ワセダクロニクル「吉田調書報道の真実」前編

「吉田調書」を報じた朝日新聞特報部元記者らが改めて検証! 誤報ではない「吉田調書報道」をなぜ朝日新聞は自ら葬り去ったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「吉田調書」を報じた朝日新聞特報部元記者らが改めて検証! 誤報ではない「吉田調書報道」をなぜ朝日新聞は自ら葬り去ったのかの画像1
朝日新聞デジタル「特集・連載:吉田調書」より


 東日本大震災から9年、あれだけの被害を引き起こしたにもかかわらず、メディアには福島第一原発事故の真相を究明しようという動きはほとんど見られなくなった。そしてかわりに、『Fukushima50』のような安直な英雄譚映画が上映され、福島原発事故はただの「原発所員が日本を救った感動物語」にすりかえられようとしている。

そんななか、リテラでは今回、朝日新聞の「吉田調書報道」の問題を取り上げることとした。吉田調書報道とは、福島第一原発の吉田昌郎所長(当時)の政府事故調査委員会による聴取録を朝日新聞がスクープ。その第1回目で、吉田所長の待機命令にもかかわらず、福島第一原発所員の約9割が第二原発に撤退してしまったことを報じたものだ。

だが、この吉田調書報道は、“第一原発の所員を誹謗・中傷した誤報”として批判を浴び(ちなみに批判の火付け役は映画『Fukushima50』の原作者・門田隆将である)、従軍慰安婦報道とともに朝日新聞バッシングの餌食となった。その結果、朝日は記事を取り消して謝罪。この記事を担当したのは、朝日新聞が本格的な調査報道に取り組むために立ち上げた特報部という部署だったが、その特報部も事実上、解体してしまった。

 しかし、この吉田調書報道は本当に取り消されるような「誤報」だったのか。当時、吉田調書の存在は内密にされており、朝日の報道がなければ調書そのものが表に出ることはなかっただろう。しかも、のちに正式に公表された吉田調書を見ると、朝日の報道とのズレがあるとはまったく思えなかった。にもかかわらず、朝日新聞社上層部はなぜこの重要な報道をなかったことにしてしまったのか。

実は、朝日新聞特報部でこの吉田調書報道を手がけた木村英昭記者は、同じく特報部所属の渡辺周記者とともにこの朝日の記事封殺の姿勢を批判して同社を退社。探査ジャーナリズムNGO「ワセダクロニクル」を立ち上げている。そして、あらためて吉田調書報道とその後の朝日社内の動きを取材。「ワセダクロニクル」のウェブサイト(https://www.wasedachronicle.org)で同サイトの編集長もつとめる渡辺周名で「葬られた原発報道」というレポートを連載している。

 今回はこの渡辺周、木村英昭が所属する「ワセダクロニクル」取材班に改めて、吉田調書報道とその後に何が起きたかについてのレポートを依頼した。それは、放置された原発事故の事実に迫ると同時に、この国のメディアの内実を暴露するものでもある。前後編に分けてお送りするので、ぜひじっくり読んでほしい。
(編集部)

●福島第一原発から最も多くの放射性物質が漏出した3月15日にいったい何が起きていたのか

 福島原発事故で、最も多くの放射性物質が原発から外に出たのはいつか。大地震から4日後の2011年3月15日午前9時だ。毎時1万1930マイクロシーベルトという桁違いの線量を記録した。この日に何があったのかを報じたのが、朝日新聞の吉田調書報道だ。

 未明、衝撃音が発生する。前夜から核燃料が入っている2号機の格納容器が壊れるかもしれないという見方が広がっていたところに衝撃音だ。壊れれば所員が大量に被曝してしまう。東電は、第一原発から10キロ離れた隣町の「第二原発」へ「撤退」することにした。

 ところが、格納容器が壊れているのではなく、圧力を計測する装置が故障しているだけかもしれないという情報が東電本店から届いた。吉田所長は「2号機の格納容器は壊れていないかもしれない」と考えを変えた。格納容器が壊れていないのなら第二原発に撤退する必要はない。720人の所員が引き続き原発事故の対応にあたれる可能性がある。

 午前6時42分、吉田所長は福島第一原発の所員約720人に「命令」する。
 
「所員たちは第一原発の敷地内の放射線量の低いところにとどまって待機するように」

 吉田所長は第二原発に撤退してしまわずに、第一原発に残るよう命じた。ギリギリでチャンスを見出した。

 ところが吉田所長が見出したチャンスは生かされなかった。吉田所長の命令とは裏腹に、720人のうちの約9割にあたる650人が、第一原発を離れて第二原発に行ってしまったのだった。

 650人の所員がいなくなった。午前9時、第一原発正門付近で毎時1万1930マイクロシーベルトを記録する。その後も、高い放射線量が継続的に放出されていく。

もし650人が所長の待機命令通りに第一原発にとどまり作業にあたっていたら──。そのことはいまだに検証されていない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「吉田調書」を報じた朝日新聞特報部元記者らが改めて検証! 誤報ではない「吉田調書報道」をなぜ朝日新聞は自ら葬り去ったのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Fukushima50ワセダクロニクル吉田調書朝日新聞木村英昭東日本大震災渡辺周福島原発事故編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
2 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
3 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
4 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
5 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
7 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
8 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
9 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
10 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
11 香港の国家安全法制報道で安倍応援団の「デマ認定」フェイクに本田圭佑が
12 小籔だけじゃない、おかずクラブや尼神インターも政府PR
13 倒産したジャパンライフと安倍側近
14 区立中学の性教育に自民党が圧力!
15 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
16 三原じゅん子の演説がカルトすぎる!
17 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
18 田崎史郎のいない素晴らしい世界
19 大新聞が光通信の名前を伏せ字に
20 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
1菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
8菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
9菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
10総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
11ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
12大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
13台風を理由にテレビ討論欠席も菅官房長官は“災害対応おざなり”の常習犯!
14小泉今日子が怒りの反論「共産党から出馬」ガセ情報は内調の仕掛けか
15大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
16菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17『スシローと不愉快な仲間たち』11 「ほんこんおもんない」が証明したもの
18日産への政府保証1300億円は「半沢直樹」のモデル日本航空の倍!
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄