神田沙也加“リア充なのにヲタアピール”に疑問の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kanndasakaya_01_140722.jpg
神田沙也加オフィシャルウェブサイトより


 空前の大ブームを巻き起こしている『アナと雪の女王』で、アナの吹き替えを担当し、大ブレイクしている神田沙也加。その歌唱力や声質、演技力も含めて「すごい!」と絶賛されている。

 その神田がここのところ、ガチヲタアピールでさらに好感度を上げている。バラエティに連日出演し、活動休止中にロリータファッション誌で「Lily」という名義で読者モデルをしていたこと、母・聖子の曲を作詞作曲した際のペンネームがマンガのキャラに由来すること、アニメ、ゲーム好きが高じて声優の専門学校に通っていたこと……などなど数々のヲタエピソードを披露している。

 なかでもヲタぶりがほとばしっていたのは、『バナナマンの決断までのカウントダウン』(フジテレビ)での、プライベート密着映像だ。アニメイトを訪れた神田が、脇目もふらずまっしぐらに向った先は『AMNESIA』という乙女ゲームのガチャガチャ。ガチャガチャをする前にしゃがみ込み、壁との隙間に頭をつっこみマシンの後ろを覗き込むなど、お目当てのキャラが出やすい位置にいるかを入念にチェックする姿は、まさにガチヲタとしかいいようのない。その執念が実り、見事お気に入りキャラ「ウキョウ」を一発で当てるといヲタ運の強さも見せた。神田が「ウキョウ様!」と連呼しその魅力を語る様に、「ウキョウ様が地上波デビュー!」とネットでオタク女子たちも大興奮。神田の好感度が一気に急上昇した。

 ただ、芸能人がヲタアピールを始めると「ニワカなのでは?」「営業では?」という疑念もつきまとう。その点、神田の場合、「地上波デビュー」とオタク女子たちが騒然とした『AMNESIA』をはじめ、好きな作品に『ダンガンロンパ』『ギルティクラウン』『ゆるゆり』『妖狐×僕SS』『僕は友達が少ない』『うたの☆プリンスさまっ♪』を挙げるなど、たしかにオタクの間では人気が高くミーハーと言ってもいいラインナップだが、一般人はその存在を知らないというレベルの作品が多い。また『AMNESIA』や『うたプリ』など、乙女ゲーも入っているあたり、「ジョジョが好き」などの男受けを狙ってのオタクアピールとも一線を画していると言えそうだ。

 しかし、それでも“営業ヲタ”ではと神田が疑われてしまうのは、やはり母である松田聖子のイメージが大きいだろう。アイドル時代から現在に至るまで自由奔放に恋愛を重ねてきた“恋愛スキャンダルの女王”のイメージと、“オタク”というのが結びつかないどころか、相反する印象があるからだ。

 この点について、母の奔放すぎる恋愛の反動で、沙也加がオタク趣味に走ったのではないか。そんな指摘するネットニュースもある。が、この指摘も当たらないだろう。恋愛遍歴が豊富なのは聖子だけではなく、沙也加自身もまた、十代の頃から、ミュージシャンや共演俳優たちと次々に浮き名を流してきた。いま現在も、自身の音楽ユニット「TRUSTRICK」のパートナーであるBillyと熱愛中との噂もある。

 では、やはり、リア充である沙也加のヲタアピールは“営業”なのだろうか。 
 
『文化系女子という生き方 〜「ポスト恋愛時代宣言」! 〜』(湯山玲子/大和書房)では、“オタクとリアルは両立できる”と主張している。たしかに、オタクというと恋愛の外側にいる人というイメージが一般的だ。年頃になっても女盛りでもおしゃれせず、家で本を読んだり、DVDばかり観ていたり、アイドルを追いかけ、演劇を年間何十本も観ているオタク女子がモテるはずがないと思われている。実際、AKB48の渡辺麻友をはじめ清純をウリにするアイドルの場合、「二次元好き=処女」とファンを安心させ、ヲタアピールが処女アピールとして機能していることも少なくない。

 しかし、同書によると、草食系男子の登場で彼女たちの立場も変わってきているのだという。他者とのコミュニケーションが大の苦手で、傷つけ合うことがない仲間を求めている草食文化系男子にとって、女らしさ全開に可愛くしている人には、「沈黙の艦隊ぐらいの恐ろしさ」があるのだ。その点、「私も~が好きで、その世界の住人だよ」と共通の知識を交換したり、会話できるオタク女子は、それだけで他の女子とは違う特別な存在になれる。

 たとえば、アイドルオタクの夫とフィギュアの追っかけをしている妻、部屋にこもってパソコンにふける夫と乙女ゲーにハマる妻のように、興味のあるものが違っても、お互いに「オタクとしての勘所」はわかるので、ストレスのない共存共栄ができるかもしれない。

 さらに湯山は、オタク女子のなかでも、腐女子とリア充を両立させる生き方を推奨している。ファンタジーに生きる腐女子はオタクのなかでもとくに恋愛に縁遠そうなイメージだが、湯山に言わせれば“腐女子がBLというファンタジー世界の男を受け入れているから”こそ、リアルと両立が可能なのだという。男性にとって、エロ本やAV、ネットの無料動画など、自分の性的妄想の女と現実の女性が両立するのは当たり前のことだった。しかし、多くの女性はそこを混同してしまいがち。それが、ファンタジー世界の男を受け入れている腐女子なら、あとは現実の男性に目を向けるだけでいいのだ。妄想ファンタジーでは「物語と設定に我を忘れる快感」、現実のほうは「自分の予測と違った、それ以上のリアルな現実に出会い、現実が書き換わっていく喜び」を得ることができる。リアルの男性に妄想を重ねて幻滅するのではなく、まったくの別物としてそれぞれを楽しんでみること。この“別腹感”を両方味わえる素質が、腐女子には備わっているのだ。この“別腹感”を味わう素質は、乙女ゲーやアニメにハマる神田にも多いに当てはまっていることだろう。

 だから、神田沙也加に言いたい。ヲタアピールはもう古い!と。そんなのは凡百のアイドルに任せておいて、ヲタとリアル恋愛の両立をこそアピールしてほしい。オタク趣味がモテないことの代替機能のように捉えられ、逆にヲタが恋愛すると裏切り者と言われたり、そんな古典的なオタク像をぶち破り、いっそ“ビッチでオタク”という全く新しいオタク像を打ち出していってはどうか。
 
 最初は「オタクのくせにビッチ」などと罵られるかもしれないが、母・松田聖子が日本で初めてママとアイドルを両立させ結婚も仕事も浮気も貪欲に手に入れてゆく様にしだいに女性たちが共感していったように、リアルとオタクの間で揺れるオタクたちの支持がより得られるのではないだろうか。
(田口いなす)

最終更新:2018.10.18 04:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

文化系女子という生き方~「ポスト恋愛時代宣言」! ~

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

神田沙也加“リア充なのにヲタアピール”に疑問の声のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラリア充神田沙也加の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
2 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
3 『いだてん』が関東大震災「朝鮮人虐殺」を示唆!
4 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
5 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
6 秋篠宮家の料理番がブラック告発
7 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
8 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
9 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
10 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
11 香港市民はデモの力示したが、日本は…
12 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
13 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
14 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
15 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
18 自民党の圧力に「朝生」が屈服!
19 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄