神田沙也加“リア充なのにヲタアピール”に疑問の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kanndasakaya_01_140722.jpg
神田沙也加オフィシャルウェブサイトより


 空前の大ブームを巻き起こしている『アナと雪の女王』で、アナの吹き替えを担当し、大ブレイクしている神田沙也加。その歌唱力や声質、演技力も含めて「すごい!」と絶賛されている。

 その神田がここのところ、ガチヲタアピールでさらに好感度を上げている。バラエティに連日出演し、活動休止中にロリータファッション誌で「Lily」という名義で読者モデルをしていたこと、母・聖子の曲を作詞作曲した際のペンネームがマンガのキャラに由来すること、アニメ、ゲーム好きが高じて声優の専門学校に通っていたこと……などなど数々のヲタエピソードを披露している。

 なかでもヲタぶりがほとばしっていたのは、『バナナマンの決断までのカウントダウン』(フジテレビ)での、プライベート密着映像だ。アニメイトを訪れた神田が、脇目もふらずまっしぐらに向った先は『AMNESIA』という乙女ゲームのガチャガチャ。ガチャガチャをする前にしゃがみ込み、壁との隙間に頭をつっこみマシンの後ろを覗き込むなど、お目当てのキャラが出やすい位置にいるかを入念にチェックする姿は、まさにガチヲタとしかいいようのない。その執念が実り、見事お気に入りキャラ「ウキョウ」を一発で当てるといヲタ運の強さも見せた。神田が「ウキョウ様!」と連呼しその魅力を語る様に、「ウキョウ様が地上波デビュー!」とネットでオタク女子たちも大興奮。神田の好感度が一気に急上昇した。

 ただ、芸能人がヲタアピールを始めると「ニワカなのでは?」「営業では?」という疑念もつきまとう。その点、神田の場合、「地上波デビュー」とオタク女子たちが騒然とした『AMNESIA』をはじめ、好きな作品に『ダンガンロンパ』『ギルティクラウン』『ゆるゆり』『妖狐×僕SS』『僕は友達が少ない』『うたの☆プリンスさまっ♪』を挙げるなど、たしかにオタクの間では人気が高くミーハーと言ってもいいラインナップだが、一般人はその存在を知らないというレベルの作品が多い。また『AMNESIA』や『うたプリ』など、乙女ゲーも入っているあたり、「ジョジョが好き」などの男受けを狙ってのオタクアピールとも一線を画していると言えそうだ。

 しかし、それでも“営業ヲタ”ではと神田が疑われてしまうのは、やはり母である松田聖子のイメージが大きいだろう。アイドル時代から現在に至るまで自由奔放に恋愛を重ねてきた“恋愛スキャンダルの女王”のイメージと、“オタク”というのが結びつかないどころか、相反する印象があるからだ。

 この点について、母の奔放すぎる恋愛の反動で、沙也加がオタク趣味に走ったのではないか。そんな指摘するネットニュースもある。が、この指摘も当たらないだろう。恋愛遍歴が豊富なのは聖子だけではなく、沙也加自身もまた、十代の頃から、ミュージシャンや共演俳優たちと次々に浮き名を流してきた。いま現在も、自身の音楽ユニット「TRUSTRICK」のパートナーであるBillyと熱愛中との噂もある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

文化系女子という生き方~「ポスト恋愛時代宣言」! ~

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

神田沙也加“リア充なのにヲタアピール”に疑問の声のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラリア充神田沙也加の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
6 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
7 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
10 BBCが山口事件の被害者・詩織さんを特集
11 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
13 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
14 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
15 支持率急落も菅首相はGoTo続行、分科会の尾身会長の中止提案も無視
16 “無双”文春のタブーを林真理子が暴露
17 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
20 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
1安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
2安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4菅首相辞任も…元凶を作った安倍晋三が今度は岸田、河野、高市を操る存在に
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄