錦戸亮も退所 ジャニーズ帝国の“崩壊”はSMAP飯島マネ追放から始まっていた! ジュリー体制に展望見出せないタレントたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

飯島マネを追放しジュリー独裁支配を構築するも、社員やタレントからは不安と不満が

 関ジャニにしても嵐にしても、そのロールモデルがSMAPにあることは論を俟たない。グループ活動だけではなく、メンバーそれぞれがドラマ、バラエティ、司会者など幅広く活躍し、その人気をグループ人気にフィードバックさせてゆく──そのスタイルを最初につくり上げたのは、SMAPのマネージャーだった飯島三智氏である。光GENJI以降、アイドル冬の時代を迎え、ジャニー喜多川社長もメリー喜多川副社長も旧来のアイドルの売り出ししかできず、何の打開策をなく沈没しかけていたなか、飯島氏がジャニーズの常識を破り、SMAPをとおして新しいアイドルグループのかたちを生み出した。飯島氏がいなければ、ジャニーズは“ジャニーズ帝国”と呼ばれる今日のような一大勢力に伸張することもなかったし、メディアを支配するような権力をもつこともできなかったはずだ。

 つまり、メリー氏の娘でジャニーズ事務所の後継者である藤島ジュリー景子副社長は、SMAPのノウハウを嵐やTOKIO、関ジャニといった後継グループでそのまま使ったに過ぎず、おそらくSMAPという前例がなければ何もできなかったのである。

 現に、ジャニー氏はジュリー氏の手腕に疑問を持っており、むしろ飯島氏を評価し、自分のかわいがっているグループを飯島氏に預けるようになった。しかし、これがメリー氏とジュリー氏に怒りを買い、結果、SMAP解散独立の引き金となり、飯島氏はジャニーズ事務所を追放されてしまった。

“中興の祖”と呼ぶべき飯島氏の功績を一切認めず、その上、SMAPという国民的グループを解散にまで追い込んで、ジャニーズ事務所における権力を掌握したジュリー氏。しかし、本サイトでは何度も言及してきたように、以前から、そして実権を握ってからも、ジュリー氏は、所属タレントや事務所スタッフ、芸能マスコミからその手腕を不安視されてきた。

「ジュリーさんはクリエイティビティもないし、金儲け主義で、タレントを育てようという意識が薄い」(テレビ関係者)
「ジュリー氏はメディアだけじゃなくて、社内のスタッフ、タレントの間でも評判がよくない。アイデアも人望もなくて、金勘定のことばかり、と。『ジュリーさんじゃ、会社がもたない』とはっきり言うスタッフもいる。タレントもどんどん離れて抑さえが効かなくなり、それこそ、バーニングやケイダッシュの草刈り場になってしまうんじゃないか」(ジャニーズ事務所関係者)

 実際、ジュリー体制が進めば進むほど、ジャニーズ事務所はかつての力を失い、内部的なほころびも目立つようになった。たとえば、不祥事。TOKIO山口達也の未成年への強制わいせつ事件にNEWS小山慶一郎と加藤シゲアキ、手越祐也の未成年飲酒などの事件が相次いだが、その対応もお粗末きわまりないものだった。とくに山口の事件では、いつもの強権的なマスコミ対応で通じると思ったのか、稚拙な対応で傷口を広げ、山口を契約解除せざるを得ない状況に追い込まれ、TOKIOのグループとしての仕事も破綻しかけている。

 こうしたジュリー体制のなかで、SMAP以外にもメンバーの脱退やグループの解散、活動休止が相次いだ。ジャニー氏や中居正広に近かったタッキー&翼の解散や今井翼の退所、滝沢秀明の引退・プロデューサー転身は明らかにジャニー社長とジュリー氏の対立の影響によるところが大きいのはもちろん、ジュリー派の関ジャニから渋谷が脱退、ジュリー氏の唯一・最大の成功体験である嵐までもが、大野智の脱退話に端を発し、2020年末で活動休止することになった。大野はジャニーズも退所する見通しで、これは事実上の解散だ。

 そして、今回の錦戸の関ジャニ脱退・ジャニーズ退所……。ようするに、SMAPの解散・飯島氏の追放によってジュリー体制を鉄壁にしたつもりが、プロデュース能力、マネジメント能力が一気に低下して組織がガタガタになり、さらに最後の求心力の源だったジャニー氏の死去によって、ジャニーズは完全に将来への展望を失ってしまったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

錦戸亮も退所 ジャニーズ帝国の“崩壊”はSMAP飯島マネ追放から始まっていた! ジュリー体制に展望見出せないタレントたち のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ事務所ジャニー喜多川藤島ジュリー景子錦戸亮関ジャニ∞飯島三智の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
4 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
5 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
8 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
9 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
10 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
11 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
12 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
13 小池百合子都知事は極右ヘイト、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典ツブシ
14 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
15 新証言!昭恵夫人が籠池夫妻に情報漏洩
16 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
17 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
18 安倍首相の祖父・岸信介のアヘン利権
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄