賀子)

最終更新:2015.01.19 04:29

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

中山美穂に捨てられた辻仁成が息子のためにつくる愛情料理がスゴい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひとり親子ども水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
2 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
6 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
7 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
11 自民党がネトサポに他党叩きを指南
12 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
13 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
15 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
16 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
17 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
20 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
12河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
16テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄