吉田豪が『殉愛』『殉愛の真実』読み比べ! マスコミの百田タブーに直面した体験も告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yoshidago_150327.jpg
『殉愛』と『殉愛の真実』吉田豪の見解は?(左/ニコニコ動画「豪さんのチャンネル」 右『殉愛』より)


 百田尚樹『殉愛』(幻冬舎)の出版から4ヶ月経つが、騒動はなかなかおさまりそうにない。3件の裁判が続行中なのはもちろん、さくら夫人サイドがさらにメディアを訴える動きもあるというし、同書の嘘を暴いた反証本『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社)も売れ続けている。

 とくに、この間、ネットで囁かれてきた『殉愛』とさくら夫人の疑惑を徹底検証した『「殉愛」の真実』の反響はすさまじく、初版5万部はあっという間に完売。Amazonで500件近いレビューがつきながら、星5つの評価を保っている。

 そんな中、プロインタビュアーの吉田豪による『殉愛』と『殉愛の真実』の読み比べが一部で話題になっている。『殉愛の真実』の発行元・宝島社の雑誌「宝島」5月号で「『殉愛』vs.『殉真』、私はこう読んだ!」と題し、お笑い芸人のプチ鹿島と対談。独特の解釈を披露しているのだ。

 最初に『殉愛』を読んだとき、吉田は「完全に『空手バカ一代』だ」と思ったという。

「『これは事実であり、この男は実在する』と書かれているのに、大半が本当じゃなかったのと同じですよ。極真会館のゴタゴタにもよく似ていて、大山倍達が亡くなった後に松井派と大山派が跡目を巡って仲間割れするストーリーが『殉愛騒動』そのままなんです」

 一方、『殉愛の真実』については、「さくら夫人の2番目のアメリカ人夫のインタビューが最高」だとして、こう解説する。

「あれで全部の謎が解ける感じです。激高すると突然、人格が変わる。無償の愛の人のはずだったのが、本当はマネー、マネー、マネーの人だった、と。最高ですね(笑)」

 だが、吉田はさくら夫人の計算や凄さに驚嘆する一方で、百田についてはこんな見方を披露する。

「ネットなどでは百田さんが相当悪い人間みたいに言われていますけど、ボクは違う意見なんです。百田さんはさくら夫人に翻弄されているだけだと思っていて、かつて出演していた『ラブアタック!』の時代と変わっていない。かぐや姫に翻弄されまくる『みじめアタッカー』なんですよ。それが続いているだけだと思う。」
「百田さんに会ったらボクは好きになると思う。あのウカツさは結構ツボなんです(笑)。相当ピュアな人じゃないですか。だからネトウヨ的な思想やさくら夫人も信じちゃうんじゃないかな」

「百田=みじめアタッカー」とは、さすがは数々のトンデモタレント本を“書評”してきた吉田である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

百田尚樹『殉愛』の真実/角岡伸彦/西岡研介/家鋪渡

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

吉田豪が『殉愛』『殉愛の真実』読み比べ! マスコミの百田タブーに直面した体験も告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブーマスコミ吉田豪林グンマ殉愛百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
3 百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
4 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
5 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
8 上田晋也『サタデージャーナル』後番組MCに自民党議員の娘
9 『上田晋也のサタジャ』が山本太郎の企画をボツに
10 川島なお美が近藤誠の診断を告発
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
13 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
14 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
15 『報ステ』新キャスターの大越健介に安倍の圧力で『NW9』を追われた過去
16 上田晋也が最終回で「当たり前が言えない」言論状況を批判
17 吉村知事の「新大阪駅で検温」にツッコミ殺到! 変異株死亡者隠蔽も
18 きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3聖火お披露目式で手話通訳が小池百合子らのテントには入れず雨に濡れ
4 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
5東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
6五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
8それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
11五輪でIOCラウンジ以外にVIPルーム、広告代理店は物品購入でも15%上乗せ
12五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
14NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄