早死にしやすい職業が判明! 美容師、SE、営業がなりやすい病気とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hayajini_140921.jpg
『早死にする仕事、長生きする仕事 働き方を変えれば、寿命は10年延びる!』(古井祐司/マガジンハウス)

 テレビの健康番組や週刊誌が日々必死に訴えている、生活習慣病の脅威。しかし、20・30代の人の多くは、「まだまだ先の話」と受け流しているのが実情ではないだろうか。ところが生活習慣病とはその名の通り、日々の食生活や習慣の蓄積によって発症するもの。さらにいえば、生活習慣病に大きな影響を与えるのは仕事環境。職種ごとに罹患しやすい病気も異なるという。

『早死にする仕事、長生きする仕事 働き方を変えれば、寿命は10年延びる!』(古井祐司/マガジンハウス)によると、早ければ20代から健康診断時の数字として表れてくる職種もあるのだという。一体どんな職業がどんな病気のリスクを抱えているというのだろうか?

 たとえば、美容師。オシャレや体型に気を使い、健康的なイメージが強いが、実は意外なリスクを抱えているのだとか。従業員の平均年齢は26歳と若く、見た目にも痩せている人が多かったという某企業。その一方で、空腹時の血糖値の平均は、なんと50代並み! つまり、平均よりも糖尿病のリスクがとても高いのだとか。

 これは、閉店後に技術練習をするという美容師の労働環境が大きく関与しているという。帰宅時間が遅く、必然的に夕食が遅くなること。夕食が遅い時間だったために、胃がもたれて朝食が食べられないこと。また、接客に追われて昼食を食べ損ねることもしばしばで、空腹を満たすために糖分の入った清涼飲料を摂取することが多い……といった習慣が要因と考えられている。

 美容師同様、20代のうちから体調の異変が数字に出るのは、電車やバスの乗務員だ。20代という若さなのに、中性脂肪やコレステロール値が上昇し、肝機能値も悪化する傾向が強く、心臓病や肝炎、肝硬変を罹患するリスクも高まるという。

 これも乗務員の「環境」が影響している。乗務員は多くの場合、シフト制。当然ながら乗務前には禁酒で、お腹の調子を崩さないように水分もなるべく摂らないという人も多いのだとか。その反動なのか、業務後は同僚と食事に出かける人が多く、シフトの関係上、次の勤務まで時間があるので、食事や飲酒の時間が長くなりがち。そうすると、摂取カロリーや飲料量も多くなり、前述の各数値が悪化するという悪循環が生まれているのだ。この現象は乗務員に限らず、工場勤務といった製造業やシフト制を敷いている企業で多くみられるそう。

 業務自体が体の異変に関係しているのは、SE(システムエンジニア)だ。彼ら/彼女たちが抱えるリスクは「高血圧」。仕事柄「継続して集中力と緊張感を強いられるのでストレス度が高く」、自律神経の中でも交感神経が優位になるため、血圧が上がりやすいのだそう。デスクワークで血流が鈍くなるため、肩こりなども重症化しやすい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

早死にする仕事、長生きする仕事 働き方を変えれば、寿命は10年延びる!

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

関連キーワード

早死にしやすい職業が判明! 美容師、SE、営業がなりやすい病気とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。江崎理生習慣職業の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
2 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
3 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
5 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
7 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 稲田防衛相はレイシストと蜜月と最高裁が
12 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
15 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
16 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
17 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
18 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
19 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
10蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄