錦戸亮も退所 ジャニーズ帝国の“崩壊”はSMAP飯島マネ追放から始まっていた! ジュリー体制に展望見出せないタレントたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

影響を与えて赤西仁の退所後の活躍 長瀬智也、関ジャニ大倉、山下智久、堂本剛も

 無論、ジュリー氏も周辺から漏れる“悪評”を気にしてか、ジャニー氏の葬儀では霊柩車の助手席に遺影を持った滝沢を座らせたり、お別れ会の演出をメインで任せたりと、滝沢新社長を前面に押し出し、ジャニー氏亡き後も体制はとれているとアピールしているが、さりとて滝沢がいくら力を発揮しても、飯島氏のような新しいアイドル像を打ち出すような手腕を期待できるかは疑問だ。実際、滝沢が社長となってYouTubeチャンネルの開設などネット展開が進んだと言われているが、それは他社もずっと前からやっていることであって、何も目新しいものではない。

 しかも、錦戸の脱退・退所によって、後を追う者がさらに出てくるのは間違いない。現在、名前が上がっているだけでも、TOKIOの長瀬智也、関ジャニの大倉忠義、山下智久、堂本剛など、独立話が持ち上がっているメンバーは枚挙にいとまがないが、その背景には、ジュリー体制への不安はもちろん、退所後も活躍できる前例が出ていることも大きい。新しい地図の3人もそうだが、とくに影響を与えているのが、2014年に退所した元KAT-TUN・赤西仁の存在だろう。

 赤西は退所後、中国にマーケットを広げ、音楽にドラマにと活躍。中国版のTwitter「微博」(ウェイボー)ではフォロワー数は約275万人にものぼり、昨年12月に「ウェイボーアカウントフェスティバルインジャパン2018」で「最も影響力のあるアーティスト賞」を受賞したほか、音楽でも賞を受賞。さらに国内でも、2016年には俳優の山田孝之とユニットを組んでCDデビューしたり、立ち上げた自主レーベルがユニバーサルミュージックジャパンと業務提携を結んだりと、順調に活動をおこなっている。

 方向性を縛られることもなく音楽活動し、自由に発信をし、自分で選んだ仕事ができ、それで十分稼いでいける──。結婚も制限され、自由な活動・発信も縛られ、さらには手腕が心許ないジュリー体制のなかにいるジャニーズタレントたちにとって、この赤西の成功が大きな揺さぶりになっていることは想像に難しくない。

 そして、タレントたちの退所以上にジャニーズの崩壊を一気に進めることになるのは、テレビへの影響力だ。

 ジャニーズ事務所はこれまで、人気タレントを出演させている立場を使って、テレビ局に対し、キャスティングへの口出しからスキャンダル報道の封じ込めまで、さまざまな圧力を行使。それによって絶対的な力を保ってきた。だが、嵐がいなくなれば、こうした圧力もいままでのようには効かなくなるのではないか。そうした声も上がりはじめているのだ。

 ジャニーズがタレントのテレビ出演のゴリ押しもできず、スキャンダル報道も抑え込めなくなる──それこそが“ジャニーズ帝国”の終わりだ。すでにその日に向かって、カウントダウンははじまっているのかもしれない。

最終更新:2019.09.06 11:49

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

錦戸亮も退所 ジャニーズ帝国の“崩壊”はSMAP飯島マネ追放から始まっていた! ジュリー体制に展望見出せないタレントたち のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ事務所ジャニー喜多川藤島ジュリー景子錦戸亮関ジャニ∞飯島三智の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
4 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
5 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
8 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
9 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
10 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
11 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
12 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
13 小池百合子都知事は極右ヘイト、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典ツブシ
14 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
15 新証言!昭恵夫人が籠池夫妻に情報漏洩
16 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
17 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
18 安倍首相の祖父・岸信介のアヘン利権
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄