【検証!ブラックディズニーの恐怖 第2弾】

殴られても笑顔!? ディズニーがバイトに強いる恐怖のホスピタリティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
disney2_011_140823.jpg
ディズニー“ホスピタリティ本”ブーム(左から『新装版 ディズニーランドのホスピタリティ』長崎出版/『ディズニー式 サービスの教え』宝島社新書/『ディズニーの現場力』かんき出版)


『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』(福島文二郎/中経出版)をはじめ累計100万部を超えた『9割がバイト』シリーズ3部作。前回は、そこで紹介されたディズニーリゾートの教育メソッドがブラック企業の手口そのものだということを指摘した。
 
 中でも「すべてのゲスト(客)にハピネスを提供する」「すべてのゲストはVIPである」というディズニーのホスピタリティ・マインドが、キャスト(社員のほか、9割はアルバイトやパートといった“準社員”)に多大な負荷をかけているということも明らかにした。

 だが、そんなことはおかまいなしに、ディズニーのホスピタリティを称える言説は世の中にどんどん広がっている。同シリーズの後も、ディズニー関係者によるホスピタリティ本が次々と発売され、今やその数は二十冊以上にも及ぶ。

 そこに書かれているのは、「ホスピタリティ」という名の下に過剰なサービスやとんでもない無理難題への対処を強いられているバイトの姿だ。

 たとえば、『ディズニー式 サービスの教え』(小松田勝/宝島社新書/2012年)。ディズニーでは、キャストの前では、ディズニースマイルという笑顔を忘れてはならないとされているが、同書によれば、ゲストに殴打されても“笑顔”でいることが最高のホスピタリティだというのだ。

「(83年の)オープンしてすぐのことでした。東京ディズニーランド最大のレストラン『トゥモローランドテラス』で、短大を卒業したばかりの女性キャストがレジを担当していました。そこへ年配の男性ゲストがやってきました。どのアトラクションも2時間以上待たなければならなかったので、先に食事をしようとその店舗にやってきたのです。しかし、そこでも1時間近く待たされたため逆上してしまい、彼女の髪の毛をつかみ、頬を叩いたのでした。店内は壁際までゲストが並んでいる状況で、先輩キャストがフォローすることもできませんでした。
 彼女はそのとき、目に涙をためて笑顔で謝罪しながらオペレーションを続けたのでした。後日、彼女にそのことを聞いたとき、『こちらが悪いので、ゲストが怒るのもわかります』という答えが返ってきました。
 当時、教育担当だった私は、『まだ20歳の社会人になったばかりの若い女性スタッフが、なぜここまでできるのだろう』と感動を覚えました」

 小松田氏は80年代にディズニーランドの教育訓練システムの開発に携わったという人物だが、本気でこんなことがホスピタリティだと考えているのだろうか。暴行を受けてもひたすら謝罪し、服従するというのは、もはや奴隷労働ではないか。実際、普通の会社なら、上司がきちんと暴行を制止してその客を追い出すか、場合によっては警察に通報するなどの対処をするだろう。ところが、小松田氏はそういう対処を一切せずに、謝罪し続けたキャストに感動して「これこそホスピタリティ」と称えるのだ。

「ディズニーランドは『夢と希望』をキャストも感じる舞台です。ディズニーランドでアルバイトを始めたばかりのキャストでも、ディズニーの一員として『夢の舞台を支えている』という意識を持てる環境があることで、プロのサービスを提供できるまでに成長するのです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

殴られても笑顔!? ディズニーがバイトに強いる恐怖のホスピタリティのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ディズニーブラック企業松井克明の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
2 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
3 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
6 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
7 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
8 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
9 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
10 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
11 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
12 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
13 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
14 川島なお美が近藤誠の診断を告発
15 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
16 NHK大越更迭の裏に官邸と御用記者
17 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
18 それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
19 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
4五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
5菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
6感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
7 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
8五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
9五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
10南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
14組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
16感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
17五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄