吉田豪が『殉愛』『殉愛の真実』読み比べ! マスコミの百田タブーに直面した体験も告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yoshidago_150327.jpg
『殉愛』と『殉愛の真実』吉田豪の見解は?(左/ニコニコ動画「豪さんのチャンネル」 右『殉愛』より)


 百田尚樹『殉愛』(幻冬舎)の出版から4ヶ月経つが、騒動はなかなかおさまりそうにない。3件の裁判が続行中なのはもちろん、さくら夫人サイドがさらにメディアを訴える動きもあるというし、同書の嘘を暴いた反証本『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社)も売れ続けている。

 とくに、この間、ネットで囁かれてきた『殉愛』とさくら夫人の疑惑を徹底検証した『「殉愛」の真実』の反響はすさまじく、初版5万部はあっという間に完売。Amazonで500件近いレビューがつきながら、星5つの評価を保っている。

 そんな中、プロインタビュアーの吉田豪による『殉愛』と『殉愛の真実』の読み比べが一部で話題になっている。『殉愛の真実』の発行元・宝島社の雑誌「宝島」5月号で「『殉愛』vs.『殉真』、私はこう読んだ!」と題し、お笑い芸人のプチ鹿島と対談。独特の解釈を披露しているのだ。

 最初に『殉愛』を読んだとき、吉田は「完全に『空手バカ一代』だ」と思ったという。

「『これは事実であり、この男は実在する』と書かれているのに、大半が本当じゃなかったのと同じですよ。極真会館のゴタゴタにもよく似ていて、大山倍達が亡くなった後に松井派と大山派が跡目を巡って仲間割れするストーリーが『殉愛騒動』そのままなんです」

 一方、『殉愛の真実』については、「さくら夫人の2番目のアメリカ人夫のインタビューが最高」だとして、こう解説する。

「あれで全部の謎が解ける感じです。激高すると突然、人格が変わる。無償の愛の人のはずだったのが、本当はマネー、マネー、マネーの人だった、と。最高ですね(笑)」

 だが、吉田はさくら夫人の計算や凄さに驚嘆する一方で、百田についてはこんな見方を披露する。

「ネットなどでは百田さんが相当悪い人間みたいに言われていますけど、ボクは違う意見なんです。百田さんはさくら夫人に翻弄されているだけだと思っていて、かつて出演していた『ラブアタック!』の時代と変わっていない。かぐや姫に翻弄されまくる『みじめアタッカー』なんですよ。それが続いているだけだと思う。」
「百田さんに会ったらボクは好きになると思う。あのウカツさは結構ツボなんです(笑)。相当ピュアな人じゃないですか。だからネトウヨ的な思想やさくら夫人も信じちゃうんじゃないかな」

「百田=みじめアタッカー」とは、さすがは数々のトンデモタレント本を“書評”してきた吉田である。

 この他にも、吉田は『殉愛』と『殉愛の真実』についてさまざまなユニークな読み方を披露してくれているが、一番興味深かったのは、メディアの『殉愛』タブーについて触れているくだりだ。実は、吉田自身がこのタブーにけっこう直面していたらしい。

「『アエラ』で書評を書いた時も大変でした。『絶対うまくやるから書かせてください』と闘いましたから(笑)。別の雑誌でも『殉愛』とAKB48の話題を出したいと言うと、メディアによって反応が違う。それを確かめるのも面白かったですね」

 百田が連載小説をしている『週刊文春』(文藝春秋)の阿川佐和子対談に出た際も、わざわざ百田の名前を出して、その反応を伺うという実験までしたという。さらに某テレビ局ではこんなやりとりもあったという。

「『百田ネタをやりたいが、いろいろ難しい』と言われたので、どうしたらできるかと聞いたら『百田さんがビジネス的に利用価値がないと思われたときですね』と。マスコミは怖いですよ」

 実体験としての作家タブーを暴露してくれる吉田。そのうえで、今回の『殉愛』騒動のベースにあるものとして、在阪テレビ局の体質を指摘する。上沼恵美子の番組にレギュラー出演した経験もあり、一度やしきたかじん本人に取材をしたこともある吉田はその時の経験から今回の騒動を読み説くのだ。

「二大巨頭(たかじんと上沼)に対する気の使い方は異常でした。上沼さんの番組が決まった時、スタッフから接し方についてまず注意を受けたし、『その人の話は上沼さんが本当に嫌っているからしないでください』とかのストップも入る」

 たかじんに取材したときも、酒を飲みながら取材に応じるたかじんの周りをスタッフ30〜40人くらいが取り囲み、たかじんが何か喋るたびに「ワッ」と笑うような異様な空間だったという。

「そういう過剰な気遣いの果てに『殉愛騒動』があるのかなと」

 そんな吉田だが、『殉愛』にはまだまだ興味を失っていないようで、さくら夫人と百田に取材申請までしているらしい。曰く「さくら夫人が『吉田のインタビューを受けろ』というたかじんのメモを出してきてくれたら」と語る吉田。

 たしかに、吉田のインタビューが実現したら、おそらく『殉愛』よりも100倍おもしろいものになるだろう。まあ、たぶん無理だろうけど(笑)。
(林グンマ)

最終更新:2017.12.19 10:30

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

百田尚樹『殉愛』の真実/角岡伸彦/西岡研介/家鋪渡

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

吉田豪が『殉愛』『殉愛の真実』読み比べ! マスコミの百田タブーに直面した体験も告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブーマスコミ吉田豪林グンマ殉愛百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自民党コロナ対策本部がヤバイ、青山繁晴らネトウヨがズラリ、陰謀論も
2 安倍首相が辻元清美に“前夜祭の決定的な嘘”を暴かれ窮地に!
3 槇原敬之は明らかに不当逮捕だ!薬物より怖い警視庁組対5課
4 安倍政権の酷すぎる新型コロナ対応!「金がかかる」と検査キットを導入せず
5 安倍政権のコロナ対応の遅さに非難殺到! 14 日まで感染症専門家会議設置せず
6 安倍政権はコロナも“自己責任 韓国は生活費支援も日本は休業補償認めず
7 『報ステ』政権忖度で首を切られたスタッフたちに支援の動き!
8 伊集院光がNHK『100分de名著』で「東京五輪、本当にいるのか」
9 安倍首相の強気の裏にニューオータニ幹部との関係
10 安倍「感染症対策のため獣医学部」は嘘! 加計は新型コロナ対応不能
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 国内感染広がるも百田尚樹ら極右はまだ「中国人を入れるな」
14 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
15 「全国高校生未来会議」仕掛人に新疑惑
16 「桜を見る会」前夜祭問題でニューオータニ総支配人が
17 新型コロナで高須院長やネトウヨが北朝鮮の「全員隔離」を絶賛
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
19 『報ステ』から政権批判が消える! 派遣切り、安倍シンパ出演
20 グッディ!土田マジギレ真の原因
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄