ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100 第25号 

とりあえず土下座、朝礼で吊るし上げ、社長基準でクビ…ワンマン社長の“俺”理論が支配する中小企業の恐怖!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

社員食堂に反省文が掲示!「懲罰として10万円」「責任とって退職」…

また、社長は、そもそも反省とは何かという基準が自分の中にあり、前任者から言われた通りやったというのは、たとえそれが事実であったとしても反省ではないから、私の基準では懲戒解雇の理由になると説明した。

 要は自分に落ち度がなくてもとにかく謝れということである。

 我々は、事前にAさんからK社の食堂にある掲示板の写真を見せられていた。そこには、不満そうな表情で両手を膝の前で組んでいる従業員の写真とともに手書きの反省文が張り出されていた。反省文には「懲罰として10万円の給与減額を申請します。」「責任をとって退職します。」などと記載されていた。K社の異様な雰囲気を感じる写真であった。

社長は、これらの反省文について、「従業員が反省の意を表すために自主的に掲示したものだ。こういうことはとても良いことで、人事評価の対象になる。」と証言した。

 なお、K社では職能給制度が採用されていたが、Aさんの職能給は理由も告げられず減額されていた。Aさんには「A-20-1」などの等級がつけられていたが、就業規則にある職能給一覧表にはそのような等級は見当たらなかった。

このことについて、裁判官から、Aさんの職能給は就業規則のどこにあるのか尋ねられると、社長は「ありません。私が考えて付けました。」と証言した。

 K社では、法律のみならず就業規則すら無視され、従業員の賃金も社長の独断で決定されていたのである。

 裁判官は判決で、Aさんに対する懲戒解雇が無効であるとしたうえ、杜撰な解雇が民法上の不法行為に該当するとして、K社に対して、Aさんが働けなくなったことによる逸失利益(賃金6か月分)及び慰謝料を支払うよう命じた。また、社長のパワハラ(「寄生虫」発言及び後頭部を叩いたこと)に対する慰謝料、並びに減額された賃金差額分の支払いも命じた。

 中小企業という閉ざされた社会の中で、K社では今まで誰も社長の“俺”理論に対して声を上げることができなかったのだろう。

 労働者が一人で会社や社長に対して声を上げることは難しく、そのために法律は労働組合に強い権限を与えている。

残念ながら、K社をはじめ、日本には労働組合がない、あるいは機能していない中小企業が多く存在しているが、職場における労働者の権利を守るため、あらゆる企業に労働組合が浸透し、対等な労使関係が育まれることを願うばかりである。

【関連条文】
不法行為=民法709条

(鈴木悠太/旬報法律事務所http://junpo.org

******************************

ブラック企業被害対策弁護団
http://black-taisaku-bengodan.jp

長時間労働、残業代不払い、パワハラなど違法行為で、労働者を苦しめるブラック企業。ブラック企業被害対策弁護団(通称ブラ弁)は、こうしたブラック企業による被害者を救済し、ブラック企業により働く者が遣い潰されることのない社会を目指し、ブラック企業の被害調査、対応策の研究、問題提起、被害者の法的権利実現に取り組んでいる。
この連載は、ブラック企業被害対策弁護団に所属する全国の弁護士が交代で執筆します。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

とりあえず土下座、朝礼で吊るし上げ、社長基準でクビ…ワンマン社長の“俺”理論が支配する中小企業の恐怖!  のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラックブラック企業ブラ弁は見た!の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
2 指原莉乃卒業でその処世術を考える
3 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
4 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
5 沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
6 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
7 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
8 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
9 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
10 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
11 りゅうちぇるが慰霊の日に戦争、米軍基地への思いを
12 ブリーフ判事“厳しすぎる懲戒処分”の原因は安倍政権批判か
13 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
14 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
17 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
18 ネトウヨに読ませたい三冊(2)
19 田端信太郎問題でZOZO前澤社長の迷走
20 官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
7『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
8 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
9 入管法改正をケント・ギルバートが批判
10三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
12 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
13浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
16 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
17維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
18秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
19“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛
20官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄