ワセダクロニクル「吉田調書報道の真実」後編

封印された朝日吉田調書報道の“続報”とは……検証を続け、新事実を明かした元特報部記者たちに朝日新聞が圧力、記事の削除要求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
封印された朝日吉田調書報道の続報とは……検証を続け、新事実を明かした元特報部記者たちに朝日新聞が圧力、記事の削除要求の画像1
2014年9日12日付の朝日新聞朝刊1面には深々と頭を下げる木村伊量の写真が掲載された (C)Waseda Chronicle


 朝日新聞が福島第一原発の吉田昌郎所長(当時)の政府事故調査委員会による聴取録をスクープするも、取り消し・謝罪し、なかったことにしてしまった原発「吉田調書」記事取り消し事件。今回、リテラは9年目の3.11に、朝日でその吉田調書記事を担当していた木村英昭と、やはり特報部に所属していた渡辺周が立ち上げた探査ジャーナリズムNGO「ワセダクロニクル」による検証レポートをお届けしている。前編では、報道が誤報ではなかったにもかかわらず、朝日新聞が記事を取り消した裏で、幹部たちがまったく矛盾した発言をしていたことが明らかにされた。

 記事が出てから3カ月半後の2014年9月11日、木村伊量社長が突如、吉田調書報道の記事を取り消し、全面謝罪をしたのだが、その1カ月後、社内向け説明会で経営・編集幹部が口にしたのは、むしろ朝日の慰安婦報道問題をめぐる対応を批判した池上彰のコラムを不掲載したことだった。なんと説明会に出席した幹部6人中、4人が「吉田調書や慰安婦報道より池上彰のコラム不掲載が問題」という認識を明かしたのだ。

 だとしたら、幹部たちはなぜ、吉田調書報道だけを矢面に立たせ、記事を取り消したのか──。後編ではその不可解な意思決定の裏側と封じ込められた続報、そして、騒動から5年経った昨年末、朝日新聞が吉田調書問題を検証している元記者たちの所属する「ワセダクロニクル」に、圧力をかけていた事実をレポートする。
(編集部)

●池上彰の朝日批判コラムを不掲載にしたのはやはり木村社長だった

 木村伊量は社長を退任後、『文藝春秋』2018年2月号に手記を寄せた。この号の特集は「私は見た!平成29大事件の目撃者」。木村伊量の記事は「朝日前社長初告白『W吉田誤報』の内幕」というタイトルだ。「W吉田誤報」とは、慰安婦報道での「吉田清治証言」と、福島第一原発の吉田昌郎所長の「吉田調書報道」の双方を指している。

 木村伊量は、ここで真実を告白する。その理由についてはこう書いた。

「当時の経緯やトップとしての判断を、できるだけ正確に書き残すことは、やや大げさなもの言いをするなら、歴史に対する責任ではないか、という思いが去来してもおりました。社を退いて三年。それなりの時間が経過したこともあり、今回、編集部の求めに応じたしだいです」

 そして、池上コラムが不掲載になった理由について書く。

「池上コラムの不掲載については「一読して『役員全員で検証記事のトーンを決めたのに、『おわびがない』という一点をもって検証記事の意味はなかったと言われ、読者の不信を買うようなら、ぼくは責任をとって社長を辞めることになるよ』と、かなり厳しい調子でコメントしたと記憶しています」

 木村伊量は「社長を辞めることになる」「かなり厳しい調子でコメントした」と言ったことを自ら認めたのだ。 2014年9月12日の記者会見の内容とは異なるものだ。記者会見では、池上コラムの不掲載を支持したわけでなく、「感想を述べただけ」と説明していた。木村伊量は、ウソをついていた。

 池上コラムの不掲載は社長の木村伊量が決めたことで、社内外の批判は最高潮に達していた。その批判の嵐が社長を直撃しないように、朝日は吉田調書報道を「生贄」として差し出したのだ。

 しかし、そのことに良心の呵責を感じたのか、杉浦ら役員たちは「一連の問題」で吉田調書報道ではなく、池上コラム不掲載が一番問題だと吐露したのではないか。あの社員説明会には、社長の木村伊量は出席していなかった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

封印された朝日吉田調書報道の“続報”とは……検証を続け、新事実を明かした元特報部記者たちに朝日新聞が圧力、記事の削除要求のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ワセダクロニクル吉田調書朝日新聞木村英昭東日本大震災渡辺周福島原発事故編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
3 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
4 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
5 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
6 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
7 吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
8 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
13 『報ステ』古舘が安倍に最後の反撃!
14 近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
15 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
16 吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
17 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
18 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
19 大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
20 フジ系『最高のオバハン』が結婚詐欺師の名を小室氏と一字違いの「小室敬」に
1東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
2吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
3 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
4大阪で相次ぐ救急搬送拒否も吉村知事はスタンドプレー 滋賀県へ要請でも
5安倍晋三「朝日の捏造体質は変わらない」発言に「お前が言うか」と非難殺到
6吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
7大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
8大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
9 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
10 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
11市長選で優勢 河村たかし市長との焼肉会食をリコール不正渦中の事務局長が
12東京五輪組織委が看護協会に「看護師500人動員」を要請する横暴!
13菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
14緊急事態宣言発出で菅首相がついた大嘘 バッハシフトを追及する質問は無視
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16フジ系『最高のオバハン』が結婚詐欺師の名を小室氏と一字違いの「小室敬」に
17コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄