これでも槇原敬之は立件されるのか? 尿検査本鑑定でもシロ、父親に「僕はやってない」…警察に都合の悪い事実は報じないマスコミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

マスコミのせいで「警視庁組対5課は完全に調子に乗っている」

 いずれにしても、覚せい剤の使用と所持であげようと思って、徹底的にガサ入れしても、出てきたのは沢尻と同じように、たいして悪質性のない以前は合法だった危険ドラッグだけだったのだ。しかも、父親の証言によれば、槙原は沢尻と違って、自供していない可能性が高い。

 実際、法律の専門家の間では、もし槙原が自供していないなら、不起訴、あるいは裁判で無罪という可能性も十分あると指摘されている。

 いや、仮に槙原が起訴されたとしても、警察が違法捜査をしていたことには変わりはない。繰り返すが、別件捜査は完全な違法捜査であるうえ、逮捕容疑は2年前にパートナーA氏の単独所持として片付けられている事件なのだ。それを持ち出すなんて、とても法治国家のやることではない。

 こんなことが通用したら、警察は自分たちがターゲットにするだけで誰でも犯罪者に仕立て上げられることになる。たとえば、もし警察があなたを逮捕したいと思ったら、警察はあなたを恨んでいる人間にまったく身に覚えのない覚せい剤所持を証言させ、それだけを理由にガサ入れすればいい。ガサ入れで覚せい剤は出てこなくても、合法時代に買った危険ドラッグが残っていたり、PCのなかに以前、違法ダウンロードしていた画像などが残っているかもしれない。それで、あなたは立派な犯罪者の仲間入りだ。

 そういう意味では、いま、警察がやっている違法捜査は、たかだか一芸能人の薬物使用よりもずっとやばい話なのだ。

 ところが、マスコミはこの間、この異常な逮捕に対してまともな批判は一切をせずに、槙原がいまも薬物中毒であると決めつけ、糾弾してきた。

 そして、冒頭で指摘したような、尿検査が本鑑定でもシロだった事実や、槙原自身が薬物使用を否定していることがわかっても、マスコミはほとんど報じていない。

 まったくその警察べったりぶりとご都合主義には呆れるが、こうしたマスコミの姿勢こそがいまの警察の強引な薬物捜査をつくりだしたともいえる。薬物捜査に詳しい全国紙社会部記者が「組対5課は完全に調子に乗っている」として、その理由をこう解説する。

「組対5課が薬物捜査の手法をどんどんエスカレートさせたのは3〜4年前からで、ASKAのときや沢尻エリカのときは逮捕後に警察のやりすぎとしか思えない問題が噴出した。ところが、マスコミ、とくにワイドショーはその部分を一切批判せずに、むしろ逮捕された芸能人のほうを叩き続け、世論もそっちに流れた。あれで、組対5課が味をしめてしまったんですよ」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

これでも槇原敬之は立件されるのか? 尿検査本鑑定でもシロ、父親に「僕はやってない」…警察に都合の悪い事実は報じないマスコミのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ASKA不当逮捕林グンマ槇原敬之沢尻エリカ薬物警視庁組対5課の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
2 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
3 産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者
4 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
5 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
6 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
7 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
8 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
9 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
10 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
11 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
12 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
13 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
14 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
17 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
18 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
19 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
20 安倍首相がプーチンに贈った“失笑ポエム”
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
11菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
15菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
20産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄