「妖怪ウォッチ」仕掛人“発想の秘訣”は昔の作品の焼き直し!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
youkaiwatch_01_140724.jpg
画像はニンテンドー3DS用ゲームソフト『妖怪ウォッチ2 本家』より

 現在、小学生の間で大ブームとなっているのが、ニンテンドー3DS用ゲームソフト『妖怪ウォッチ』。フィールド内に潜んでいる妖怪を探して友達にしながら物語を進めていくRPGで、たとえるなら“妖怪版ポケモン”といったところだ。

『妖怪ウォッチ』は、アニメ、マンガも大人気で、グッズの売れ行きも絶好調。特に、「妖怪メダル」と呼ばれるコレクションメダルの人気は高く、いまやプレミア価格で取り引きされている状態だという。7月10日には新作ゲーム『妖怪ウォッチ2 元祖』と『妖怪ウォッチ2 本家』の2タイトルが発売。その人気が今後もどんどん広がり続けるのは間違いないだろう。

 この『妖怪ウォッチ』の社会現象化で、俄然、注目が集まっているのが、ゲームの開発者であるレベルファイブの日野晃博氏だ。レベルファイブは福岡に拠点を置くゲームメーカーで、日野氏は同社の代表取締役社長・CEOだが、ゲームの企画、キャラクターづくり、ストーリー構成、メディア戦略までを自ら手がける超ワンマンクリエイター。これまでも『レイトン教授』シリーズ、『イナズマイレブン』シリーズ、『ダンボール戦機』シリーズなど、数々のヒットシリーズを産み出してきた。

 日野氏はいったいどんな発想でこれらのヒット作をつくっているのだろうか? 2012年、タレントのビビる大木が有名クリエイター6人にインタビューした『ビビる大木が聞き出した!“好き”を仕事にするための77の極意』(日経BP社)という本を出版しているのだが、この本に日野氏が登場。ヒット作を産み出す発想の秘密を語っているで、紹介してみよう。

『妖怪ウォッチ』もそうだが、『イナズマイレブン』『ダンボール戦機』など、レベルファイブと日野氏が手がける作品は子どもが熱狂するものが多い。子どもに愛されるコンテンツがどうやって考えつくのか? 日野氏は意外な本音を口にしている。

「もう子どもになれないから、子どもの気持ちになって考えることは厳密にはできないわけです。だから実際にやっていることは『子どもの頃に好きだったものを思い出す』という作業です。それを今の世の中に合った形でアレンジしていく感じです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ビビる大木が聞き出した! “好き"を仕事にするための77の極意

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「妖怪ウォッチ」仕掛人“発想の秘訣”は昔の作品の焼き直し!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。任天堂妖怪ウォッチの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも