能年玲奈の母親が“洗脳・引退”バッシングに反撃! BPO申し立てで大手芸能プロと癒着しウソを垂れ流すテレビ局の実態にメスが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nounenrena_150524.jpg
能年玲奈オフィシャルファンクラブ「くるぶし。」公式サイトより


「引退も洗脳も噓」「報道リンチ、本当に酷い」「玲奈が弱いものいじめに遭っている」

 再燃している能年玲奈バッシング報道について、他でもない能年玲奈の母親が「週刊文春」(文藝春秋)2016年6月9日号(リンク)に登場。真っ向からこんな反論を口にした。

 周知のように、この間、能年玲奈をめぐっては、独立したいとする能年に対し、所属事務所・レプロエンタテインメントが徹底的に仕事を干し上げ、飼い殺し。芸能マスコミを使って「演出家・演技トレーナーの滝沢充子氏に能年が「洗脳」されている」という情報をリーク。レプロは“芸能界のドン”バーニングプロの周防郁雄社長がバックについていることから、芸能マスコミも、その情報に乗っかって、能年に対するバッシング報道を繰り広げてきた。

 しかし、能年側がこれに屈することなく、あくまで独立の姿勢をつらぬくと、契約切れのこのタイミングで、マスコミは新たに「能年、引退へ」というバッシング報道を展開し始めたのだ。

 口火を切ったのは「週刊女性」(主婦と生活社)6月7日号。「能年玲奈、引退へ」と打ち、演技指導の滝沢氏の“洗脳”によりマネージャーに罵詈雑言を浴びせるなど能年の態度が変化。事務所が新しい仕事を入れようとしても拒否するなど暴走、いまも滝沢氏と同居しており、洗脳状態にある……などと能年側の非を一方的に書き立て、あげく事務所は法的手段も検討していると脅しをかけた。

 そして、この「週女」の報道を受け、スポーツ紙、ワイドショーは一斉に能年バッシングを展開したのだ。

 本サイトでも既報のとおり、5月24日放送の『ミヤネ屋』(読売テレビ)でも、宮根誠司が「芸能界はもちろんなんですけども、他の一般の会社にしてもそうですけども、事務所に内緒で自分で事務所を無断で作るというのは、これはひとつのルール違反ではありますよね。おそらく契約もあるでしょうし」と、ヤクザまがいの“芸能界の論理”を盾に能年を批判した。

 さらにひどかったのが『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)だ。先述の「週刊女性」の記者を登場させ、能年と滝沢氏の現在の関係についてこう解説してみせた。

「演出家の女性といま一緒に暮らしていまして、生活も、本当に仕事をこういう風に受ける受けないみたいなのも、どうも演出家の女性の言うことを聞いていると。我々の取材によると、能年さんの親も娘さんのことを心配して、『大丈夫なのか』と。『本当に一緒にいていいのか』みたいなことを説得したようなんですけども、彼女としては親の言うことも聞かないというか、そういうことにも耳を貸さず、現在も一緒に演出家の女性と生活しているって感じですね」

 しかし、能年の母親は今回の「文春」記事で、この『グッディ!』の報道、そのもとになった「週刊女性」の記事について、「全くのウソ」と反論した。

「玲奈が親の反対にも耳を傾けないで女性演出家と一緒にいるとかいう話。反対どころか『全然。大賛成やけど』って思いながら見ていました」
「そもそも『週刊女性』の人から今回取材は受けていないですし、どうしてこんなことを言われるのか、分からないですね。まず私は、玲奈が事務所を離れたいと思うならその気持ちを尊重したい。現に玲奈とはちゃんと連絡が取れています」

 また、能年が滝沢氏と同居しているとの報道についても、「玲奈はマンションで一人暮らしをしています。滝沢さんにはご自宅もありますし、同居なんてとんでもない」としたうえで、能年が滝沢氏に洗脳されているという報道を、こう否定した。

「(滝沢さんの言いなりで、新しい仕事を能年が拒否したというのは)そんなことないと思います。だって自分が一番、演技の仕事をしたいのにね。前に『絶対に玲奈は洗脳されへん。支配されるのは嫌いやもん』って言ってました」

 さらに、報道リンチのような状況ですが、という記者の問いかけに、母親としてのこんな思いを口にしたのだ。

「本当に酷い。関西ローカルの番組でも、好き放題言われてます。玲奈が弱いものいじめに遭っているように見えて、でもどうにも助けてあげられへんのが可哀そうで」

 独立騒動によるバッシングを受けている芸能人の母親がインタビューに応え、ここまで毅然と反論するというのは異例だが、だとすると注目は、これまでレプロ側のリークに乗っかってさんざん一方的な能年バッシングをやってきたワイドショーがいったいどう反応するのか、だろう。

 しかし昨日、つまり「文春」発売日のテレビをチェックしたところ、『グッディ!』『ミヤネ屋』はもちろん、『スッキリ!!』も『とくダネ!』も『ひるおび!』も『白熱ライブビビット』も、1秒たりともこの話題を放映しなかった。

 ベッキー騒動のときはあれだけ、「『週刊文春』によると」といったセリフを連発していたワイドショーが、ブンシュンのブの字も口にせず、能年母の反論を無視してしまったのである。

 大手事務所のお墨付きがあれば、あることないことを書き立て、犯罪者のようなバッシング報道を展開するくせに、その意向に反した記事は、どんな話題性のある問題でも報道せず、黙殺してしまう。ワイドショーの偏った姿勢、腐った体質がモロに出た形だが、しかし、今回は「黙殺」ですませることはできないかもしれない。

 というのも、能年母だけでなく、「洗脳した」と書き立てられた滝沢氏が、芸能マスコミを告発する動きを見せているからだ。「週刊文春」には、滝沢氏の弁護士のこんなコメントが掲載されている。

「『週刊女性』には発売直後に抗議書を送っています。ところが、フジテレビは新たに独自証言を裏取りもせずに放送しました。(中略)誠意ある対応が見られない場合は、BPO(放送倫理・番組向上機構)に対し、『放送による人権侵害の申し立て』を行うことも検討しています」

 そう。滝沢氏サイドはBPOに申し立てをすることまで示唆しているのだ。芸能関係者のBPO 申し立てというのはほとんど前例がない。それは、テレビ局やそのバックにいる大手芸能プロと真正面から事を構えたら、未来永劫、テレビの仕事を干されてしまう可能性が高いからだ。だから、芸能人や芸能関係者はいくら理不尽なバッシングを受けても、泣き寝入りするしかなかった。

 しかし、もしこの滝沢氏によるBPO申し立てが実現したら、大手芸能プロと癒着してバッシングをしているテレビ局の体質がはじめて白日の下にさらされる可能性がおおいにある。

「あの『文春』記事で、ワイドショーや女性週刊誌は真っ青になっています。一部のテレビ局では早速『しばらく能年問題に触れるな』というお達しが出たらしい。おそらく、バッシングはこれで止むんじゃないでしょうか」(ワイドショースタッフ)

 これまた、テレビの弱腰体質を露呈した感じだが、しかし、バッシング報道がなくなっても、能年玲奈の状況が改善されるわけではない。むしろ、レプロ=バーニングプロという芸能界の絶対的権力、テレビ局と真正面から事を構えてしまった事で、やはり、彼女がテレビから完全に干されてしまう可能性はますます高まったと言わざるをえないだろう。

 しかし、能年玲奈やその母親、そして滝沢氏にはこんな理不尽な圧力に負けずに、きちんと独立を勝ち取ってほしい。

 この時代、テレビなんかに頼らなくても、表現活動をする方法はいくらでもある。たとえば、小林幸子は一時、独立でテレビから干されながら、ネットやライブという独自の活動で人気を集め、見事に復活を果たした。今ではテレビのほうが彼女にすり寄っている状況だ。

 能年の才能があれば、小林どころではない、映画、演劇を中心にいくらでも活躍ができるだろう。あの存在感あふれる唯一無二の演技で、観客を魅了し、旧態依然たるテレビ局と芸能界の鼻をあかしてやってほしい。
(新田 樹)

最終更新:2017.12.05 10:19

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

能年玲奈の母親が“洗脳・引退”バッシングに反撃! BPO申し立てで大手芸能プロと癒着しウソを垂れ流すテレビ局の実態にメスがのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BPOのん新田 樹能年玲奈週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
2 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠璃、アトキンソンも
3 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
4 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
5 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
6 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
7 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
8 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
9 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
10 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
11 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
12 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
13 竹中平蔵が「収入が上がらない」という悩みに童貞差別的説教
14 菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
15 橋下徹が都構想で使った詐術を検証!
16 エイベックス松浦会長が「安倍さんでなくて菅さん」
17 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
18 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 「人の税金で大学に」麻生太郎の悪質性
1 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
2 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
3 「日本学術会議」菅首相が会見を開かずグループインタビューで批判封じ
4 菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
5 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
6 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
7 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
8 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
9 日本学術会議への不当人事介入は安倍政権時代から始まっていた
10 菅首相 学術会議の推薦名簿を「自分は見ていない」とトンデモ発言
11 菅首相と河野太郎行革相が学術会議を「行革対象」にして違法人事介入を正当化
12 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
13 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠璃、アトキンソンも
14 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
15 田崎史郎が『ひるおび』共演・柿崎首相補佐官就任で不機嫌に!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄