「前向きキラキラ系」がはまる! アムウェイ創業者が語る“ブラック企業の論理”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
amwaybook_01_150114.jpg
『Simply Rich アムウェイ共同創業者の人生と教訓』(日刊工業新聞社) 

 アムウェイが絶好調だ。日本での2013年度売上高は969億6800万円(前年比 3.4%増の2年連続成長)で、世界合計ともなると118億ドル(13年度)と新記録を達成している。同社が公式HPにて発表している会員数推移のデータによると、「ディストリビューター」と呼ばれる販売員は現在公称70万5000人。61万5000人だった04年頃から右肩上がりに推移しているのだ。

 しかし、アムウェイといえば、“悪印象”を持つ読者も少なくないだろう。同社は、会費を支払って登録した販売員「ディストリビューター」を介して新たな販売員や会員の獲得や商品の販促を行い、その売り上げからボーナスをバックしていく連鎖販売取引(マルチレベル・マーケティング、ネットワークビジネス)、いわゆる「マルチ商法」をビジネスモデルとしており、日本にその言葉を広めた外資系企業なのだ。

 日本でブームになったのは90年代半ば頃、同社の売り上げがピークに達したとされる1996年度には、2121億9500万円もの公称売上高を発表したほどだ。99年には東京・渋谷に本社ビルが完成。「成功者」と呼ばれるセレブ・ディストリビューターが話題となり、彼らの生活に憧れる若者たちをどんどん取り込んだ。

 しかし、その成果報酬制度のために、同僚や友人にかたっぱしから声をかけるなど強引な勧誘活動が横行。売り上げ目標や、ノルマを達成するために自ら商品を買い込んで借金をする者も続出し、97年には国民生活センターより「苦情・相談件数が4年連続で1000件を超えている」と報告され、社会問題化した過去がある。

 現在、当時のことを知らない20代の若者たち、なかでも、若い女性の間で、再びアムウェイが広まりつつある。野菜ソムリエに美容師、エステティシャン、ヨガ講師……美容や健康の環境志向に意識が高く、かつオシャレな、いわゆる“キラキラ系”とされる職業の女性の間でアムウェイが広がっているという。

 こうした人々をさらに洗脳するようなバイブルが出版された。アムウェイの共同創業者リッチ・デヴォスによる『Simply Rich』(日刊工業新聞社)だ。

「アムウェイは、他人を助けることで成り立つビジネスである。化粧品の『アーティストリー』、サプリメントの『ニュートリライト』、そのほか多くの商品を扱っており、アムウェイビジネスではそれらの製品から売り上げを得る。アムウェイビジネスの本質は、人々が豊かで幸せな生活を送る手助けをする点にある」
「マルチレベル・マーケティングは、それまでには存在していない方式だ。(略)このビジネスは資金がゼロに近い状態からスタートして多くの売り上げを得られる、世界で数少ないチャンスの一つということである」
「今や、そうしたディストリビューターのうち数百人が億万長者となり、数千人がビジネスオーナーとして成功し、数十万人が家計の足しになる売り上げを得ている。(略)その原点といえば、2人の若者が人々の潜在能力、人間の精神には『より良いもの』を求める気持ちがもともと備わっていることに気づいたという、そんなシンプルなことなのだ」

 などと、「豊かで幸せな生活」「あなたならできる。私はあなたのことを信じている!」とポジティブな発言が満載なのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

愛されるアムウェイ嫌われるアムウェイ ネットワークビジネスあるある

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「前向きキラキラ系」がはまる! アムウェイ創業者が語る“ブラック企業の論理”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アムウェイブラック企業マルチ商法小石川シンイチ洗脳の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも