年末特別企画 リテラの2017年振り返り

SMAP独立、松本潤と葵つかさ、二宮和也暴言、手越金塊騒動…ジャニーズ“終わりの始まり”の1年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【その6】 関ジャニ∞村上信五と小島瑠璃子の熱愛を和田アキ子がテレビで明言

「フライデー」(講談社11月10日号)で関ジャニ∞の村上信五とこじるりこと小島瑠璃子の熱愛が発覚した。ジャニーズと女性タレントの熱愛発覚だから、当然、いつものように、ワイドショーもスルーしたのだが、しかし『アッコにおまかせ!』(TBS)がこれを報道。それだけでも異例のだが、司会である和田アキ子が、2人の関係についてこんなコメントをしたのだ。
「二十歳すぎてるしね。別に、いいと思う。同じ事務所だから弁護するわけじゃなくてね」
「私は本人から電話がありました。よく飲んだりするから」
「私はぜんぜん、幸せだったらいいってことだから」
 和田アキ子は小島の所属するホリプロの重鎮、そんなところから、小島が和田に相談して、和田が援護射撃したのではないかとの見方も広がった。これまでジャニーズのタレントとの恋愛が発覚した女性芸能人たちはほぼ例外なく、ジャニーズの圧力で沈黙を強いられ、そのまま別れさせられる憂き目にあってきた。それを和田が救おうとしたのではないか、というのだ。
 もっとも、その後、こじるりも村上も交際を全否定。和田も何も言わなくなった、いったいなにがあったのだろうか。

【その7】
岡田准一と宮崎あおいが結婚を発表も「不倫が始まり」はタブーに

 3月には安倍首相と会食したことが話題になった岡田准一だが、クリスマス直前、宮崎あおいとの結婚が明らかになった。
 結婚はファンクラブ会員向けに送付されたメッセージカードで報告されたというが、実は当初24日の配達指定で報告するはずだったものが、何らかの手違いで2日前の22日に誤配送され発覚したのだ。
 だが、そんなことより、スポーツ紙、ワイドショーが今回も一切報じなかったのが2人の交際が不倫から始まったということだ。この事実は、2011年12月、「週刊文春」のスクープによって明らかになっている。当時、宮崎は俳優の高岡蒼佑(13年に高岡奏輔に改名)と結婚していたのだが、高岡のフジテレビを攻撃するツイートが原因で、夫婦仲が悪化。宮崎から離婚したいという申し出があり、協議中と報道されていた。そんななか、「文春」に高岡の知人が登場し、宮崎が岡田准一と“不倫”関係にあることを具体的、詳細に証言したのだ。
 しかしマスコミはこれを一切報道せず、その後も“不倫の過去”を打ち消すようなアリバイ工作に加担してきた。
 それは、今回の結婚報道でも同様で、スポーツ紙やワイドショーは交際開始時期を“2015年春”として、わざわざ不倫ではないことを強調する嘘のストーリーをふりまいている。

【その8】
櫻井翔と『報ステ』小川彩佳アナとの交際発覚! 櫻井は公表したがっていた

 今年、ジャニーズの熱愛で驚いたのは嵐・櫻井翔が『報道ステーション』(テレビ朝日)のサブキャスターを務めるテレビ朝日の小川彩佳アナとの交際報道だった。スクープしたのは「週刊ポスト」(小学館)。
 ライバル番組のキャスター同士という意外な組み合わせだが、その親密ぶりは想像以上のものらしく、「ポスト」張り込み班の目の前で、ふたりは文字通り寸暇を惜しんで逢瀬を重ねていたという。
 嵐のなかでも最大のタブーとされてきた櫻井翔のここまで決定的な熱愛が報じられたのは初めてのことだ。
 さらに異例だったのは、櫻井の行動だ。櫻井といえば、警戒心が強いことで有名で、嵐の他のメンバーが週刊誌でさまざまな女性スキャンダルを書き立てられてきたのとは対照的に、芸能人との密会を撮られたことも、遊び相手の女性に暴露されたことも一度もない。
 さらに驚いたのは、ジャニーズ事務所、テレビ朝日双方が「ポスト」の取材に「親しい友人のひとりと聞いています」と答えたことだ。こうしたケースでジャニーズは完全否定か取材拒否が通例であることを考えると、このコメントは交際を認めたのも同然といっていい。
 櫻井はむしろ、2人の関係を公表したがっていたのではないか、との見方も流れている。
 櫻井に関しては、パパである桜井俊・元総務省事務次官が巨大広告代理店電通に執行役員として天下っており、むしろ、アイドル活動から距離を置いて政治的な志向を強めていくシグナルではないか、との見方もある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

SMAP独立、松本潤と葵つかさ、二宮和也暴言、手越金塊騒動…ジャニーズ“終わりの始まり”の1年のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ手越祐也振り返り編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
2 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
3 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
4 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
5 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
6 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
7 菅原文太の安倍批判が一周忌に公開
8 維新の市長候補はたかじん遺言執行人
9 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
10 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
11 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
13 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
14 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
15 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
16 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
17 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
18 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
4吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
7『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
9北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
10菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
13大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
14池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
17東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄