疑似精液からギャラのからくりまで!峰なゆかがAV業界のタブーを大暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sexy_01_141003.jpg
『セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク』(双葉社)

 蒼井そら、Rio、つぐみら今やバラエティ番組に出演する人も多いAV女優たち。最近では彼女たちの活躍に憧れる女性が増え、AV業界の門戸をたたくこともあるという。

 身近になったとはいえまだまだ不明な点が多いのがAV業界。そのタブーに踏み込んだのが、元AV女優でいまや『アラサーちゃん』(扶桑社)の作者としても知られている漫画家の峰なゆか氏だ。『セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク』(双葉社)では、ギャラや撮影のあるある、女優たちのヒエラルキーなど、AV業界の真実が描かれている。

 たとえば、一番気になる女優たちの出演料の問題。芸能人がAV作品に出演する際、週刊誌には出演料として「8,000万円」「1億円」とあまりにも高額な数字が報じられることが多いが、実際はAV業界も不況の波に勝てず、値下がり続けているという。一般の人が想像しているより、シビアな現実がある。

 AV女優のヒエラルキーは上位から、メーカーと専属契約をしている「単体女優」、元単体女優や人気のある企画女優を指す「キカタン」、素人ものやフェチ系作品に出演する「企画女優」に分かれる。おのずとギャラの単価もヒエラルキーを反映する形になるのだが、実はここに妙なからくりがあるのだ。というのも、単体女優は専属のため、撮影本数が少なめ。単価が80万円としても、撮影本数が1本のときは月収が80万円で、撮影以外の時間にはテレビ出演やサイン会などに充てられる。しかし、それらのギャラは「あってないようなもの」で、衣装代などを考えると赤字になることもあるというのだ。

 一方、キカタン女優の場合は、1本30万円と単価は下がるが、いろんなメーカーの作品に出演できるため、売れっ子ともなれば、1カ月に20本出演し、月収600万円にもなるのだ。

 辛いのは、企画女優。1本5万円という単価の安さに加え、企画女優の活躍の場であるフェチ系作品は撮影本数自体が少ないため、月に2本の撮影で月収10万円ということも。もちろんAVだけでは生活が成り立たないので、アルバイトをする人も少なくないそうだ。

 人気があれば、高収入も夢ではない職業だが、峰氏いわくAV女優は「肉体労働」。あまり公にならない疲労や苦労も多いという。

 たとえば、男性ユーザーが求む「潮吹き」。大量の潮を吹くために、撮影前に6リットルもの水分を補給することもあるという。しかし、水だけを摂取するのは危険。峰氏は「週刊大衆」(双葉社)のインタビューで、水を飲みすぎて水中毒に陥り、「実際、それで私は撮影後、病院に運ばれたことがあるんです」と驚きの体験を語っている。さらには、「イソジン原液でうがいしても喉にからみつく精液の味が消えない!!」というAV女優ならではの悩みから、女優の喫煙率は「異様に高い」そう。精液の後味を消すために煙草を吸い始める女優が多いというから、仕事の過酷さが伝わる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

疑似精液からギャラのからくりまで!峰なゆかがAV業界のタブーを大暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育江崎理生裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 今度は年金事務所所長がヘイト、野党議員や言論人を「在日認定」攻撃
2 冤罪に巻き込まれただけなのに解雇!“推定無罪”無視の会社
3 政府主催「国際女性会議」で山口敬之擁護の安倍昭恵が挨拶
4 お笑い芸人「薬物をやらない」自慢の無自覚
5 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
6 片山さつきが坂上忍に批判された
7 国会議事堂そばのアパに泊まってみた
8 百田尚樹がジュゴンめぐりまた反対派攻撃のフェイク 
9 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
10 安倍首相にマッチョ批判
11 韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
12 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
13 NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視
14 グッディ!土田マジギレ真の原因
15 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
16 白井聡が「靖国に歴史的大義がない」
17 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
18 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
20 又吉も?厳しすぎる作家の金銭事情
1指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
2田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
3ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
4韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
5安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
6高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
7『報ステ』がまた政権批判アナ排除
8安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
9NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
104人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
11ピエール瀧めぐり松本とたけしが無教養丸出し発言
12 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
13酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
14安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
16国会議事堂そばのアパに泊まってみた
17五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
18ピエール瀧「韓国紙幣で吸引」報道の差別扇動
19百田尚樹が辰巳琢郎を人格攻撃していた理由
20今度は年金事務所所長がヘイト、野党議員や言論人を「在日認定」攻撃

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄