年末特別企画 リテラの2017年振り返り

SMAP独立、松本潤と葵つかさ、二宮和也暴言、手越金塊騒動…ジャニーズ“終わりの始まり”の1年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
SMAP独立、松本潤と葵つかさ、二宮和也暴言、手越金塊騒動…ジャニーズ終わりの始まりの1年の画像1
ジャニーズの暗部を抉り出したのは元SMAP独立騒動…


 年末年始、相変わらずテレビを席巻しているジャニーズタレントたち。大晦日の“国民番組“紅白では嵐の二宮和也が司会をつとめ、その後はカウントダウンコンサート。元旦には『さんタク【明石家さんま×木村拓哉】』(フジテレビ)、『元日はTOKIO×嵐 ウルトラマンDASH』(日本テレビ)などの大型特番も組まれている。

 しかし、こうした表向きの活躍の一方で、今年はジャニーズ支配の根幹が大きく揺らいだ年でもあった。元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が独立、さらには、これまでなら考えられない事件、熱愛、報道も相次いだ。
 ジャニーズ事務所は今年も自分たちにとって都合の悪い報道はすべて圧力で封じ込め、テレビ局やスポーツ紙もあいかわらず御用ぶりをさらけだしたが、一方で、こうした情報はネットでじわじわと広がり、もはや隠しおおせることは不可能になってきた。
 まさに“ジャニーズ終わりの始まり”になるそうな2017年年末。ジャニーズカウントダウンにあわせて、マスコミが報じ込めたスキャンダル&事件簿を振り返ってみよう。

【その1】
SMAPの4人に女性スキャンダル次々、ジャニーズ事務所の仕掛け説も

 2016年12月31日に解散したSMAPだが、2017年前半は、キムタクを除くメンバーたちの熱愛や結婚、そしてスキャンダル報道が相次いだ。1月には草なぎ剛が交際女性について“周囲に結婚の報告をした”と報じられ、3月には中居正広とダンサーの武田舞香の同棲報道が報道された。しかも、スクープしたのはジャニーズ御用雑誌「女性セブン」(小学館)。えげつない、いやがらせ報道だったが、しかし4月、さらなる衝撃的報道がなされる。「週刊文春」(文藝春秋)が香取慎吾の“隠し子疑惑”を報じたのだ。香取は以前から子どもがいるという“都市伝説”が存在はしていたが、「週刊文春」も、SMAP解散騒動でジャニーズ事務所と太い情報ルートを確立しており、これもジャニーズサイドからの情報だった可能性が濃厚だ。
 この隠し子報道に対し香取本人は完全否定で真相は藪の中だが、一方の中居に関しては事務所に残留した10月になって同棲をスクープした「セブン」で破局が報道された。
しかし、こうした嫌がらせにもかかわらず、4人の人気はまったく衰えることなく、香取、草なぎ、稲垣の3人は飯島マネージャーとともに敢然と独立。むしろ圧力をかいくぐって、新しい魅力をアピールすることに成功している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

SMAP独立、松本潤と葵つかさ、二宮和也暴言、手越金塊騒動…ジャニーズ“終わりの始まり”の1年のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ手越祐也振り返り編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
3 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
4 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
5 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
6 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
7 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
8 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
9 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
10 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
11 専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
12 現役グラドルが芸能界の裏を暴露
13 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
14 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
15 RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの
16 炎上、欅坂46の歌詞の最大の問題点
17 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
18 芸能人と熱愛したグラドルは引退?
19 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
20 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
1GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
2また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
3 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
4自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
6GoTo大混乱でも安倍首相は会見せずに極右雑誌「Hanada」で嘘八百!
7 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
8韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
9コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
10天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
11「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
12大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
13専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
14内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
15小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
17日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
18ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
19坂上忍が“フジのスシロー”平井文夫のGoTo擁護に「政府の一員のよう」
20槇原敬之の初公判でマスコミが報じなかった覚せい剤使用の否定

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄