御嶽山でも! 災害や事故で絶体絶命の状況から生還した奇跡の実話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
survival_141002.jpg
『本当にあった 奇跡のサバイバル60』(タイムズ/日経ナショナルジオグラフィック社)

 御嶽山の噴火の死者は戦後最悪の47名にのぼった(10月1日現在)。1日に行われた捜索では搬送された35名全員の死亡が確認されるなど、状況は日を追うごとに厳しくなっているが、一方で、あの広い山中にはまだどこかに避難して生きている人がいるのではないか。そんな思いを捨てることはできない。

 実際、これまでも遭難、災害、事件、事故などで、絶体絶命の状況から、奇跡の生還をしたケースはたくさんあった。そうした実話を集めた『本当にあった 奇跡のサバイバル60』(タイムズ/日経ナショナルジオグラフィック社)を読むと、ほんとうに信じられないようなエピソードがいくつも出てくる。

 たとえば、旅客機でアマゾンの熱帯雨林上空を飛行中に墜落し、たった1人生き残ったのがユリアン・コプケだ。上空3000メートルから、シートベルトに固定されたまま墜落した彼女は、17歳ながらとても頭がよく、機転の利く少女だったという。奇跡的に、鎖骨骨折と右目の腫れ、脳震盪、腕と脚の切り傷ぐらいですんだユリアンは、熱帯雨林のジャングルで野生生物の研究所を運営していた両親のおかげで、たまたま「熱帯雨林で生き延びる方法」を知っていた。

その教え通り「まず小川を見つけ、下流に下っていく」ことにした彼女は、その後10日間、水の中を歩き続ける。途中、一緒に飛行機に乗っていた母親を探すため、頭が地面にめり込んでいる女性の遺体などを見かけては、確認しながら進んだという。さらに、腕の傷口にはハエが卵を産みつけ、皮膚の下に50匹以上の蛆虫がうごめいていたり、クロコダイルが川岸にずらりと並ぶ横を通り過ぎたりと、生命の危機を感じながら、唯一持っていたキャンディだけを糧に進んだのだ。

 また、奇跡的に28人全員で生還することができたのが、南極で立ち往生したエンデュアランス号の乗組員たちだ。氷の中に閉じ込められてしまった彼らは、約8カ月間漂流したが、ついに船が氷に押しつぶされ、沈没。流氷の上で、ただ待つことしかできなかったという。

 そこから3カ月が経ち、氷が割れてようやく救援ボートを出せるようになると、3艘に分かれて近くの小さな島に到着した。だが、当初のルートから大きく外れたこの島に救助が来る可能性は極めて低かったため、いちばん頑丈なボートに隊長のシャクルトンと船長のウォースレーら6人が乗り込み、1500キロもの過酷な航海に臨むことになる。彼らの服装は防水仕様ではなかったので、冷たい海水で皮膚は擦り剥け、荒れる波のせいでボートは前後左右に揺れるため、正確な位置を測ることは極めて困難だったのだ。しかし、ウォースレーはそんな「海運市場まれに見る驚異の離れ業」をやってのけた。彼の活躍があったからこそ、誰ひとり欠けることなく生還することができたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

本当にあった 奇跡のサバイバル60

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

御嶽山でも! 災害や事故で絶体絶命の状況から生還した奇跡の実話のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。事故大島計一の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『スシローと不愉快な仲間たち』9 新型コロナであのコピーライターが
2 安倍政権がクルーズ船の厚労省職員を「感染者が増えるのは嫌」と検査せず
3 クルーズ船死亡者「コロナ感染者かどうかも言えない」は安倍政権の失態隠しか
4 田崎史郎がコロナ問題で「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」
5 岩田教授に対する政府の反論は嘘! 橋本岳副大臣の投稿写真にも証拠
6 進次郎よりひどい、安倍首相はクルーズ船乗客に死者が出た日も宴会
7 自民党コロナ対策本部がヤバイ、青山繁晴らネトウヨがズラリ、陰謀論も
8 クルーズ船乗客の死亡は安倍政権の人災だ!無意味な船内監禁、検査の遅れ 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 “番犬”黒川検事長の定年延長で安倍政権がやった犯罪行為を検証
11 安倍政権の酷すぎる新型コロナ対応!「金がかかる」と検査キットを導入せず
12 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
13 安倍政権のコロナ対応の遅さに非難殺到! 14 日まで感染症専門家会議設置せず
14 感染症専門家・岩田教授をクルーズ船から追い出したのは、橋本岳・厚労副大臣
15 ル・モンドが安倍の歴史修正主義批判
16 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
17 国内感染広がるも百田尚樹ら極右はまだ「中国人を入れるな」
18 ANAホテルが安倍首相の答弁を「申し上げた事実ない」と全面否定
19 昭恵枠、明細書の嘘、晩餐会…安倍「桜を見る会」疑惑が止まらない
20 『スシローと不愉快な仲間たち』8 安倍政権御用コメンテーター養成講座
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄