愛人に溺れるビートたけしが「性的能力ないから不倫じゃない」の錯乱発言! 背景に幹子夫人との離婚調停不調が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
愛人に溺れるビートたけしが「性的能力ないから不倫じゃない」の錯乱発言! 背景に幹子夫人との離婚調停不調がの画像1
ビートたけしのオンナ論』(サイゾー)

 おいおい、いったい何を言い出すんだ? 多くの視聴者はそう思ったのではないだろうか。ビートたけしが1日放送の『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS)で、突然おかしな自己弁護を口にした。

 番組では元貴乃花親方こと花田光司と景子夫人の離婚が特集されたのだが、そこで元貴乃花親方の46歳という年齢が話題になった。コメンテーターを務めるウォール・ストリートジャーナル東京支局長のピーター・ランダース氏が、「男の46歳は人生を考え直したり青春を思い出したくなる時期で、派手な車や洋服を買ったり、ときには離婚するのでは」などと自身の考えを述べ、安住伸一郎アナも「男の人生は16歳と46歳が危ないらしいですけどね」などと同調。さらに安住アナが「たけしさんは45歳、46歳のとき何を?」と水を向けると、たけしは唐突にこうまくしたてたのだ。

「ずっと浮気してました。いま、『不倫騒動』なんて言われてますけど、私は不倫なんてしてません。肉体的にそういう能力がないですから。お茶飲んだり、飯食うのが不倫だというなら、不倫ですけどね。不倫というのはどういうことを言うのか、意味がわからないです。性的な関係があるのかといえば、それは能力がない。薬物に頼るわけにもいかないし」

 番組の流れとは全く関係ない、まるで今井絵理子の「一線は超えてない」を彷彿とさせるようなセリフにスタジオにはただただ困惑の空気が流れた。他の出演者も「浮気してました」くらいまでは苦笑して聞いていたのだが、「肉体的能力がない」と言い出すにいたっては誰もリアクションできず、安住アナが「ネット記者の皆さん、どうぞ原稿を書いてください」とまとめるのが精一杯だった。

 それはそうだろう。本サイトは既婚者の恋愛をことさら不倫だと糾弾したりバッシングする風潮に与するつもりはないが、ここ数年、たけしの愛人をめぐる騒動は、性的関係がないというような話でごまかせるほど、牧歌的な状況ではないからだ。
 
 周知のとおり、たけしはここ数年、愛人A子さんとの関係が取りざたされ続けている。このA子さんは2014年7月「週刊文春」(文藝春秋)で“100億円の愛人”とスクープされた18歳年下の女性だ。当時は、高級マンションでたけしと半同棲中とスクープされたが、現在はたけしの別邸「等々力ベース」で同棲しているとされ、さらには今年3月には自分の事務所「オフィス北野」を独立し、A子さんと一緒に設立した「T.Nゴン」という事務所に拠点を移すなどビジネス上もパートナーとなっている。

「ずっと浮気してました」と自分でも言っていたように、たけしはA子さん以前にも数多の愛人たちと付き合ってきたが、A子さんとの関係はそれまでの女性との関係とは全く違うもので周囲に衝撃を与えた。

 たけしはこれまで何回も愛人の存在が報じられてきたが、しかし本妻との“序列”を明確にして、38年間別居生活を続けている妻の幹子夫人とは決しても離婚することなく、自らのギャラを家族に渡し、週に一度は食事をするなどある意味“家族”としての関係を続けてきた。幹子夫人だけではない。「FRIDAY襲撃事件」の発端となり後にたけしの子も出産したかつての愛人Rさんとの関係も、新しい愛人ができても断ち切ることなく面倒を見続けていた。

 ところがA子さんとの関係が始まってからたけしは激変してしまう。幹子夫人との離婚を示唆し、「カミさんに全財産渡してもいい」、つまり妻に100億円払ってもA子さんと一緒になりたいと言い始めたのだ。Rさんなどほかの女性との関係も切れてしまったといわれている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

愛人に溺れるビートたけしが「性的能力ないから不倫じゃない」の錯乱発言! 背景に幹子夫人との離婚調停不調がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オフィス北野ビートたけし新・情報7DAYSニュースキャスター林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
2 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
3 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
4 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
5 官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった
6 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
7 とろサーモン、スーマラの女性差別を松本、たけしが論点すり替え
8 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
9 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
10 維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
11 安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
12 安倍首相のオカルト行動を昭恵が証言
13 池松壮亮、塚本晋也の時代劇『斬、』が深い
14 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
15 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
16 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
17 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
18 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
19 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
20 入管法改正をケント・ギルバートが批判
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
4THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
5水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
6 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
7 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
8 入管法改正をケント・ギルバートが批判
9三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
10 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
11麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
12 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
13浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
16自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
17 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
18百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
19秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
20維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄