安倍首相宅放火未遂事件「18年目の真実」●山岡俊介(前編)

安倍事務所が暴力団に通じる人物に選挙妨害を依頼していた決定的証拠! 「安倍代議士に選挙妨害を報告」の記述も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abeyamaoka_01_20180705.jpg
決定的物証の念書

 嘘と開き直りでモリカケ問題に蓋をして、厚顔にも3選を狙っている安倍首相。しかし、そのダーティな本質はいくら隠しても隠しおおせるものではない。ここにきて、とんでもないスキャンダルが新たに浮上した。それは、リテラでも何度か記事にしてきた安倍首相の地元・下関の自宅が18年前、工藤会系暴力団組長らに放火された事件に関するものだ。

 実はこの放火事件には、安倍首相の事務所がこの暴力団組長らと通じ、一緒に逮捕された前科8犯のブローカーに対立候補の選挙妨害を依頼。ところが、安倍サイドが見返りの約束を破ったため怒ったブローカーが暴力団を使って、犯行に及んだという裏があった。

 これだけでも大問題のはずだが、根拠が証言にとどまっていたためか、この一件は、休刊した月刊「噂の真相」などごく一部のメディアしか報じていなかった。

 ところが、今回、その決定的な物証が出てきたのだ。

 決定的な物証とは、当時、安倍事務所とこのブローカーが交わしていた3通の文書。そこには、安倍事務所が選挙妨害工作を依頼していた事実はもちろん、安倍首相自身がこのブローカーと会い、選挙妨害工作の見返りについて密談していたことを示す記述もあった。

 つまり、選挙妨害という犯罪をめぐる裏交渉に安倍首相自身が直接、関与していたというわけだ。しかも、相手は暴力団と深いつながりのある人物である。

 この文書の存在をスクープしたのは、ジャーナリスト・山岡俊介氏。安倍事務所による選挙妨害事件は、前述したように、休刊した月刊誌「噂の真相」が最初に報じたのだが、そのとき、現地で取材を担当したのが山岡氏だった。山岡氏は「噂の真相」休刊後も、この問題を追い続け、最近になって、出所してきたこのブローカーに直接取材。自らが主宰するウェブメディア
「アクセスジャーナル」で報じたのだ。

 リテラでは今回、安倍首相の犯罪関与の決定的証拠であるこの文書を公開するとともに(右写真)、改めて山岡氏に疑惑の全貌をレポートしてもらった。
(編集部)

●安倍首相宅を放火した工藤会系暴力団と「安倍先生の支援者」を名乗る男

 筆者は、この問題を15年にわたり、取材してきた。そして、この6月、安倍事務所から選挙妨害の依頼を受け実行に及ぶも、裏切られて放火未遂事件を引き起こした主犯、小山佐市に2回にわたりインタビューすることに成功。安倍首相自身が選挙妨害という犯罪に直接関与している物証をつかんだ。

 その具体的な内容を紹介する前に、まず事件の背景を説明しておこう。問題の発端は2003年、当時、自民党幹事長だった安倍晋三の地元・下関で、6人の男が福岡県警・山口県警の合同捜査本部に逮捕されたことだった。容疑は、下関にある安倍の自宅に火炎瓶を投げ込み、車庫の車3台を全半焼させたという「放火未遂」容疑。逮捕されたのは、特定危険指定暴力団「工藤会」系暴力団組長と組員、そして、前述の元建設会社社長でブローカーの小山佐市だった。

 しかし、この逮捕劇は不可解なことだらけだった。事件が起きたのは3年も前。発生当初から地元では事件が噂になっており、安倍の北朝鮮に対する強行姿勢から北朝鮮関係者の犯行ではないかというデマも流れたが、なぜか当の安倍事務所や山口県警は一切沈黙。新聞やテレビもまったく報じていなかった。

 ところが、それから3年経って、いきなり容疑者として暴力団関係者が逮捕されたのだ。しかも、主犯と目される元建設会社社長・小山は前科8犯、地元では公共工事や土地買い占めに暗躍して手数料を稼ぐブローカーとして有名で、「わしは安倍先生の熱心な支援者」と公言している人物だった。

 筆者は、事件発覚後、すぐに「噂の真相」編集部の依頼で、下関に入ったのだが、ほどなくとんでもない裏があることがわかった。逮捕前に小山と接触していた地元関係者に取材することができたのだが、この地元関係者が、小山から直接、「あれ(安倍宅への放火事件のこと)はわしが工藤会にやらせた」「選挙妨害を頼んでおきながら、安倍事務所が約束を守らんかったからや」と聞かされていたことを証言したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍事務所が暴力団に通じる人物に選挙妨害を依頼していた決定的証拠! 「安倍代議士に選挙妨害を報告」の記述ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アクセスジャーナル噂の真相安倍晋三山岡俊介の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
3 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
4 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
5 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
6 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
7 吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
8 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
13 『報ステ』古舘が安倍に最後の反撃!
14 近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
15 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
16 吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
17 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
18 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
19 大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
20 フジ系『最高のオバハン』が結婚詐欺師の名を小室氏と一字違いの「小室敬」に
1東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
2吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
3 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
4大阪で相次ぐ救急搬送拒否も吉村知事はスタンドプレー 滋賀県へ要請でも
5安倍晋三「朝日の捏造体質は変わらない」発言に「お前が言うか」と非難殺到
6吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
7大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
8 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
9 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
10市長選で優勢 河村たかし市長との焼肉会食をリコール不正渦中の事務局長が
11東京五輪組織委が看護協会に「看護師500人動員」を要請する横暴!
12菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
13緊急事態宣言発出で菅首相がついた大嘘 バッハシフトを追及する質問は無視
14西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
15フジ系『最高のオバハン』が結婚詐欺師の名を小室氏と一字違いの「小室敬」に
16大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
17コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄