ウーマン村本にデマを指摘された百田尚樹が逆ギレして被害者面! 自分のデマごまかし名誉毀損と恫喝する卑劣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ウーマン村本にデマを指摘された百田尚樹が逆ギレして被害者面! 自分のデマごまかし名誉毀損と恫喝する卑劣の画像1
『虎ノ門ニュース』でデマを垂れ流した百田


 この間、ネットを賑わせていたウーマンラッシュアワー・村本大輔と作家・百田尚樹のTwitterでのバトル。村本が「極右ハゲ」とツイートしたことでネトウヨから袋叩きになり、とうとうInstagramへの「亡命」を宣言、Twitter撤退を示唆する事態となった。

 しかし、これはどう考えてもおかしいだろう。この間のやりとりを見ると、根本の部分では村本の言い分が圧倒的に正しく、むしろ、嘘八百をいっているのは百田の方だからだ。

 ネトウヨのまとめサイトや一部ネットニュースなどでは、論戦の構造が歪められているので、きちんと経緯を説明しておこう。発端は5日、村本が、ニュースサイト「Japan In-depth」の記事について、賛同のコメントを付してリツイートしたこと。記事は、石破茂の「日米両政府が本土の反対運動を懸念し、当時、米国の統治下にあった沖縄に海兵隊の基地を移転させた」という趣旨の発言について、百田がネット番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)で「そんな事実はどこにもない」と否定したことを検証する内容だ。

 結論から言えば、これは石破の解説が正しく、百田の「そんな事実はどこにもない」のほうがデマである。

 事実、在沖米軍の半数以上を占める海兵隊の全てが最初から沖縄にあったわけではない。反基地闘争が盛り上がりを見せた1950年代には、実際に本土の米軍基地が削減されたのとは対照的に、たとえば岐阜、山梨、静岡から沖縄へ移転された。また、記事でも指摘されているように、当時のアイゼンハワー大統領の指示によってフランク・C・ナッシュ特別補佐官(元国防次官補)が作成した1957年のリポートからも、在日米軍縮小計画に基地反対運動が影響していたことが読み取れる。

 ところが、この検証記事を〈46都道府県の人はこの事実、読むべき記事〉と紹介した村本のツイートに、デマを指摘された百田本人が〈アホか、と。(中略)当然、減った分の何割かは米国の施政下にあった沖縄にいく〉などと反論になっていないことを言いながら噛み付いた。そこから、〈あ、百田さんからのコメントでしたか、すいません。アホのネトウヨのコメントと間違えました。ナッシュ・レポートの事実に対しても返信お願いしますよ〉(村本)、〈わかりきったことを議論しても無意味〉(百田)などと応酬が本格化していく。

 いま、ネトウヨ界隈があげつらっている例の「極右ハゲ」ツイートは、その初期の過程で出てきたものだ。

 村本は、前述の百田のデマを検証した「Japan In-depth」の記事の紹介のあと、〈極右ハゲの作り話作家が沖縄の歴史のデマを流していたらしい。探偵ナイトスクープに依頼してちゃんと調べろよ〉と投稿。すぐに〈汚い言葉を使ってしまい同類になるので削除〉したのだが、ネトウヨが炎上攻撃にでて、百田も「極右ハゲ」発言に反応したところで、再度、〈ド極右クソハゲの大嘘つき作家が沖縄の歴史のデマを流してたらしい。訂正もしてない。探偵ナイトスクープに依頼してちゃんと調べろよ〉とツイートした。

 そして、百田周辺やネトウヨたちが、この「ド極右クソハゲの大嘘つき作家」との村本発言をまるで鬼の首をとったかのように騒ぎたて、村本がタレント活動をできなくなるよう圧力をかけ始めた。

 たとえば、百田のお友達である石平はこんなツイートで村本が出演する番組への抗議を扇動した。

〈村本大輔という名の芸人は「極右クソハゲ」の汚い言葉で百田尚樹さんを罵倒した。人の身体的特徴を罵倒の材料にするのは明らかな人権侵害だ。もしこれからも、このような軽薄な人権侵害者を起用するTVがあればその局の良識を問わざるをえない。良識のある皆様、このような番組をぜひ拒否しまう!〉(原文ママ)

 ほかのネトウヨやネトウヨ系まとめサイトも同様だ。やたら被害者ぶって、人権侵害だの、差別だのとわめきたてている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ウーマン村本にデマを指摘された百田尚樹が逆ギレして被害者面! 自分のデマごまかし名誉毀損と恫喝する卑劣のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ウーマンラッシュアワー村本大輔百田尚樹真相深入り!虎ノ門ニュース編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
2 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
5 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
6 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
7 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
8 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
9 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
10 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
11 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
12 松坂桃李が玉川徹に『新聞記者』主演の理由を語った!
13 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
14 田崎史郎が証言! 安倍総理の側近が「悔しいけど玉川徹さんの言うとおり」と…
15 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
16 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
17 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
18 自民党がネトサポに他党叩きを指南
19 安倍首相も森友土地取引に関与?
20 和泉・大坪“安倍側近不倫カップル”の醜聞はまだ続く…新たな音声データが
1NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
3若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
4東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
5吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
7ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
8国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄