落合陽一は反省表明したが…古市憲寿と落合が「高齢者終末医療カット」言い逃れでさらに露呈した無知と無自覚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

古市と落合は財務省や官僚、政治家からどんなレクチャーをされたのか、公開すべきだ

 いったい古市がどういう対応をするのかはよくわからないが、すでに反省の姿勢を示した落合も含め、ぜひふたりに言っておきたいことがある。それは、謝罪と撤回に加えて、この“終末期医療カット論”を財務省からどのようにレクチャーされたのか、ということを詳しく説明してほしい、ということだ。

 前回の記事でも指摘したが、「終末期治療のムダ」「高齢者の最後の1ヶ月に金がかかる」という嘘は財務省がしきりに振りまいてきたものだ。

 財務省は2007年、実際に古市説のもとになったような「一年間にかかる終末期医療費=約9000億円」なる資料を公表。調査実態が不詳で金額だけを出したことから、高齢者医療費カットのためのミスリードだと批判を浴びている。また、2013年には麻生太郎財務相が政府の社会保障制度改革国民会議で、余命わずかな高齢者の終末期の医療費について「死にたいと思っても生きられる。政府の金で(高額医療を)やっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうなど、いろいろと考えないと解決しない」などと発言、批判を浴びて撤回した。

 前述の二木氏の論文は麻生発言の際に書かれたものだが、その二木氏は研究上は〈終末期医療費をめぐる論争には決着がついた〉にもかかわらず、〈政治的には同じ誤りが何度も蒸し返されると、麻生発言を通じて、改めて感じました〉と感想を述べている。古市と落合の今回のいきさつをみていると、財務省はあいかわらずこのペテンに満ちたデータを「政治的に蒸し返し」続けているということだろう。

 しかも、財務省が悪質なのは、データの歪曲だけではなく、財政危機への対処について、あらかじめ社会保障のカットしか選択肢はない、というミスリードをしていることだ(これは消費増税でも同じロジックが使われている)。

 しかし、社会保障のカットは経済を冷え込ませ、逆に財政悪化をもたらす危険性は多くの経済学者が指摘している。そして、累進課税や相続税の強化、法人税の増税、富裕税の新設など、格差の是正が財政危機解決と経済活性化につながるというのは、トマ・ピケティやジョセフ・E・スティグリッツ、ポール・クルーグマンなど、世界的な権威の経済学者も主張していることだ(古市・落合の信者たちが今回の批判に対して、『だったら対案を出せ』と叫んでいるが、いくらでも対案はある。彼らは、あらかじめ自民党政権の支持層に都合の悪い選択肢を省かれてアジェンダセッティングされていることに気づかない、自分たちの愚かさを自覚するべきだろう)。

 そういう意味では、今回の古市憲寿、落合陽一による対談問題の本質は、ふたりが間違ったことだけにあるわけではない。財務省がいまなお、こうしたインチキな世論誘導をおこなっているということにある。

 だから古市には、その「友だち」との「検証作業」を、落合には「議員さんや官僚の方々とよく話している」その中身を明らかにしてほしい。それが、言論人としての責任というものだろう。それこそが、〈多様な人にとって暮らしやすい社会を実現したい〉(落合)という望みを叶えることにつながるはずだ。

最終更新:2019.01.06 12:49

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

落合陽一は反省表明したが…古市憲寿と落合が「高齢者終末医療カット」言い逃れでさらに露呈した無知と無自覚のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。古市憲寿杉田水脈編集部落合陽一麻生太郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
5 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
6 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
10 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
13 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
14 ラムダ株隠蔽で菅政権が大嘘の言い訳!パラでも隠蔽可能に
15 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
16 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
17 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
18 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
19 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
20 セブン-イレブンオーナーの自殺続出
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄