小説掲載でたけし独立問題を報道しない「週刊文春」に林真理子が苦言!「忖度か。財務省を非難できない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
小説掲載でたけし独立問題を報道しない「週刊文春」に林真理子が苦言!「忖度か。財務省を非難できない」の画像1
「週刊文春」4月26日号

 たけし軍団とオフィス北野・森昌行社長の手打ちで、まるで一件落着した感があるビートたけし独立問題。そもそも今回の独立劇の背景には、たけしが異様に入れ込む愛人の存在があったはずだが、それさえもすっかりなかったことにされてしまっている。

 しかしそんな状況のなか、たけし独立騒動に対する報道のありように苦言を呈した人物がいる。作家の林真理子氏だ。

 林氏は「週刊文春」(文藝春秋)4月26日号連載コラム「夜ふけのなわとび」で〈週刊新潮は、このところ毎週のように、この問題について特集を組んでいる〉とライバル誌のたけし報道に触れたのち、こんなことを指摘しているのだ。

〈こういう時、週刊文春の見解を聞きたいところであるが、なんかおとなしい。先週もグラビアだけでお茶を濁していた。殿の小説をいただいたので深くは書けないらしい〉

 林氏の指摘は正しい。本サイトでもすでに記事しているが、3年半前、新愛人の存在をセンセーショナルにスクープ、独立劇の端緒をつくったといえる「週刊文春」は、今回のたけしの独立、愛人騒動に関しては“文春砲”を炸裂させないばかりか、ほぼ沈黙を守ったままになっている。そして、その代わりに大々的に掲載されたのがたけしの書き下ろし小説「ゴンちゃん、またね。」だった。

 愛人をスクープされたたけしが「週刊文春」と手打ちするために、バーターで小説を進呈したといわれる。しかし天下の「文春」が、たけしの姑息な手打ちに簡単に乗り、露骨なまでに騒動をタブー化してしまうとは、恥ずかしくないのだろうか。林氏も同コラムで皮肉たっぷりにこう批判している。

〈今回の騒動について、週刊文春ならどう書くか、みんな固唾を飲んで見守っていたはず。それなのに、またまた忖度か、もう財務省のことを非難出来ない、と考えるのは私だけであろうか〉

 林氏は「またまた忖度」と書いているが、実は、この大物作家はこれまでも「週刊文春」のタブー問題について、度々「夜ふけのなわとび」で苦言を呈してきた。たとえば2014年に勃発した百田尚樹の『殉愛』騒動では、「週刊文春」をはじめとする多くのメディアが騒動をスルーし沈黙するなか、林氏は「週刊文春」も含めた週刊誌を「これで朝日新聞のことを叩く資格があるのか」と徹底批判している。また昨年、明らかになった元TBS記者で御用ジャーナリスト山口敬之氏のレイプもみ消し事件についても、山口氏と密接な関係にある「週刊文春」がまったく報じないなか、林氏は〈胸がムカムカするような事件〉と山口氏のレイプ事件を紹介、詩織さんへのセカンドレイプに憤っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小説掲載でたけし独立問題を報道しない「週刊文春」に林真理子が苦言!「忖度か。財務省を非難できない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オフィス北野ビートたけし本田コッペ林真理子週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
2 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
3 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
6 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
7 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
12 東京五輪チケットに「首相枠」、聖火ランナーも「桜を見る会」状態
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
15 黒人差別問題でK-POPファンが差別主義者を撃退!
16 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
17 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
18 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
19 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
20 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
10高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
11 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
12河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
13自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
14安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄