宮迫、亮の会見で吉本興業・大崎会長の嘘と岡本社長のブラックぶりが明らかに! 後ろ盾・松本人志の責任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
宮迫、亮の会見で吉本興業・大崎会長の嘘と岡本社長のブラックぶりが明らかに! 後ろ盾・松本人志の責任の画像1
会見する宮迫と亮(撮影・編集部)


「お前らテープ回してないやろな」
「お前辞めて1人で会見したらええわ。やってもええけど、そんなら全員連帯責任でクビにするからな。それでもええんなら記者会見やれ」
「俺にはお前ら全員クビにする力があるんや」
「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本が株主やから大丈夫や」

 これは反社会的勢力の人間の言葉ではない、吉本興業幹部の言葉だ。20日15時より、緊急に開かれた宮迫博之(雨上がり決死隊)とロンブー・田村亮の会見で2人によって明かされたもの。

 宮迫らの闇営業問題について、本サイトでは当初より、吉本興業の責任、隠蔽に関与しているのではないかと批判してきたが、宮迫と亮の口から語られたのは、想像以上の酷い吉本の実態だった。吉本興業のこれまでの説明の真っ赤な嘘が次々と明らかになったのだ。

 会見冒頭、詐欺の被害者や被害者家族らに謝罪したのち、最初の質問で記者から引退報道について問われた宮迫が「引退を覚悟して謝罪会見をしたいということは会社に伝えたことはございます。その引退してでも記者会見をしたいという経緯をお話しすると、非常に長くなってしまいますがよろしいでしょうか」と前置きし、宮迫が語ったこの間の経緯は、これまでの吉本興業の説明とはまったく違うものだった。

 宮迫と亮らの金銭授受を吉本興業が発表したのは6月24日のことだが、実は宮迫と亮が金銭授受を吉本に伝えたのは、第1弾の「フライデー」発売日(そして宮迫らがSNSで金銭授受を否定した6月7日)の翌日の6月8日のことだったというのだ。

宮迫「(第1弾の「フライデー」が発売された)次の日に、亮くんから電話があり「お金のこと言いましょう」と。それでも僕は「打ち上げ代を出してもらっただけ」と思い込みたい保身があった。亮くんにいくらもらったか訊くと、50万だと答え、俺はいくらもらったのか聞くと100万だと。それでもまだ僕は「それで打ち上げ代払っただけやろ?」と。すると「宮迫さんはそのお釣りを受け取っていました」と。それはもう会社に言わなあかんということになり、その足で2人会社に行きました。
 そしてHG、ガリットチュウ福島くんと合流し、吉本興業社員2人、吉本興業の弁護士さん2人、計8人で。それが6月8日のことです。金をもらったと、会社が発表するのはそののちの24日です。8日から24日まで間が空いています。それは僕たちがそのときに社員、弁護士に、すべて金額などすべて言いました。「いまさらひっくり返せませんよ」と。僕もそれは思ってしまいました。どれだけの騒動になるのか、どれだけの迷惑がかかってしまうのか、怖くてたまりませんでした。それで8日から「ずっと静観でいきましょう」と言われました。僕たちも納得してしまいました」

 宮迫は、亮から「お金のこと言いましょう」と言われても、「打ち上げ代払っただけ」と嘘をつき続けようとし、さらに亮から「宮迫さんはそのお釣りを受け取っていました」と説得されたという自身の往生際の悪さまで明かしていること。またこの前段でも、「お金をもらっていない」という口裏合わせについて報じられている入江や亮でなく宮迫自身が「指示」したと、質問されてもいないのに自ら明かしていたことを考えると、宮迫のこの説明に嘘はないだろう。

 つまり吉本興業は、宮迫と亮から金銭授受の事実を、第一弾の「フライデー」発売翌日の6月8日には知らされながら、2週間以上もその事実を隠蔽していたということになるのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

宮迫、亮の会見で吉本興業・大崎会長の嘘と岡本社長のブラックぶりが明らかに! 後ろ盾・松本人志の責任のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨吉本興業大崎洋宮迫博之松本人志田村亮の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
2 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
3 萩生田文科相が芸者あげてノーマスク会食! ワイドショーは追及せず
4 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
5 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
6 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
7 安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
12 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
13 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
14 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
15 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
16 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
17 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
20 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄