本人は「ウヨじゃない」というが…吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり! 安倍応援団化は売れない芸人の再生装置か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
本人は「ウヨじゃない」というが…吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり! 安倍応援団化は売れない芸人の再生装置かの画像1
自身のYouTubeチャンネルで「桜を見る会」を扱った「ほんこん」


 本サイトで日々お伝えしているように、吉本芸人の“安倍応援団化”や“ネトウヨコメンテーター化”がどんどん進行しているなか、「ネトウヨ芸人」として注目されている人物がいる。お笑いコンビ130Rのほんこんだ。関西では数年前から情報番組で安倍応援団丸出しのコメントを連発。時折、話題になっていたが、今年はyoutubeや活字にも進出。正真正銘の「ネトウヨ芸人」になってしまったようだ。

 Twitterでは百田尚樹や有本香氏、高須克弥院長といった極右文化人、あるいはネトウヨアカウントやネトウヨまとめサイトの投稿をリツイートしまくり、少し前には「ほんこんのなに聞きたい?」なるYouTubeのチャンネルも開設。バーを舞台にしてネトウヨ受けする発言を繰り返している。最近も「桜を見る会」問題を扱って、こんなことを語っていた。

「僕ねえ、これねえ、なにをしてんのかな〜とか思うねん。政治家たるもの、うん、国策をしなさいよ。桜見るのもええし、ええけども、ちゃんと政策で議論したらええのに、国会でこういうことを。1日国会でかかんのにね3億って聞くもんね。これ、金額で言うたら5000万いうけど、5000万も税金やからダメなんですけど、みんな、よう聞いてくれよ、安倍総理を擁護なんかしてないで。してないねんけど、してるようになぜ見えるかというたら、申し訳ないけど、野党が安倍総理を擁護してんねん。サポーターやて。野党がちゃんとこういう桜を見る会も追及すんねんやったら追及したらええけど、国会でせんとちゃうとこでして。ほんで野党の支持率をあげるのは、やっぱりGSOMIAを継続ってなったやん、破棄かどうかって言ってたときに、それでもコレやってたりとか、ウン、北朝鮮がミサイル撃ってんのにコレやってるとか、もう違うねん。シュレッダーを見に行く? 桜を見る会からシュレッダーを見る会? ウン、これ余談なるけど(以下略)」(12月28日)

 まさに居酒屋でクダを巻いている保守オヤジそのもの(というか、本当に酒を飲んで喋ってるのだろう)。「国会でせんとちゃうとこでして」って、野党の国会審議要請を拒否してるのは与党なんですけど……。あらかじめ言っておけばよかったが、だらだらだらだらとクソつまらないので、視聴する価値などない。ある意味、このトーク力のなさは2000年代にメッキリ売れなくなった頃のほんこんと同じである。

 まあ、それはともかくとして、だ。

 ほんこん本人は「安倍御用芸人」とか「ネトウヨ芸人」とか言われるのがイヤらしい。数日前にもTwitterで、一般ユーザーが「完全にウヨ芸人まっしぐら」などと指摘するツイートを見つけて、自分から〈何をもってウヨ芸人なのか?私はただ日本が好きなだけ 貴方様は嫌いなのですか?〉などと噛み付いておいて最終的にブロックしてしまったことが、ネット上でちょっとした話題になっていた。

 しかし、最近のほんこんの発言をあらためてチェックすると、やっぱり「ネトウヨ芸人」と言われても仕方がない、というか、ネトウヨに大向こう受けする発言を繰り返し、自分で「保守」をウリにしているのが現実だ。

 たとえば、ほんこんは最近、あの極右雑誌「正論」(産経新聞社)2020年1月号の対談に登場。相手は『ニュース女子』(DHCテレビ)の沖縄ヘイトデマ回の“主犯”で知られる自称・ジャーナリストの井上和彦氏だ。「桜を見る会とか追及してる場合ちゃうで」なるタイトルで、ほんこんはこんな発言を連発していた。

「安倍政権では民主主義が危ぶまれるとか言いますけど、ほんなら共産主義とか社会主義の国の人権のこと言うてみいと」
「(あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」は)あれ、自分らのお金でやったらええのに、公金じゃないですか。メディアも慰安婦像の所だけ切り取るけど、天皇陛下の写真焼いたらあかんでしょ」
「慰安婦の問題も、軍の関与はないけど、慰安婦は実在したから、色々言われても我慢してきたんですが、レーダー照射問題でぶち切れましたね」
「常に戦争はやってはいけないと思いますけど、戦争が起きた場合の事を考えて何が悪いんでしょうか。野党のみなさんは、そう言うんやったら、自分の家の施錠もすんなよ、警備もおくなよと言いたいですわ」

 既視感のあるイチャモンばっかり……。ようは、有象無象のネトウヨが言っていることをさらに希釈して喋っているだけなので、いちいちつっこむ気にもなれないが(いちおう一つだけ正しておくと、慰安婦問題への軍関与は公的な史料で証明されている)、いずれにしてもこの薄っぺらさ。「ネトウヨ芸人」と呼ばれても仕方ないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

本人は「ウヨじゃない」というが…吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり! 安倍応援団化は売れない芸人の再生装置かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ほんこんネトウヨ吉本興業安倍応援団安倍晋三宮島みつや小藪千豊の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
4 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
5 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
8 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
9 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
10 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
11 X JAPAN、TAIJIの死の謎
12 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
13 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
14 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
17 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
18 古舘降板は安倍とテレ朝上層部のせい
19 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
20 川島なお美が近藤誠の診断を告発
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄