パソナの女性社員が経営幹部の“セクハラ”を告発! ASKAの愛人・栩内被告も同じ目に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
pasona_150327.jpg
「実話BUNKAタブー」(コアマガジン)4月号より


 宮城県大衡村の村長に大阪の海遊館、同志社大学教授と、このところセクハラ事件が頻発している。しかし、一方では、セクハラ疑惑がささやかれながら、なんの告発もされずにいる会社もまだまだたくさん存在する。

 政界にも太いパイプをもつカリスマ経営者・南部靖之社長が創業し、竹中平蔵元総務相を取締役会長に据えた人材派遣業界の大手「パソナ」もそのひとつだ。パソナといえば、ASKA覚醒剤事件(2014年5月)で、ASKAと一緒に逮捕された愛人の栩内香澄美被告(2015年1月13日、東京地方裁判所は懲役2年執行猶予3年の有罪判決を言い渡した)が南部社長の秘書で、ASKA容疑者と知り合ったのが、同社の“VIP接待の館”「仁風林」であったことが明らかになった。この“VIP接待の館”でのパーティには政治家や大物官僚などが出席していたことも報道され、栩内被告が性的接待をしていたかのような記事も多数出回った。

 それまで、パソナは「働く女性を応援する」「女性の味方」企業と思われていただけに事件の衝撃は大きかった。だが、結局、パソナそのものは何の告発もされずに現在に至っている。

 しかし、ここにきてそのパソナでかなり具体的なセクハラ疑惑がもちあがっている。「実話BUNKAタブー」(コアマガジン)4月号が「元社員が告発! 人材派遣大手パソナ社内で繰り広げられたセクハラ実態」と題して、同社の元女性社員たちの告発を掲載しているのだ。

 この元女性社員たちは金澤さん(仮名)、沢木さん(仮名)、伊藤さん(仮名)の3人。全員、パソナグループのなかでも中核となる企業「株式会社パソナ」の営業部所属だった。入社年度は明らかにされていないが、派遣社員ではなく、派遣先企業を開拓する正社員として採用されたエリート。ところが、すぐに同社を辞めている。告発者のひとり、金澤さんは記事の中でその理由をこう語っている。

「パソナは本当に異常すぎる会社です。同期の3割以上は辞めてしまって、私たちも1年もちませんでした」

 その「異常」のひとつが常軌を逸したセクハラだった。営業部の仕事は飛び込み営業の日々で、成功するとポイントが加算されるのだが、入社半年後、ポイントが高い新入社員が営業を管轄する常務執行役員主催のご褒美の焼肉パーティに呼ばれたのだという。常務は46歳にして会社のナンバー3、「仕事のことでアドバイスもあるのだろうと思って、メモ帳も持っていったけど、なんか雰囲気が違っていた」(金澤さん)。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

しない・させない・まねかない セクハラ・パワハラ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

パソナの女性社員が経営幹部の“セクハラ”を告発! ASKAの愛人・栩内被告も同じ目に?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ASKAハラスメントパソナブラック企業小石川シンイチの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
4 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
5 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
6 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
7 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
8 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
9 武藤は蛭子さんの反戦論を聞け
10 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
11 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
12 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
13 岸田首相息子のフジ女性記者へのリーク疑惑で「まるで『エルピス』」の声!
14 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
15 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
16 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
17 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
18 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
19 昭和天皇の末弟が日本軍の南京での行為を「虐殺以外の何物でもない」
20 村上春樹が『騎士団長殺し』『猫を棄てる』に込めた歴史修正主義批判
1細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
3「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
4夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄