セブンもヤマダもディズニーもブラック!…2014年ビジネス記事PVランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
2014pvbestbusiness_01_150101.jpg

 先日よりお届けしているリテラ2014年ジャンル別PVランキング。今回は“ビジネス”をテーマに集計してみたのだが、先に結果を言ってしまうと、名うての“ブラック企業”が一堂に会することとなった。正月休みも昨日まで、月曜日である本日5日から出社という方も多いだろう。どんよりとした気分に拍車をかけるようで恐縮だが、希望もある。どうか最後まで読み通していただきたい。


★第1位 月収11万、自腹購入、枕営業 オシャレ業界のブラックすぎる実態

 きらびやかな美容師やアパレル系の仕事。だがそのオシャレイメージとは裏腹に、労働環境はかなりのブラックだ。「週刊金曜日」8月22日号の特集「夢とやりがいに潜むワナ キラキラ系業界の裏側」を紹介したこの記事。売上目標達成のため自腹で商品を買わなければならない、ゆえにキャバクラなどの副業を余儀なくされるアパレル店員、朝10時から夜11時までチラシ配りさせられる美容師、客を確保するために枕営業も……と、あまりに過酷な実態が描かれている。夢を追いかけているうちに「やりがい搾取」のターゲットに──詳しくは以下のリンク先をご覧いただきたい。
https://lite-ra.com/2014/08/post-405.html


★第2位 ブラック企業大賞「ヤマダ電機」問題がマスコミで報道されない理由

 ウェブ投票と有識者により選出される「ブラック企業大賞」。2014年の大賞に輝いたのが、家電量販店業界ナンバー1のヤマダ電気だ。主な受賞理由は、過重労働などにより自殺者が続出していること。だが、ヤマダ電気は、あのワタミフードサービスや、昨年すき家スト騒動で世間を賑わしたゼンショーHDなどと比べ、そのブラックっぷりがメディアで取り上げられることは少ない。なぜか? そこには“マスコミと大スポンサー”という関係がある。詳細は以下のリンク先で。
https://lite-ra.com/2014/10/post-544.html
 なお、ヤマダ電気の訴訟圧力を取り上げた続編もあるので、そちらもチェックしていただきたい。
訴訟圧力でブラック批判を黙らせるヤマダ電機に未来はあるか!?


★第3位 アムウェイにキラキラ・ロハス女子が急増中で新たな危険性を指摘する声

 ネットワークビジネス業界のトップに君臨する日本アムウェイ。日本に「マルチ商法」という言葉を広めた企業として知られており、ブーム時の90年代には強引な勧誘活動などが社会問題になったが、そんなアムウェイが近年、再び勢いを増してきているという。背景には、野菜ソムリエやエステティシャン、ヨガ講師など、オシャレな美容・健康コンテンツに誘惑された“キラキラ女子”たちの存在が。アムウェイビジネスに加入する女性の生の声を、ぜひ以下のリンク先で聞いてほしい。
https://lite-ra.com/2014/10/post-564.html


★第4位 秘密クラブ、洗脳、放射能…ディズニーランドの恐ろしい噂

 “夢の国”ことディズニーランド。本サイトではオープン当初から、そのひた隠しにされた内幕を暴露する記事を多数公開してきたが、この記事ではディズニーにまつわる6つの噂を検証。ディズニー批判すると本当に消される? 政財界人専用の秘密クラブが存在? スタッフは全員洗脳されている? 気になる検証結果は以下のリンク先をご覧いただきたい。
https://lite-ra.com/2014/08/post-363.html


★第5位 本部に追い込みかけられ…セブン-イレブンオーナーの自殺者が続出!

 本サイトは昨年、コンビニ業界最大手・セブン-イレブン・ジャパンによるフランチャイズ商法の闇を特集した。実はセブンの加盟店オーナーが自殺に追い込まれる事案は少なくない。一方的な契約打ち切りの恐怖、保険制度への加入強制、24時間年中無休なので夜中でも家族が犠牲に……「名ばかりのオーナー」に強いられる負担は相当なものだ。だが、これを報じるメディアは「週刊金曜日」ぐらいのもの。マスコミはセブンの広告や販売ルート支配によって沈黙せざるをえなくなっているのである。詳細は以下のリンクから。
https://lite-ra.com/2014/11/post-617.html

★第6位 加盟店に弁当を廃棄させて儲けるセブン-イレブンのえげつない経営術

 続いてもセブン-イレブン商法。その経営手法が、『まんがでわかるセブン‐イレブンの16歳からの経営学』(監修・セブン‐イレブン・ジャパン/宝島社)で明かされている。特徴的なのは、売れ残り商品の廃棄ロスよりも、少ない商品の発注が売上げを逃すロス(機会ロス)の回避を重視している点。ここには本部だけが得をするカラクリがある。なんと、商品の「廃棄ロス」分のロイヤリティも加盟店側が支払わねばならないというのだ。そのえげつない仕組みの詳細は以下のリンク先で。
https://lite-ra.com/2014/10/post-577.html
 なお、この記事はセブン-イレブン商法特集の第一弾として公開したものである。現在、リテラは第5弾(+番外編)まで公開しているので、以下のまとめリンクからじっくりと読んでいただきたい。
追及!セブン‐イレブン商法シリーズ


★第7位 早死にしやすい職業が判明! 美容師、SE、営業がなりやすい病気とは

 年金受給年齢が引き上げられ続ける昨今、誰もが少しでも長く会社から給与を得ていたいもの。だが、労働環境は生活習慣病に大きな影響を与える。『早死にする仕事、長生きする仕事 働き方を変えれば、寿命は10年延びる!』(古井祐司/マガジンハウス)によれば、美容師の空腹時血糖値は50代並みで、平均よりも糖尿病のリスクが非常に高い。電車やバスの乗務員もまた、20代で中性脂肪やコレステロール値が上昇し、心臓病や肝硬変を罹患する可能性が高まるという。こうした健康リスクはすべて自己管理できるものではない。シフト制や長時間労働などの環境が要因となる不可避的な構造を持つのである。詳しくは以下を。
https://lite-ra.com/2014/09/post-480.html


★第8位 ディズニーランド「ブラック労働」をごまかすための“洗脳”人材教育

 “ありのままで”いいのだろうか。東京ディズニーリゾートの過酷な労働実態が明るみになった。真夏の着ぐるみで熱中症で倒れる従業員が続出、悪天候によりショーやパレードが中止になれば事実上給料が支払われない、労災がおりず治療費は全額自己負担、などなど。こうしたブラックバイトの観点から、ベストセラーになった『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』(中経出版)などを読み返すと、そこにはとんでもないブラック洗脳の手法が隠されていたことがわかる。まさに「やりがい搾取」の典型だ。詳しくは以下のリンクから。
https://lite-ra.com/2014/08/post-385.html
 こうした恐ろしい人材教育システムを目の当たりにした本サイトは「検証!ブラックディズニーの恐怖」と題して特集を組んだ。是非ご一読願いたい。
(第二弾「殴られても笑顔!? ディズニーがバイトに強いる恐怖のホスピタリティ」
(第三弾「ディズニーのホスピタリティの正体は千葉のヤンキー文化だった!?」


★第9位 錦織選手に1億円!でも労働者には厳しい「ユニクロ」のブラック体質

 昨年、アジア初の男子テニスグランドスラム決勝に進出した錦織圭選手。スポンサーであるユニクロ(ファーストリテイリング)は大喜び。柳井正会長兼社長はポケットマネーから5000万円もの“ボーナス”を与えたという。だが、ファストリといえば、かつて新卒の2人に1人が3年以内に退職し、就業者の4割以上が鬱病などの精神疾患を患うなど、過酷な労働環境で知られている。その裏側には、グローバル経済のなかで「Grow or Die」を掲げる経営哲学が見え隠れしている。柳井会長は、昨年12月の学生向け就職セミナーで「ブラック企業ではない。サービス残業もなくなった」と明言したが、今後も監視が必要なことに変わりはないだろう。詳しくは以下のリンクから。
https://lite-ra.com/2014/09/post-450.html


★第10位 自業自得! ワタミを業績不振に追い込んだブラック経営の手口を振り返る

 昨年12月半ばに公開した記事ながら10位に食い込んだのは、さすがはワタミといったところか。ブラック企業の象徴として知られるワタミグループだが、14年下半期は2期連続となる大赤字。そこで本サイトは、『ワタミ・渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』(中村淳彦/コアマガジン)から、ブラック経営の手法を振り返ってみた。長時間の労働・拘束により抑うつ状態となって飛び降り自殺、個人事業主である宅食配達員のガソリン代や保険料は自腹、経営する学園の教職員たちには大減俸&無給でビラ配りなどを強制、と、凄まじいの一言に尽きる。詳しくは以下のリンク先をご覧いただきたい。
https://lite-ra.com/2014/12/post-717.html


 いかがだっただろうか。ご覧のとおりブラック一色に染められたランキングだったが、ワタミの例のように、そのブラック手口が知れ渡ったがゆえ経営不振に陥ったケースは存在するし、ブラックという評判を恐れて労働環境の改善をはかる企業も多くなった。どうか泣き寝入りせず、声をあげて、社会から不当な搾取と過労死を撲滅しよう。リテラもメディアとして、その一助となることを読者に約束する。
(編集部)


【リテラの“2014年いっき読み”PVランキングまとめ】
1日目 (ジャニーズ、吉高、AKBの“あの話”…2014年芸能記事PVランキング
2日目 (東山紀之も池上彰も反ヘイトの言葉!…2014年ネトウヨ記事PVランキング
3日目 (古舘の悲壮、朝日問題、テンパる百田…2014年メディア記事PVランキング
4日目 (AV、セクハラ、女性の敵議員…2014年“性の問題を問う”記事PVランキング
5日目 (セブンもヤマダもディズニーもブラック!…2014年ビジネス記事PVランキング)
最終日(さすがの安倍首相! あの蛭子さんからダメ出しも…2014年政治記事PVランキング

最終更新:2017.12.09 04:37

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ブラック企業を許さない!

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

セブンもヤマダもディズニーもブラック!…2014年ビジネス記事PVランキングのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。セブン-イレブンディズニーブラック企業ランキング編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 百田尚樹のハラスメント攻撃にダレノガレが「指がもげるよ」
2 辺野古土砂投入から1年、Coccoが新曲に込めた思い、村本の漫才との共通性
3 NHK新会長に安倍人脈の前田晃伸みずほ会長が抜擢された裏!
4 『ひるおび!』と恵は菅官房長官応援団!「桜を見る会」問題で露骨な菅擁護
5 世耕の不当イチャモンで『報ステ』に謝罪させたテレ朝上層部の愚
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 『THE MANZAI』ウーマン村本がこだわった「透明人間」たちの思い
8 菅官房長官「政府支援で高級ホテル50カ所に新設」に非難殺到
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
10 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
11 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
12 消費増税で景気が東日本大震災直後に次ぐマイナスに!
13 安倍が国会閉会会見で「桜を見る会」に自分から触れず! 会見は出来レース
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
15 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
18 安倍政権が「桜を見る会」ごまかしで「反社の定義は困難」の閣議決定
19 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
20 自民党がネトサポに他党叩きを指南
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄