日馬富士暴行事件でマスコミが展開する貴乃花バッシングは矛盾だらけ! 背後に相撲協会のリーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

白鵬の証言、医師の診断書“撤回”の背後にも相撲協会の影

 次々と出てきている新証言も相撲協会が手を回しているにおいがぷんぷんする。そのひとつが、16日になって唐突に飛び出した白鵬の証言だ。「手を出したのは事実」としながらも、「ビール瓶で殴っておりません。ビール瓶を持ったのは持ったけど滑り落ちました。その後に私が間に入って(日馬富士を)部屋から出しました。その場で貴ノ岩関が日馬富士に謝ったし、次の日の巡業(10月26日の鳥取巡業)でお互いに謝っていた」「馬乗りになったのは事実ではない」と語ったのである。

 また白鵬は、4~5年前に貴ノ岩が問題を起こした際、貴乃花親方から「弟子をかわいがってくれ」と頼まれたことがあったと明かし、「気合を入れるためにたたくこともある。普通の光景」と稽古のかわいがりと今回の暴行を同一視するような発言もした。

「ビール瓶を持ったけど滑り落ちた」など、いくらなんでも無理がありすぎるだろう。貴乃花親方から「弟子をかわいがってくれ」と頼まれたことがあるという話も、今回の事件とはまったく関係ない、ただの印象操作としか言いようがない。

 昨日、警察による事情聴取を受けた日馬富士も暴行の事実を認める一方、「ビール瓶では殴っていない」と答えたが、白鵬がその直前になって、こんな重要な証言を口にしたというのは、その間に協会や日馬富士、同席した関係者らと口裏を合わせた結果なのではないか。

 17日には、マスコミが「診断書が2種類あった」「相撲協会に提出した診断書には「骨折」とあったが、その前に警察に提出した診断書には「骨折」はなかった」と報じたが、診断書が2種類あったというのをことさら非難するのもおかしい。

 警察に出された診断書は事件直後の10月26日のもので、相撲協会に出された診断書は11月9日のもの。おそらく診察した医師も別の人間と思われる。頭蓋低骨折はCTなどを使わなければ診断できず、どこの病院でも診断のつくものではない。その場では切り傷など目に見える外傷だけ手当して、その後回復しないことから精密検査をして症状が見つかるということは十分あり得ること。

 さらにきのう17日夕方になって、頭蓋低骨折の診断書を出した医師が相撲協会を通じて「骨折と髄液漏は“疑い”にすぎない。全治2週間というのは、負傷してから2週間という意味。相撲も含めて仕事に支障はないと判断した。重傷のように報じられて驚いている」などとする見解を表明した。

 しかし、診断書には「上記傷病にて平成29年10月26日に受傷し、11月5日より11月9日まで当科入院加療を実施しました。全治2週間程度と考えられます。その間に状態が安定すれば、仕事に復帰が可能と思われます。」とある。もう全治しているという認識なのに「その間に状態が安定すれば」という仮定の表現をするだろうか。

 また「骨折や髄液漏」が仮に疑いに過ぎなかったとしても、少なくとも「脳しんとう」については確定診断をしている。脳しんとうは、時間差で症状が出ることがあったり、数日〜30日後くらいのうちに2回目の頭部外傷を受けるとそれぞれ単独の外傷は軽度であっても致命的な損傷を引き起こすセカンドインパクト症候群の怖れもある。とくに格闘技やコンタクトスポーツでは練習再開にも慎重になるのが一般的だ。それを「相撲を取ることも問題ない」などと医師が軽々に判断するだろうか。

 いったいなぜ、この医師は自分の診断の信用性をなくするような発言をおこなったのか。実は、この医師の周辺には、相撲協会関係者とつながっている人脈があり、そこから圧力をかけられたのではないかといわれている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

日馬富士暴行事件でマスコミが展開する貴乃花バッシングは矛盾だらけ! 背後に相撲協会のリークのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スポーツニッポン日馬富士時田章広相撲貴乃花の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 “安倍チル魔の3回生”田畑毅議員を被害女性が刑事告訴!
2 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
3 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言
4 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
5 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
6 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
7 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
8 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
9 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
10 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
11 安倍首相にマッチョ批判
12 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
13 どの口で?田母神らが「左翼は金で動員」
14 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
15 嵐・大野智に決意させた同棲謝罪会見強要
16 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
17 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
18 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
19 片山さつきが坂上忍に批判された
20 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
6勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
8小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
10青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
16フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
17小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
18安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄