まだ続く宮迫バッシングの異常! 一方、吉本上層部の責任はなかったことに…加藤浩次、ロンブー淳らを取り込み、批判封じた松本人志の罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
まだ続く宮迫バッシングの異常! 一方、吉本上層部の責任はなかったことに…加藤浩次、ロンブー淳らを取り込み、批判封じた松本人志の罪の画像1
YouTubeで活動を再開した宮迫博之


 本末転倒、付和雷同──。宮迫博之に対するメディアの反応を見て、こんな四文字熟語が口をついて出た。何しろ、宮迫がYouTubeで活動を再開するや、ネットで「嘘くさい」「復帰すんな」「そのまま引退しろ」とヒステリックな罵倒が飛びかっただけでなく、ワイドショーやスポーツ紙までが一斉にこんな調子で宮迫を叩きまくったのだ。

「きちんと手順を踏んだロンブー亮の誠実な姿勢とは対照的」「吉本興業との話し合いも解決していないのに身勝手」「迷惑をかけたテレビ局をないがしろにしてYou Tubeで復帰は筋違い」「ロンブー亮の復帰前日はおかしい」

 驚いたことに、タレントや芸人仲間たちからも一斉に宮迫批判が飛び出した。「(宮迫からYouTubeの)報告はあったが相談ではなかった」と責任逃れをしつつ「さんまさんのところにお世話になっているわけやし、オレが何を言う立場でもない」と突き放した松本人志を筆頭に、「順番として」「会社とちゃんと話をしてまとまってから」と説教した 岡村隆史、さらには、一時、吉本に反旗を翻していたはずの加藤浩次までがロンブー亮の復帰トークライブの前に宮迫がYouTubeデビューしたことを問題視し「ちょっとこれがあるのに宮迫さんなんで?って…」などと苦言を呈していた。


 まさに袋叩き状態。たしかに、宮迫のYouTube戦略はズレてる印象は否めないが、だからといってここまで寄ってたかって叩くような話なのか。改めて言っておくが、宮迫がやったことは、反社会勢力のパーティにそうとは知らないで出席し、ギャラをもらったもののそれを言い出せず隠していたというもの。批判されたり一時的に謹慎するのはやむをえないとしても、あれから半年以上経ってなお、許されないというほどの話ではないだろう。

 テレビや舞台でなくYouTubeで活動を再開したことも批判の対象になっているが、それこそ復帰を許されていないから、YouTubeを選んだだけではないか。

 だいたい政界では、暴力団関係者から献金を受けたことがわかっている安倍内閣の武田良太大臣がいまも辞任することなく、全国の警察を統括する国家公安委員長の職にとどまっているのだ。そのことには何も文句を言わないのに、なぜ宮迫だけこんなバッシングを受けなければならないのか。

 この騒動で一貫して正論を口にしていた数少ない芸人のひとりであるカンニング竹山が今回も『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ、1月29日放送)で、「思ったんですけど、我々は何に怒ってるんだろうかって、なぜ宮迫さんはこんなことになってんのかなって、なぜテレビに出られないのかなって、なぜ排除の方向に……。元のこと(闇営業)はわかりますよ、でもここまで引っ張ってやることなの? 我々は。世間もね。普通に出しちゃったほうがいいんじゃない。観たくない? ちょっと異常すぎないか、やってること。何に怒ってるの、いったい」と憤っていたが、そのとおりだろう。

 しかも、呆れたのが、ワイドショーでは「吉本興業に迷惑をかけたのに」「吉本興業と話し合わないうちに復帰はおかしい」とかいう批判まで飛び出していたことだ。

 おいおい。いつから吉本興業は被害者になったのか。みんな忘れてしまったようなので、これまた振り返っておくが、吉本興業はあの闇営業事件で、積極的に事件を隠蔽した“共犯者”なのだ。

 まず、最初の隠蔽は、吉本興業が6月6日夕方に「調査の結果、金銭授受はない」と嘘の発表をし、宮迫らを厳重注意処分で済ませたことだ。

 吉本サイドや御用マスコミはこれを「ヒアリングしたのに、宮迫らが嘘をついたため」「吉本興業に責任はない」などと話をすり替えているが、いくら芸人たちが口裏を合わせても、11人もいるのだから、吉本が徹底調査をしていれば、どこかで証言に綻びや矛盾が出てきて嘘が判明したはずだ。

 また、仮に芸人たちが口を割らなかったとしても、ネットでさんざん指摘されていたように、芸人が金ももらわず、あんなサービスをするわけがないのは、マネジメントのプロである吉本がいちばん知っていたはず。にもかかわらず、吉本がすぐに「調査の結果、金銭授受はない」としたのは、多大な損害が生じる番組降板や謹慎を避けるために、嘘を知りながら、それに乗っかったとしか思えない。

 そして、宮迫と亮が会見で明らかにしたように、彼らがすぐに「金銭を受け取った」と訂正して報告した後も、吉本興業は2週間以上にわたって「今さひっくり返せない」「静観です」と、事実を隠蔽し、虚偽を強要してきた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

まだ続く宮迫バッシングの異常! 一方、吉本上層部の責任はなかったことに…加藤浩次、ロンブー淳らを取り込み、批判封じた松本人志の罪のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ロンドンブーツ1号2号伊勢崎馨吉本興業宮迫博之松本人志田村亮闇営業の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
2 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
3 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
7 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
8 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
9 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
10 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
11 海上自衛隊が「イジメ自殺」を過労死として隠蔽
12 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 自衛隊に横行するいじめ自殺の実態
15 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
16 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
17 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
18 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
19 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
20 高市早苗発言に池上、田原らが抗議!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄