「前向きキラキラ系」がはまる! アムウェイ創業者が語る“ブラック企業の論理”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
amwaybook_01_150114.jpg
『Simply Rich アムウェイ共同創業者の人生と教訓』(日刊工業新聞社) 

 アムウェイが絶好調だ。日本での2013年度売上高は969億6800万円(前年比 3.4%増の2年連続成長)で、世界合計ともなると118億ドル(13年度)と新記録を達成している。同社が公式HPにて発表している会員数推移のデータによると、「ディストリビューター」と呼ばれる販売員は現在公称70万5000人。61万5000人だった04年頃から右肩上がりに推移しているのだ。

 しかし、アムウェイといえば、“悪印象”を持つ読者も少なくないだろう。同社は、会費を支払って登録した販売員「ディストリビューター」を介して新たな販売員や会員の獲得や商品の販促を行い、その売り上げからボーナスをバックしていく連鎖販売取引(マルチレベル・マーケティング、ネットワークビジネス)、いわゆる「マルチ商法」をビジネスモデルとしており、日本にその言葉を広めた外資系企業なのだ。

 日本でブームになったのは90年代半ば頃、同社の売り上げがピークに達したとされる1996年度には、2121億9500万円もの公称売上高を発表したほどだ。99年には東京・渋谷に本社ビルが完成。「成功者」と呼ばれるセレブ・ディストリビューターが話題となり、彼らの生活に憧れる若者たちをどんどん取り込んだ。

 しかし、その成果報酬制度のために、同僚や友人にかたっぱしから声をかけるなど強引な勧誘活動が横行。売り上げ目標や、ノルマを達成するために自ら商品を買い込んで借金をする者も続出し、97年には国民生活センターより「苦情・相談件数が4年連続で1000件を超えている」と報告され、社会問題化した過去がある。

 現在、当時のことを知らない20代の若者たち、なかでも、若い女性の間で、再びアムウェイが広まりつつある。野菜ソムリエに美容師、エステティシャン、ヨガ講師……美容や健康の環境志向に意識が高く、かつオシャレな、いわゆる“キラキラ系”とされる職業の女性の間でアムウェイが広がっているという。

 こうした人々をさらに洗脳するようなバイブルが出版された。アムウェイの共同創業者リッチ・デヴォスによる『Simply Rich』(日刊工業新聞社)だ。

「アムウェイは、他人を助けることで成り立つビジネスである。化粧品の『アーティストリー』、サプリメントの『ニュートリライト』、そのほか多くの商品を扱っており、アムウェイビジネスではそれらの製品から売り上げを得る。アムウェイビジネスの本質は、人々が豊かで幸せな生活を送る手助けをする点にある」
「マルチレベル・マーケティングは、それまでには存在していない方式だ。(略)このビジネスは資金がゼロに近い状態からスタートして多くの売り上げを得られる、世界で数少ないチャンスの一つということである」
「今や、そうしたディストリビューターのうち数百人が億万長者となり、数千人がビジネスオーナーとして成功し、数十万人が家計の足しになる売り上げを得ている。(略)その原点といえば、2人の若者が人々の潜在能力、人間の精神には『より良いもの』を求める気持ちがもともと備わっていることに気づいたという、そんなシンプルなことなのだ」

 などと、「豊かで幸せな生活」「あなたならできる。私はあなたのことを信じている!」とポジティブな発言が満載なのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

愛されるアムウェイ嫌われるアムウェイ ネットワークビジネスあるある

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「前向きキラキラ系」がはまる! アムウェイ創業者が語る“ブラック企業の論理”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アムウェイブラック企業マルチ商法小石川シンイチ洗脳の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
2 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
3 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
4 グッディ!土田マジギレ真の原因
5 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
6 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
7 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
8 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
9 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
10 安倍首相にマッチョ批判
11 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
12 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
13 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
14 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
15 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
16 産経新聞が社員の1割をリストラ
17 山本太郎を評価せよ!
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
19 自民党・大西議員が原発でも言論弾圧
20 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
4 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
5指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
9『報ステ』がまた政権批判アナ排除
10安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
11安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
12安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
154人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
16参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
17 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
18酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
19五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
20百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄