疑似精液からギャラのからくりまで!峰なゆかがAV業界のタブーを大暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sexy_01_141003.jpg
『セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク』(双葉社)

 蒼井そら、Rio、つぐみら今やバラエティ番組に出演する人も多いAV女優たち。最近では彼女たちの活躍に憧れる女性が増え、AV業界の門戸をたたくこともあるという。

 身近になったとはいえまだまだ不明な点が多いのがAV業界。そのタブーに踏み込んだのが、元AV女優でいまや『アラサーちゃん』(扶桑社)の作者としても知られている漫画家の峰なゆか氏だ。『セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク』(双葉社)では、ギャラや撮影のあるある、女優たちのヒエラルキーなど、AV業界の真実が描かれている。

 たとえば、一番気になる女優たちの出演料の問題。芸能人がAV作品に出演する際、週刊誌には出演料として「8,000万円」「1億円」とあまりにも高額な数字が報じられることが多いが、実際はAV業界も不況の波に勝てず、値下がり続けているという。一般の人が想像しているより、シビアな現実がある。

 AV女優のヒエラルキーは上位から、メーカーと専属契約をしている「単体女優」、元単体女優や人気のある企画女優を指す「キカタン」、素人ものやフェチ系作品に出演する「企画女優」に分かれる。おのずとギャラの単価もヒエラルキーを反映する形になるのだが、実はここに妙なからくりがあるのだ。というのも、単体女優は専属のため、撮影本数が少なめ。単価が80万円としても、撮影本数が1本のときは月収が80万円で、撮影以外の時間にはテレビ出演やサイン会などに充てられる。しかし、それらのギャラは「あってないようなもの」で、衣装代などを考えると赤字になることもあるというのだ。

 一方、キカタン女優の場合は、1本30万円と単価は下がるが、いろんなメーカーの作品に出演できるため、売れっ子ともなれば、1カ月に20本出演し、月収600万円にもなるのだ。

 辛いのは、企画女優。1本5万円という単価の安さに加え、企画女優の活躍の場であるフェチ系作品は撮影本数自体が少ないため、月に2本の撮影で月収10万円ということも。もちろんAVだけでは生活が成り立たないので、アルバイトをする人も少なくないそうだ。

 人気があれば、高収入も夢ではない職業だが、峰氏いわくAV女優は「肉体労働」。あまり公にならない疲労や苦労も多いという。

 たとえば、男性ユーザーが求む「潮吹き」。大量の潮を吹くために、撮影前に6リットルもの水分を補給することもあるという。しかし、水だけを摂取するのは危険。峰氏は「週刊大衆」(双葉社)のインタビューで、水を飲みすぎて水中毒に陥り、「実際、それで私は撮影後、病院に運ばれたことがあるんです」と驚きの体験を語っている。さらには、「イソジン原液でうがいしても喉にからみつく精液の味が消えない!!」というAV女優ならではの悩みから、女優の喫煙率は「異様に高い」そう。精液の後味を消すために煙草を吸い始める女優が多いというから、仕事の過酷さが伝わる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

疑似精液からギャラのからくりまで!峰なゆかがAV業界のタブーを大暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育江崎理生裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 見城徹社長が騒動渦中、首相公邸で安倍首相と会食!?
2 新天皇の即位パレードが自民党本部前を通るルートに
3 韓国K-POPスキャンダルをめぐるヘイトとご都合主義
4 稲田朋美が「週刊新潮」に全面敗訴!
5 秋篠宮家の料理番がブラック告発
6 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
7 長谷川豊が「プロ、犯罪の」と部落差別発言
8 ジャニーさんが田口脱退でウソを
9 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
12 百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは
13 幻冬舎・見城徹社長に寄せられた作家の批判総まくり!
14 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
15 安倍首相が「サイバー攻撃受けただけで武力行使可能」と宣言
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 つんく♂が秋元のメンバー差別に
18 池袋暴走事故の容疑者逮捕なしに批判、元検察幹部も
19 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
20 読売が出会い系通い記事批判に失笑反論
1国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄