悪寒、吐き気、耳を塞ぎたくなる! 嫌韓本トンデモランキング(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

★第1位  竹田恒泰「日本人はもっと韓国に無関心にならなくてはいけません」
『笑えるほどたちが悪い韓国の話』(ビジネス社/2014年)

 ■まさかの「韓国に関心をもつな」論。嫌韓本に向き合った時間を返せ!■

『笑えるほどたちが悪い韓国の話』で、えんえんと嫌韓論をぶち上げる“ネトウヨのアイドル”竹田恒泰氏。当然、じゃあ、どうすればいいのか?という話になるのだが、竹田氏は「おわりに 結局、韓国とはどうすればよいか」で、こう発言するのだ。

「日本人はもっと韓国に無関心にならなくてはいけません(中略)いま韓国に対する日本人の関心は高まる一方です。韓国の大統領や政府が日本を批判すると、日本のメディアは大きくこれを報じます。それでは相手の思う壺なのです。韓国がどんなに日本バッシングをしても、日本はそれらを軽く受け流してしまえば良いのです」

 ええっ、韓国に関心向けるなって、じゃあ、韓国のメディア報道に過剰に反応してきた250ページは何だったの?

 だが、この「韓国に無関心になれ」と主張をしている嫌韓論者は、実は竹田氏だけではなかった。「彼らの『反日活動』については相手にしない」(三橋貴明)という『愚韓新論』(飛鳥新社/2014年)、「中国と韓国という落ちこぼれ兄弟、どうにもならない異質な二つの国をそれほど真剣に相手にする必要はなく、距離を置いたほうがいいと思います」(石平)、「日本は、中国、韓国と距離を置いたほうがうまくいくと思うんです」(呉善花)という『もう、この国は捨て置け!─韓国の狂気と異質さ』(WAC/2014年)、「再び、韓国叩きで溜飲を下げていれば良いとする風潮にモノ申したい。そのような風潮は愚かではないのか。はっきり言えば、朝鮮半島のことなどどうでも良い」(倉山満)という(『真実の朝鮮史[1868-2014]』(ビジネス社/2014年)などなど。多くの本で同じような「韓国ほっとけば」論が展開されているのだ。

 さっきまでの韓国への熱い感情はいずこへ!? ていうか、だったら、いったい彼らは何のためにわざわざ嫌韓本を書いたのか。その答えも、竹田氏の『笑えるほどたちが悪い韓国の話』に載っていた。

「以前は中国に関するネタが盛り上がる傾向がありましたが、最近は韓国がカミングアウトしてきた結果でしょうか、韓国ネタが一番盛り上がるようになりました。そこで、『竹田恒泰チャンネル』で盛り上がった韓国ネタをまとめてみました」

 嫌韓本が売れるから。ただそれだけということらしい。まさかのカミングアウトだが、でもまあ、そういうことなのだろう。耳をふさぎたくなるような差別的発言や「国賊」「売国奴」といった勇ましい言葉が満載の嫌韓本も、多くの執筆者や出版社にとっては結局のところ、「ウケるネタ」「売れるコンテンツ」でしかない。「やっぱ今はネトウヨアイドル、竹田さんを出さないと!」「こういうときは室谷センセイにガツンとディスっていただいて」「慰安婦の顔に紙袋? ウケる〜、それいこいこ」。きっと編集部ではそんな台詞が飛び交っているはずだ。
 
 でも、ネタだからといって、侮ってはいけない。出版社や執筆者は商売でも、読者は確実に本気になっている。嫌韓本によって自らのグロテスクな差別感情を正当化し、中韓との戦争を本気で求め始めている。ネタやエンタテインメントがコントロールのきかない熱狂を生み出す可能性だって十分あり得るのだ。そのことに気づかずノーテンキに差別発言を垂れ流している嫌韓本の執筆者や出版社こそ、「戦後民主主義ボケ」「平和ボケ」の典型だと思うのだが……。
(エンジョウトオル)

最終更新:2014.09.16 08:02

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害―

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

悪寒、吐き気、耳を塞ぎたくなる! 嫌韓本トンデモランキング(後編)のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ランキング嫌韓の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
2 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
3 「拝謁記」昭和天皇は「反省」していたか 改憲再軍備、沖縄切り捨ても
4 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
5 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
6 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
7 ジャニー喜多川社長の性的虐待問題を一切報じないマスコミ
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
10 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
11 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
12 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
13 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
14 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
15 山本太郎が安倍の対韓国強硬姿勢を「小学生並み」と批判した理由
16 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
17 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
18 『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『ワイドナ』の裏で、『サンジャポ』が吉本と安倍政権の癒着を批判
1安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄