まだ続く宮迫バッシングの異常! 一方、吉本上層部の責任はなかったことに…加藤浩次、ロンブー淳らを取り込み、批判封じた松本人志の罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

岡村隆史、ロンブー淳、加藤浩次ら反大崎の芸人を懐柔し取り込んだ松本人志

 しかも、この流れを作り出し、マスコミ支配をさらに強固にしたのが松本人志だった。当時の「週刊文春」(7月25日発売号)が「松本人志が牛耳る吉本興業の闇」と題する特集で指摘していたように、大崎会長の強権支配を支えてきたのが松本であり、大崎会長と吉本はすべて松本の言いなりという状況ができているのは有名な話。
 
 その松本が自分の言いなりになる体制を守るために「大崎会長が辞めたら僕も辞める」とメディアを恫喝したことで、一気に流れが変わったのだ。しかも、松本は、大崎会長に批判的だった加藤浩次や友近、さらには以前から大崎体制と距離のあるナイナイ岡村、ロンブー淳などにアプローチし、取り込みに動き始めた。

 実際、松本は騒動渦中に放送された『ワイドナショー』で、「そこまでいっぱいしゃべったことのない加藤(浩次)ともめちゃくちゃしゃべるようになったし、岡村(隆史)もしゃべりたいと言ってくれている。今までそこまで親しくしてなかった後輩たちとも話が聞けそう」などと、取り込みの成果を強調していた。

 また、昨年末には『ワイドナショー2019年末SP』にロンブー淳を呼び、「松本さんが動いてくれたから会社が本腰を入れた」「ある現場で松本とすれ違った時に「大丈夫か?」とやさしく心配された」などと、淳から感謝の言葉を引き出していた。

 こうした取り込みの結果、大崎体制に不満を持つ加藤や岡村、淳が完全に体制側に寝返ってしまったのである。

「淳が松本に寝返ったことで、亮の復帰も一気に進み始めた。一方、松本は自分の言うことを聞かず、騒動後も明石家さんまを頼った宮迫に対しては完全に冷酷な対応を取るようになり、宮迫は孤立。スケープゴート化がさらに進んでしまったと言うわけです。今回のワイドショーやスポーツ紙の宮迫叩きは、この流れの延長線上で起きたものでしょう」(週刊誌記者)

 ようするに、ワイドショーのコメンテーターや芸人たちはこの間、もっともらしい理屈で、宮迫を批判していたが、裏をのぞけば、ようするに、芸能界の政治力学に従って、力のあるものに尻尾を振り、水に落ちた犬を叩いていたと言うだけに話だったのだ。

 爆笑問題の太田光が2日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS)で、宮迫とロンブー亮の“明暗が分かれた”という話題の際、「はっきりいうとこれ、吉本内部の話じゃないですか。吉本内部で政治的にどう動いたとか誰が立ち回ったとか、ずーっとそんなことばっかり」と喝破していたが、マスコミの体質が変わらない限り、弱いものだけが叩かれ、大きな悪は何の批判も受けず責任も取らないというグロテスクな芸能界の構造も変わることはないだろう。

最終更新:2020.02.06 05:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

まだ続く宮迫バッシングの異常! 一方、吉本上層部の責任はなかったことに…加藤浩次、ロンブー淳らを取り込み、批判封じた松本人志の罪のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ロンドンブーツ1号2号伊勢崎馨吉本興業宮迫博之松本人志田村亮闇営業の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
2 通販生活が「左翼だ」攻撃を一蹴!
3 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
4 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
5 鶴保庸介に重大「政治とカネ」疑惑!
6 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
7 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
8 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
9 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
10 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
11 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
12 安倍首相の病状説明に矛盾 「体調異変」と説明した時期にステーキ
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
17 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
18 田崎史郎が『ひるおび』共演・柿崎首相補佐官就任で不機嫌に!
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
1杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
2欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
3菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
4大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
5 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
6甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
7「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
8日本学術会議への不当人事介入は安倍政権時代から始まっていた
9菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
10菅首相 学術会議の推薦名簿を「自分は見ていない」とトンデモ発言
11菅首相と河野太郎行革相が学術会議を「行革対象」にして違法人事介入を正当化
12二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
13ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
14田崎史郎が『ひるおび』共演・柿崎首相補佐官就任で不機嫌に!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄