Wikiコピペ疑惑の百田尚樹『日本国紀』を真面目に検証してみた! 本質は安倍改憲を後押しするプロパガンダ本だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

WGIPの真実、保守派の学者からも「そんな大それたものでない」の指摘

 もともとWGIPの存在自体は、1989年に保守系文芸評論家の江藤淳が『閉された言論空間 占領軍の検閲と戦後日本』(文藝春秋)で指摘したものだ。以降、保守界隈で受け継がれ、近年では『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』(高橋史朗/致知出版社)、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(ケント・ギルバート/PHP研究所)などの“WGIP史観本”が密かな出版ブームになっている。

 しかしながら、敗戦後にGHQの主導のもとで、新聞・ラジオを通じたプロパガンダや出版物の検閲などがおこなわれたことは事実であっても、それが戦後70年経った今も「国民を洗脳している」と呼ぶべき状況とみなすのは、陰謀論的解釈にもほどがあるだろう。

 だいたい、WGIPは「日本の右派にとって“歴史戦の決戦兵器”」(能川元一)としてもてはやされる一方で、学術的研究や検証があまり進んでいるとはいえない。

 たとえば保守派の歴史学者である秦郁彦氏ですら、WGIPについては〈江藤は「戦後日本の歴史記述のパラダイムを規定するとともに、歴史記述のおこなわれるべき言語空間を限定し、かつ閉鎖した」と、高橋史朗は「日本人へのマインドコントロール計画」と評すが、果たしてそんな大それたものだったのか〉と疑問を呈している(『陰謀史観』新潮社)。

 また、これは哲学研究者の能川元一氏も指摘している(「“歴史戦の決戦兵器”、「WGIP」論の現在」『徹底検証 日本の右傾化』筑摩書房、所収)ことだが、江藤のWGIP論には決定的な弱点があった。それは、江藤自身も認めるように、敗戦直後に仕掛けられたはずの「日本国民洗脳計画」が、実のところ、当初は明らかに十分な効果をあげられなかったという事実だ。実際、サンフランシスコ講和条約の1952年には、全国的に戦犯の釈放運動が広がっている。

 十分な学術的研究が蓄積しないまま、保守論壇で一人歩きしてきたWGIPについて、膨大な資料をもとに検証した研究者の賀茂道子氏(名城大学非常勤講師)は、今年刊行した著書のなかで、「ウォー・ギルト・プログラム」は「敗戦の真実」と「戦争の有罪性」を国民に認識させるための情報教育政策だったと説明している((『ウォー・ギルト・プログラム GHQ情報教育政策の実像』法政大学出版)。

 占領開始直後のGHQは、日本軍による残虐行為が一切報道されていないことと、国民に罪の意識がないこと驚いたという。さらに日本政府も「無条件降伏」の解釈の違いから非協力的であり、戦争犯罪については公にしようとしなかった。そのため注力されたのは、軍事的に完全に敗戦したという事実と、言論弾圧が戦争を導いたこと、そして国民に隠されていた日本軍の残虐行為や非人道行為を明かすことだったという。

 賀茂氏によれば、資料の検討の結果〈「ウォー・ギルト・プログラム」と東京裁判は一体のものではなく、プログラムの施策の一つとして、東京裁判判決を理解させることが含まれていた〉。また、前述の戦犯釈放運動についても〈もし本当に残虐行為に対する有罪性が理解できていたとしたら、はたしてこれほど大規模な運動が繰り広げられたであろうか。つまり、この運動の盛り上がりは、「ウォー・ギルト・プログラム」による「戦争の有罪性」が、国民に理解されず浸透しなかったことを意味している〉と記している。

 一方で、「戦争の有罪性」が全体的には受け入れらなかったとしても、プログラムが完全に失敗に終わったわけではないという。賀茂氏は〈東京裁判の意義の一つとして、これまで隠されていた真実が明らかになったことが挙げられるが、「ウォー・ギルト・プログラム」もまた、一貫して真実の提示をモットーとし、隠された事実を日本国民に開示した〉とも指摘している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

Wikiコピペ疑惑の百田尚樹『日本国紀』を真面目に検証してみた! 本質は安倍改憲を後押しするプロパガンダ本だのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。WGIP小杉みすず日本国紀歴史修正百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 冤罪に巻き込まれただけなのに解雇!“推定無罪”無視の会社
2 お笑い芸人「薬物をやらない」自慢の無自覚
3 今度は年金事務所所長がヘイト、野党議員や言論人を「在日認定」攻撃
4 国会議事堂そばのアパに泊まってみた
5 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
6 百田尚樹がジュゴンめぐりまた反対派攻撃のフェイク 
7 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
8 NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視
9 片山さつきが坂上忍に批判された
10 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
11 韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
12 グッディ!土田マジギレ真の原因
13 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
14 安倍首相にマッチョ批判
15 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
16 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
17 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
18 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
19 下村大臣が「震災は愛国心欠如のせい」
20 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
1指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
2田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
3 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
4ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
5韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
6安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
7高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
8『報ステ』がまた政権批判アナ排除
9安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
10NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
114人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
12ピエール瀧めぐり松本とたけしが無教養丸出し発言
13 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
14酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
15安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
17五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
18国会議事堂そばのアパに泊まってみた
19ピエール瀧「韓国紙幣で吸引」報道の差別扇動
20百田尚樹が辰巳琢郎を人格攻撃していた理由

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄