御嶽山でも! 災害や事故で絶体絶命の状況から生還した奇跡の実話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
survival_141002.jpg
『本当にあった 奇跡のサバイバル60』(タイムズ/日経ナショナルジオグラフィック社)

 御嶽山の噴火の死者は戦後最悪の47名にのぼった(10月1日現在)。1日に行われた捜索では搬送された35名全員の死亡が確認されるなど、状況は日を追うごとに厳しくなっているが、一方で、あの広い山中にはまだどこかに避難して生きている人がいるのではないか。そんな思いを捨てることはできない。

 実際、これまでも遭難、災害、事件、事故などで、絶体絶命の状況から、奇跡の生還をしたケースはたくさんあった。そうした実話を集めた『本当にあった 奇跡のサバイバル60』(タイムズ/日経ナショナルジオグラフィック社)を読むと、ほんとうに信じられないようなエピソードがいくつも出てくる。

 たとえば、旅客機でアマゾンの熱帯雨林上空を飛行中に墜落し、たった1人生き残ったのがユリアン・コプケだ。上空3000メートルから、シートベルトに固定されたまま墜落した彼女は、17歳ながらとても頭がよく、機転の利く少女だったという。奇跡的に、鎖骨骨折と右目の腫れ、脳震盪、腕と脚の切り傷ぐらいですんだユリアンは、熱帯雨林のジャングルで野生生物の研究所を運営していた両親のおかげで、たまたま「熱帯雨林で生き延びる方法」を知っていた。

その教え通り「まず小川を見つけ、下流に下っていく」ことにした彼女は、その後10日間、水の中を歩き続ける。途中、一緒に飛行機に乗っていた母親を探すため、頭が地面にめり込んでいる女性の遺体などを見かけては、確認しながら進んだという。さらに、腕の傷口にはハエが卵を産みつけ、皮膚の下に50匹以上の蛆虫がうごめいていたり、クロコダイルが川岸にずらりと並ぶ横を通り過ぎたりと、生命の危機を感じながら、唯一持っていたキャンディだけを糧に進んだのだ。

 また、奇跡的に28人全員で生還することができたのが、南極で立ち往生したエンデュアランス号の乗組員たちだ。氷の中に閉じ込められてしまった彼らは、約8カ月間漂流したが、ついに船が氷に押しつぶされ、沈没。流氷の上で、ただ待つことしかできなかったという。

 そこから3カ月が経ち、氷が割れてようやく救援ボートを出せるようになると、3艘に分かれて近くの小さな島に到着した。だが、当初のルートから大きく外れたこの島に救助が来る可能性は極めて低かったため、いちばん頑丈なボートに隊長のシャクルトンと船長のウォースレーら6人が乗り込み、1500キロもの過酷な航海に臨むことになる。彼らの服装は防水仕様ではなかったので、冷たい海水で皮膚は擦り剥け、荒れる波のせいでボートは前後左右に揺れるため、正確な位置を測ることは極めて困難だったのだ。しかし、ウォースレーはそんな「海運市場まれに見る驚異の離れ業」をやってのけた。彼の活躍があったからこそ、誰ひとり欠けることなく生還することができたのだ。

  サバイバルといっても、震災や事故だけではない。誘拐されたり、人質になってそこから生き延びた人もいる。わずか10歳にして誘拐され、その後8年もの間、地下室に監禁されたのは、オーストリアのウィーンで生まれ育ったナターシャ・カンプシュ。与えられたのはたった5平方メートルの地下室で、彼女は奴隷として、家の中では犯人のきっちり1メートル後ろを歩かされた。眠るときは手錠をかけられたし、髪をそられたり、たびたび殴られては歩けなくなることもあったほど。それでも屈することなく、犯人の持ってくる本や新聞を読み漁り、ラジオで教育番組やクラシックを聴いては独学で勉強した。そして、18歳のとき、庭で車の掃除をさせられていた彼女は、犯人の携帯が鳴ってその場を離れた隙に脱走し、無事に保護されたのだ。誘拐や監禁では、何年も何十年もの長い間、いつまで続くかもわからない過酷な状況で精神を保ち、生き延びなければならない。彼女はわずか10歳でその精神力を持っていた。

 こうしたエピソードを読んで感じるのは、やはり人間の生命力の強さだ。御嶽山でもあきらめるのはまだ早い。まだ捜索できていない場所もたくさんある。1人でも多くの生存者が見つかることを願ってやまない。
(大島計一)

最終更新:2018.10.18 04:59

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

本当にあった 奇跡のサバイバル60

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

御嶽山でも! 災害や事故で絶体絶命の状況から生還した奇跡の実話のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。事故大島計一の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
2 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
3 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
4 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
5 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
6 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
7 菅原文太の安倍批判が一周忌に公開
8 維新の市長候補はたかじん遺言執行人
9 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
10 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
11 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
13 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
14 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
15 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
16 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
17 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
18 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
1 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
4 吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
7 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
9 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
10 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
13 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
14 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
17 東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄