年末特別企画 リテラの2017年振り返り

SMAP独立、松本潤と葵つかさ、二宮和也暴言、手越金塊騒動…ジャニーズ“終わりの始まり”の1年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【その9】 SMAPジャニーズがテレビ局に圧力! 中居が語った稲垣の思い出話もカット

 香取ら3人の独立後も、レギュラー番組続行を許すなど、一見すると鷹揚な姿勢を見せているジャニーズだが、裏では真逆の姿勢を見せている。3人にはSMAP時代の楽曲使用を禁じ、一方、テレビ各局に対しては、SMAP問題に触れることを完全にタブーにしてしまった。
 たとえば、9月9日に放送予定の毎年恒例『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ)の名物コーナー「さんま・中居の今夜も 眠れない」が、今年は放送されなかったのも、その典型だろう。
 さんまは、コーナーの消滅がジャニーズの意向だったことを明かしており、ふたりがSMAP問題にふれるのをやめさせるためにコーナーごと潰したのがミエミエだった。
 また、9月5日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ)でも、テレビ番組情報誌「週刊ザ・テレビジョン」(KADOKAWA)のレポートでは中居が稲垣の過去の失敗談について語ったことが記されていたが、放送ではこのくだりがカットされていた。これも、ジャニーズから圧力だった可能性は非常に高い。
 解散騒動によってジャニーズの圧力体質が広く知れ渡ったいま、露骨なこともできない。だからこそ、ジャニーズはこうして少しずつ、SMAPの痕跡を消していくつもりなのだろう。


【その10】
紅白の嵐独占は二宮和也で終わりじゃない! 来年は櫻井、再来年は5人

 本日、『第68回NHK紅白歌合戦』の白組司会には昨年の相葉雅紀からリレーするかのごとくの嵐・二宮和也。しかし、嵐の紅白司会は、これで終わりではなさそうだ。本サイトは昨年11月19日の記事で、相葉が司会に決まった時点で、今年、二宮が起用されることを予測していたのだが、その際、4年間にわたって嵐メンバーに紅白司会をやり続けさせる計画があることを指摘している。
「私がジャニーズ関係者から聞いたのは、大野智と松本潤ははずして、相葉、二宮、櫻井翔を順番に司会にして、オリンピックイヤーの前の年にもう一度、5人一緒に司会をやらせる、というものでした」(スポーツ紙記者)
 その背後にあるのはジャニーズの東京オリンピック・パラリンピック戦略だ。ジャニーズは嵐を“オリンピックの顔”にすることを狙っており、そのために、こうして毎年、メンバーにひとりずつ順番にNHKで紅白の司会をやらせ、オリンピックイヤーに5人そろったかたちで大掛かりなオリンピックがらみのプロジェクトを立ち上げるということを考えているという。
 これが本当なら、5年間にわたって一つのアイドルグループが公共放送の国民的番組を独占的に牛耳るということになる。電波の私物化というほかはない。


 以上のように、あいかわらず、テレビをはじめとするマスコミを支配し続けるジャニーズだが、その一方で、ジャニーズの力が及ばない場所ができつつあることを証明した1年でもあった。
 それは、ジャニーズを追われた飯島三智マネージャーと再びタッグを組んだ香取、稲垣、草なぎの3人による「新しい地図」の成功だ。断っておくが、彼らのいまの成功は、ジャニーズがこれまでの独立タレントに対してとちがって、3人に特別寛容な姿勢をとっているおかげではない。
 テレビに出られない、SMAPの歌が歌えない、共演者が限定される……ジャニーズの圧力、テレビ局やプロダクションの自主規制などで、かなり不利な状況に置かれている。
 しかし、彼らはネットというジャニーズの力の及ばない場所でSNSや『72時間ホンネテレビ』をはじめさまざまな新しいチャレンジを行い、新しい魅力をアピールすることに成功した。
 そのことによって、逆にジャニーズのタレントたちの“古さ”や強者にこびる“かっこ悪さ”が強調され、キムタクを筆頭に、イメージ悪化と人気低迷にさらに拍車をかけるかたちとなったのだ。
 看板の嵐や関ジャニ∞の中年化が進む一方、若手は全く育たず、事務所周辺からはジュリー副社長ら創業者ファミリーの不協和音やタレントたちの抱える不安や不満も聞こえてきている。
 もしかしたら、来年のジャニーズ事件簿は、これまでとまったく違う様相になっているかもしれない。

最終更新:2017.12.31 11:51

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

SMAP独立、松本潤と葵つかさ、二宮和也暴言、手越金塊騒動…ジャニーズ“終わりの始まり”の1年のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ手越祐也振り返り編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
2 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
3 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
4 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
5 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
6 中居がすべらない話でJのタブーに!
7 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
8 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
9 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
10 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
11 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
14 橋下徹がコロナ対策過剰論を主張するため「熱中症ではそんな対策してない」
15 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
20 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
1菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
3菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
4大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
5菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
6吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
7コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
8検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
11 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
12『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
13小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
14小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
15「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄