【追及!セブン‐イレブン商法 第1弾】

加盟店に弁当を廃棄させて儲けるセブン-イレブンのえげつない経営術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
seveneleven_01_141025.jpg
『まんがでわかるセブン‐イレブンの16歳からの経営学』

 国内約1万7000店を超えるコンビニエンスストア業界最大手のセブン-イレブン・ジャパン(以下、セブン)。その経営術が、セブンのマンガコーナーでも売っている『まんがでわかるセブン‐イレブンの16歳からの経営学』(まんが・迫ミサキ 監修・セブン‐イレブン・ジャパン/宝島社)にまとめられている。

 同書によると、約40年たゆまず成長を続けるセブンの強さの秘密が「顧客志向の商品開発力」と「発注」だという。

「顧客志向の商品開発力」とはたとえば、2013年1月に登場して1年で4億5000万杯以上売れるという大ヒットしたセブンカフェだ。セブンカフェは「開発担当者が『自分が毎日飲みたいコーヒー』の質を追求して生まれた」ものだという。

 また、「発注」とは「店舗で売る商品を本部の情報ネットワークを介してメーカーや取引先に注文すること(略)顧客が欲しい商品をいかに発注するかで売上げは大きく変わってしまうからだ」(同書より)

 ここまではまあ、どの小売業にも共通する話だ。しかし、セブンイレブン商法が特徴的なのは、売れ残った商品の廃棄で生じる損失(廃棄ロス)よりも、商品の発注が少なすぎて売上げを逃すロス(機会ロス)を避けることを重視している点だ。

「多くの場合、経営者は、廃棄ロスばかりを気にかけてしまいがち。だから廃棄ロスがゼロとなる『完売』だと万々歳となるお店は多い。だが、セブン‐イレブンの考え方は違う。完売は顧客にとって、その商品を買えないことを意味する。顧客は別の店に商品を探しに行くか、購入を諦めるしかない。(略)このような売り手の満足は、顧客にとっては不満足だと考える必要があるわけだ。セブン‐イレブンが目指すのは廃棄ロスではなく機会ロスの最小化である」(同書より)

 つまり、売れ残ってでもいいから、品物を売り切れ状態にするな、というのである。

 びっくりするような経営哲学だが、たしかにこのやり方がセブン本部を成長させたというのは事実だ。しかし、それは同書に書かれている「機会ロスの最小化」が客を呼び込んでいるというようなきれいな話ではない。実は、この経営哲学の裏には、加盟店を食い物にし、本部だけを太らせていくコンビニ独特の会計学、フランチャイズシステムを利用した詐欺まがいのカラクリがあるのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

非情な社長が「儲ける」会社をつくる 日本的経営は死んだ!

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

加盟店に弁当を廃棄させて儲けるセブン-イレブンのえげつない経営術のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。企業哲学小石川シンイチ追及!セブン‐イレブン商法の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
2 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
3 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
4 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
5 官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の指示
6 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
7 『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
10 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
11 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
12 久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
13 小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
14 安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
15 「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
16 杉田水脈事務所が本サイトに抗議! フィフィさんは大はしゃぎしてない
17 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
18 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
19 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
20 大震災を予言した霊能師の幻の書
1小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
2河井克行・案里事件で検察の捜査が安倍首相の地元事務所も捜査対象に
3安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
4橋下徹の政権批判はポーズ!安倍首相とAbema対談でアシスト
5小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
6検品したアベノマスクにまだ「虫」が…作家で医師の海堂尊が画像公開
7「安倍さんからと言われた」河井前法相から現金を受け取った町議が証言!
8「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
9フジ産経の世論調査のインチキは“架空回答”だけではない!そのペテン手口
10 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
11 “フジのスシロー”平井文夫解説委員の安倍擁護は“本家”田崎史郎より酷い
12吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
13安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
14東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
15河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
16マスコミはなぜ水原希子への差別攻撃を放置するのか!
17大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
18小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
19『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
20久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄