追悼! 水木しげるが描いていたラバウルの戦争体験と慰安婦…「80人の兵隊を相手に…あれはやっぱり地獄だ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mizukishigeru_01_151130.jpg
水木プロダクション公式サイト「げげげ通信」より


 『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる漫画家・水木しげるが、今朝、多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。93歳だった。

 1922(大正11)年生まれの水木は、1942年、20歳の秋、兵庫・西宮で徴兵検査を受け、近眼のため乙種合格となった。今年5月に、水木が出征前に記した手記が発見され、文芸誌「新潮」(新潮社)に掲載、話題になったことは記憶に新しい。手記は断片的ではあるが、哲学・芸術に想いをめぐらせた思索的なものだった。そして、その後戦地を目前としての死生観が記されていた。

〈毎日五萬も十萬も戦死する時代だ。芸術が何んだ哲学が何んだ。今は考へる事すらゆるされない時代だ。
 画家だらうと哲学者だらうと文学者だらうと労働者だらうと、土色一色にぬられて死場へ送られる時代だ。
 人を一塊の土くれにする時代だ。
 こんなところで自己にとどまるのは死よりつらい。だから、一切を捨てゝ時代になつてしまふ事だ。
 暴力だ権力だ。そして死んでしまふ事だ。
 それが一番安心の出来る生き方だ。〉(「新潮」15年8月号より)

 翌年1943年4月、水木のもとに、臨時の招集令状が届く。補充兵となり、激戦地ラバウル(ニューブリテン島)へ出征。爆撃によって左手を失った。戦後、漫画家となった水木は、自らの戦争体験を元にした作品を多数発表してきた。なかでももっとも有名なのが、自伝的戦記マンガ『総員玉砕せよ!』だろう。水木が「90%は戦地で自分が見聞きしたこと」であり「最も愛着が深い作品」だという同作は、こんな場面から始まる──。

 ニューブリテン島のココポという船着場で、日本軍の兵士たちが「ピー屋」、つまり慰安所の前で長蛇の列をなしている。「一人三十秒だぞ」と言う兵士。対し、慰安所の女性は「皆さんもう五時ですからおしまいですよ」と言う。兵士たちは「そんなこというなよ御国のためだ」「もう少し営業しろい」と食い下がるが、慰安婦はため息をつきながら「もう体がもたないわ……」。しかし、兵士は懇願する。

「ねえちゃんあと七十人くらいだがまんしてけれ」

 同作は、最終盤に兵士たちが敵隊に突入し、全員が玉砕するのだが、最後の数ページはひとつのセリフもなく、倒れ重なる死体のカットが繰り返されるだけ。死体はやがて白骨となり、まるでゴミかなにかのように積もっていく。その静寂のなかで幕を降ろす。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

総員玉砕せよ! (講談社文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

追悼! 水木しげるが描いていたラバウルの戦争体験と慰安婦…「80人の兵隊を相手に…あれはやっぱり地獄だ」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。宮島みつや慰安婦歴史観漫画家の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍チルドレンの政務官が「感染拡大を国のせいにしないでくださいね」
2 黒沢かずこの検査めぐり鈴木おさむが“検査不要論”に反論!
3 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
4 森喜朗の暴露でわかった安倍首相「五輪後に任期延長と衆院選」シナリオ!
5 三浦瑠璃、高須克弥、八代英輝…この期に及んで「布マスク2枚」を擁護
6 安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
7 自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
8 コロナ補償で「在日外国人、生活保護受給者に払うな」の排除論が跋扈!
9 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
10 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
13 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
14 太田光が右翼の抗議で転向していた?
15 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
16 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
17 安倍昭恵が和田政宗をトンデモ応援演説!公選法違反の呼びかけ
18 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
20 田崎史郎がコロナ問題で「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」
1安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
2五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
5自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
6安倍チルドレンの政務官が「感染拡大を国のせいにしないでくださいね」
7昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
8安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
9 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
10 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
11阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
12 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
13安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
14「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
15黒沢かずこの検査めぐり鈴木おさむが“検査不要論”に反論!
16赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
17感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
18三浦瑠璃、高須克弥、八代英輝…この期に及んで「布マスク2枚」を擁護
19大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄