疑似精液からギャラのからくりまで!峰なゆかがAV業界のタブーを大暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sexy_01_141003.jpg
『セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク』(双葉社)

 蒼井そら、Rio、つぐみら今やバラエティ番組に出演する人も多いAV女優たち。最近では彼女たちの活躍に憧れる女性が増え、AV業界の門戸をたたくこともあるという。

 身近になったとはいえまだまだ不明な点が多いのがAV業界。そのタブーに踏み込んだのが、元AV女優でいまや『アラサーちゃん』(扶桑社)の作者としても知られている漫画家の峰なゆか氏だ。『セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク』(双葉社)では、ギャラや撮影のあるある、女優たちのヒエラルキーなど、AV業界の真実が描かれている。

 たとえば、一番気になる女優たちの出演料の問題。芸能人がAV作品に出演する際、週刊誌には出演料として「8,000万円」「1億円」とあまりにも高額な数字が報じられることが多いが、実際はAV業界も不況の波に勝てず、値下がり続けているという。一般の人が想像しているより、シビアな現実がある。

 AV女優のヒエラルキーは上位から、メーカーと専属契約をしている「単体女優」、元単体女優や人気のある企画女優を指す「キカタン」、素人ものやフェチ系作品に出演する「企画女優」に分かれる。おのずとギャラの単価もヒエラルキーを反映する形になるのだが、実はここに妙なからくりがあるのだ。というのも、単体女優は専属のため、撮影本数が少なめ。単価が80万円としても、撮影本数が1本のときは月収が80万円で、撮影以外の時間にはテレビ出演やサイン会などに充てられる。しかし、それらのギャラは「あってないようなもの」で、衣装代などを考えると赤字になることもあるというのだ。

 一方、キカタン女優の場合は、1本30万円と単価は下がるが、いろんなメーカーの作品に出演できるため、売れっ子ともなれば、1カ月に20本出演し、月収600万円にもなるのだ。

 辛いのは、企画女優。1本5万円という単価の安さに加え、企画女優の活躍の場であるフェチ系作品は撮影本数自体が少ないため、月に2本の撮影で月収10万円ということも。もちろんAVだけでは生活が成り立たないので、アルバイトをする人も少なくないそうだ。

 人気があれば、高収入も夢ではない職業だが、峰氏いわくAV女優は「肉体労働」。あまり公にならない疲労や苦労も多いという。

 たとえば、男性ユーザーが求む「潮吹き」。大量の潮を吹くために、撮影前に6リットルもの水分を補給することもあるという。しかし、水だけを摂取するのは危険。峰氏は「週刊大衆」(双葉社)のインタビューで、水を飲みすぎて水中毒に陥り、「実際、それで私は撮影後、病院に運ばれたことがあるんです」と驚きの体験を語っている。さらには、「イソジン原液でうがいしても喉にからみつく精液の味が消えない!!」というAV女優ならではの悩みから、女優の喫煙率は「異様に高い」そう。精液の後味を消すために煙草を吸い始める女優が多いというから、仕事の過酷さが伝わる。

 ギャラや撮影あるあるに加えて、男性AVファンに衝撃を与えるのは、疑似精液のからくりではないだろうか。最近のAVでは「中出し」が主流で、女優の股間から白濁液が流れ出る光景が、男性の欲情を掻き立てている。しかし、1日の撮影で数回の「本番」を求められる現場は、女優・男優どちらの体力をも消耗させる。そこで活躍するのが、疑似精液だ。

 しかし、途中でカットをかけてカメラのアングルを変えると、ユーザーに「偽中出し」がバレやすい。そこで、編み出されたのがスタッフとの連携プレーだ。セックスが佳境に入った時に、疑似精液の入ったスポイトを持ったスタッフが男優の背後に回り、カメラが女優のアップを撮っている隙にそれを手渡す。その数秒間に、男優はスポイルを女優の股間に注入する、といった手際だ。さらに峰氏いわく「中出しの時の疑似精子は“白いローション”で、ぶっかけのときは卵白と練乳を混ぜたものです。後者のほうがリアル精子に近いんです。ただ、マズイわ、冷たいわ……ぶっかけられているのに、思わず“冷たっ!”と叫んでしまい、撮り直しになったこともありました」とぶっちゃける。

 男性にとっては“ファンタジー”が崩れるばかりのタブー暴露かもしれないが、前出のインタビューのなかで峰氏は「AV業界って世間からすごく黒い世界だと思われているんですね。でも、AV女優は普通に仕事としてやっているだけで、やたら貶められるのも、美化されるのも、違うと思うんです。いい意味でも悪い意味でも“AV業界の幻想”をなくして、もっとAV女優のことを知ってもらえたら、私としてはうれしいです」と出版の経緯を語っている。AV女優がテレビ業界をはじめ活躍の場が広がってきたからこそ、彼女たちの「プロ意識」や仕事の裏側を知ってみるのも面白いのではないだろうか。
(江崎理生)

最終更新:2018.10.18 05:55

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

疑似精液からギャラのからくりまで!峰なゆかがAV業界のタブーを大暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育江崎理生裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
2 三浦瑠璃、高須克弥、八代英輝…この期に及んで「布マスク2枚」を擁護
3 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
4 自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
5 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
6 コロナ補償で「在日外国人、生活保護受給者に払うな」の排除論が跋扈!
7 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
10 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
11 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
12 安倍昭恵が和田政宗をトンデモ応援演説!公選法違反の呼びかけ
13 安倍首相が補佐官人事でヒトラー並み側近政治、今井秘書官、木原稔…
14 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
15 補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声
16 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
17 安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
18 安倍政権がコロナ対応よりも言論弾圧に必死!標的は『モーニングショー』
19 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
20 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
1 安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
2 田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
5 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
6 自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
7 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
8 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
9 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
10 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
11 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
12 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
13 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
14 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
15 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
16 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
17 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
18 K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権
19 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20 補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄